薔薇王院可憐のサロン事件簿 愛がとまらないの巻

baraouin karen no salon jikenbo

薔薇王院可憐のサロン事件簿 愛がとまらないの巻
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784062869379

あらすじ

「僕、宇堂さんが好き。大好きなんです」日本では無敵の富豪・薔薇王院家の末っ子として生まれた可憐は、両親と四人の兄から溺愛され、天使の容貌に穢れを知らない心の持ち主だった。 最近、可憐にはある思いが募りつつあった。それは、
年上の恋人・宇堂将敬と家族になりたい。いつか結婚したい!というものだ。宇堂との結婚を目指す可憐だが家族は反対、宇堂もいい顔をしなくて!?

表題作薔薇王院可憐のサロン事件簿 愛がとまらないの巻

宇堂将敬, 金融会社社長, 31歳 
薔薇王院可憐, 大富豪の末子で新米探偵, 21歳

その他の収録作品

  • 新婚生活の悩み
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

大団円!

シリーズ四作目にして、最終巻。

上手くまとめれば、一巻とこの巻でよかったんじゃない?という感想。
ようやく話が進んで、ちゃんと読めた気がします。

可憐と宇堂さんが結ばれるために、色々問題が起こり、宇堂も可憐も葛藤して、一皮向けて大団円……なのですが、どうも収め方が他力本願というか、ご都合主義というか……
まぁ、この話自体が最初から現実離れした、ふわふわしたお話なので、これでいいのかなと。

結局最後まで『薔薇王院可憐ときめきサロン・ドゥ・アンジェ』に馴染めず!!!
このネーミングが全てを表すといっても過言ではなく。

腐女子的には、宇堂さんしか縋る人いなかったので、彼が出てくるとほっとしました。
それと、可憐ちゃんの宇堂さんに対する好き好き加減が、微笑ましいv

とにかく、高岡さんの挑戦作というコトで、最後までお付き合いさせて頂きました!

正直、このふわふわ感は、私には荷が重かった……

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ