ずっと「親友」でいられると信じてた――。

その時までは、君のともだち

sonotoki made wa kimi no tomodachi

その時までは、君のともだち
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神17
  • 萌×213
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
165
評価数
41
平均
4.1 / 5
神率
41.5%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784040684741

あらすじ

「どうしたら翔太のこと、好きじゃなくなれるんだろう」

ルームシェアをしている大学生の翔太と
新米美容師の龍之介は、中学時代からの親友同士。

難聴の翔太をさり気なくサポートする龍と、
家事が得意な翔太の同居生活はいたって順調だった。

そんなある日、翔太が女子から告白を!
素直に喜ぶ翔太の一方で、
龍は湧き上がる思いを押し殺すのに必死で――。

中学時代からの親友×同居する難聴の大学生の
痛いほどにせつない、ルームシェアストーリー!

表題作その時までは、君のともだち

中川龍之介,新米美容師,中学時代からの親友,21歳
山崎翔太,難聴の大学3年生,攻とルームシェア中

その他の収録作品

  • 描きおろし
  • カバー下:初期キャラクターデザインラフ・著者コメント

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

スキの意味

親友としてずっと付き合って、今ではルームシェアして一緒に暮らす二人。
でも、ともだちと思っているのは片方だけで、もう一方は恋愛感情を隠してともだちとしてでいいから、そばにいたいと思っていた。

BLの、いわば王道ストーリー。
「ともだち」に、どうやって恋愛感情を認めさせるかっていう、この設定は、私の最も好むところの一つではあるのだが、思ったほど萌えられなかったな。
難聴だったりクォーターだったり、福祉に興味のある彼女だったり話の分かる美容室の先輩だったりと、ストーリー展開上必要な仕掛けとして描かれているのはわかるけど、なんだかトッピング過剰に感じてしまう。
多分、隙のなさすぎるお上手な絵もこのトッピング過剰感を後押ししているような、、、。
よくできている作品だと思うんだけどね。

1

途中までは良かった

切なくて泣けるBLが読みたいと思い購入。
帯の言葉に惹かれたというのもあります。
読んでみたところそのとおり、親友である翔太のことを好きになってしまった龍の葛藤が描かれていて切なくなりました。
無理矢理ヤってしまい、翔太に追い出されて……いつまでも親友でいられるも思っていた翔太と親友でいたかったけどそれ以上の感情を抱いてしまい歯止めが効かなかった龍。龍の気持ちを考えると涙が出てきました。
そこまでは良かったです。問題は翔太が龍を好きになるきっかけがどうなるかで決まるなぁと思いながら読んでいたのですが……翔太がなぜ龍の好意を受け入れたのかがわからない。
初めてヤったとき、ぶん殴るほど嫌だった。
それなのに龍が事故ったら突然…そのへんがよくわかりませんでした。
殴るほど親友という関係を続けたかったと思っていたのにあまりにも展開が早すぎるというか…。
そのへんがわかりづらく感情移入できませんでした。
全体的には素敵な話だったのですが、後半がなっとくいきませんでした。

3

大切な友達から…

イケメン美容師・龍と、難聴の大学生・翔太はルームシェア中。
中学生の時、翔太は難聴のことで悪口を言われ、龍は妬まれて嫌がらせをされ、お互いがそれを助けてから、二人はずっと大切な友達。
翔太は難聴をハンデだと思われるのが嫌で明るくしているけれど、こっそり悩んでいることに気付いた龍は、翔太の力になりたいと、友情から恋心に思いを変えていく。

そして女の子から告白されて焦ってる翔太に、龍は「俺で付き合う練習してみる?」と提案する。一度でも恋人らしく振る舞えたら翔太を忘れられるかもと思ったのに…
龍の気持ちに気付いて「一番の友達だろ」と言う翔太を龍は押し倒し、無理矢理抱いてしまう。
レイプなんだけど「いっそ嫌われたい」ってレイプしてるほうの龍の泣き顔が切なくて、翔太のことが好きすぎて止められない龍の衝動に胸がしめつけられました…

そこから翔太が体調を崩したり、龍が事故にあったりで、翔太も何がいちばん大事なのか気付いていきますが…
この展開があったから気持ちがこうなったって、ストーリー全体の流れには納得できるのだけど、もし翔太が難聴じゃなかったら、龍にこんなに依存することもなくて、選択は違っていたかもしれないと、ふと考えてしまいました。
イケメンで選び放題の龍が翔太を選んだように、翔太もたくさんの選択肢の中から龍を選んで欲しかった。

2

表情から伝わる

 デビュー作の『少年と薬売り』で、絵を描き始めて数年とは思えない画力に驚いたのですが、更にお上手になっていて、とても表情豊かになったと思います。

 クオーターでイケメンの新米美容師の龍之介と事故で難聴になってしまった過去がある翔太。親友同士の関係は翔太が初めて女性に告白されたことで、形を変えて行きます…。
 見たことある様な設定だし、展開もよくある展開なんですが、龍之介の翔太への想いが、表情からも行動からも読みとれて、感情移入してしまいました。翔太のことをいつも「愛おしい」って顔で見ているんです。しかもすごくカッコよくて、絵柄もますます好みになりました。
 龍之介の長い片思いを裏打ちする、中学時代のエピソードが更に素敵で、今よりかなり幼い風貌の龍之介と屈託なく話しかけてくる翔太との、出会った日のエピソードが、大切な宝物のように描かれていて、龍之介にとって何から何まで忘れることが出来ない出来事だったのだとわかります。このエピソードで萌2付けたいと思いました。
 龍之介の想いが明白なぶん、翔太は性的なものを感じないタイプに描かれていたので、龍之介への友情が恋に変わる瞬間が曖昧な感じで、こんなんでSEX出来るもんかなぁと思ってしまったので、翔太のセクシャルな面がもう少し描いてあれば、スッと入ってきたかなと思います。
 気持ちを気付かれた龍之介が無理やり翔太を抱いてしまう場面は、私の中で賛否両論が渦巻いています。好きな相手にそれは駄目だろーって思うんですよ、やってはいけないことだろうと…。だけど涙を流す龍之介が描かれたひとコマに、許してやりたくなっちゃうんです。多分翔太もあの顔を見て、それほど怒らなかったのだと思う、あのひとコマ、すごく良かった。

 前作と同じく、もうちょっとあと一歩と思えるところも沢山あるのですが、それを補う画力に次の作品も読んでみたいと強く思います。エロとストーリーのバランスが良ければそれに越したことはないですが、まずはエロは少なくてもいいので、ストーリー重視で描いてほしいです。期待しています!

6

優しいお話でした

前作『少年と薬売り』ではデビュー作とは思えない画力でびっくりしましたが、今回もちるちるさんの作家インタビューでお見掛けして、面白そうだなと思って手に取ってみました。

内容をざっくりと。すみません、ネタバレしてます。





美容師の龍之介と、難聴というハンデを持つ大学生の翔太は中学生の時からの親友。今はルームシェアをして、一緒に住んでいます。
難聴を持ちながらも、それに負けることなく前向きに努力し、誰にでも優しい思いやりを持つ翔太に恋心を抱いている龍之介ですが、自分の恋は叶うことはないとずっと心に秘めています。

お互いサポートし合いながらの快適なルームシェアをしていた彼らですが、翔太が女の子に告白をされたことから二人の距離感に隙間が空きはじめ…。

というお話。

なんというか、よくある話というか、既視感のあるお話でした。先の先までスーッと見通せてしまう。

龍之介と翔太の二人の視点が交互で描かれていますが、どちらかというと龍之介の視点がメインでした。

中学生の時のエピソードが所々に盛り込まれているため、龍之介が翔太に恋心を抱くようになる過程は理解できるんです。けれど、ノンケさんの翔太が、友達だと思っていた龍之介に、友情ではなく恋愛感情を持つに至った気持ちの変化が分かりづらい。友情ではなく、その気持ちがなぜ『恋』なのか、が、この話のキモだと思うのだけれど。

翔太の難聴というハンデ。
龍之介のクォーターというバックボーン。
おいしい設定はあるものの、それを生かしきれず終わってしまった、という感じ。

悪い人も出てこないし、お互いがお互いを思いやる二人のお話なので優しくほっこりしたお話ではあるんです。特に龍之介の職場の先輩の晶。二人をさりげなくサポートするナイスガイで、彼主役のスピンオフを書いてほしいなと思ったら、あとがきで彼のスピンオフを描かれるとのこと。そちらも楽しみに待っていたいと思います。

お互いがお互いを思いやる二人のお話なので優しくほっこりしたお話ではあるんです。が、それだけ、というか。もうひとひねり欲しかったな、というのが正直な感想。

ですが、きれいな絵柄とよく合った優しいお話でした。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ