ふたりの息子に狙われています【BLCD】

futari no musuko ni nerawareteimasu

ふたりの息子に狙われています
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×25
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
52
評価数
14
平均
3.9 / 5
神率
35.7%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
WaterBear/ataco
脚本
佐々美沙
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
新書館〈CD〉
収録時間
77 分
枚数
1 枚
ふろく
初回特典描き下ろしプチコミックス
フリートーク
あり
発売日
JANコード
4560219324237

あらすじ

血の繋がらない双子の息子、レンとタクミを育てている啓一。
レンは将来を嘱望される研究者で、タクミで全日本レベルのスイマー。
共に優秀に育った息子たちがかわいくて、なんでも望みを叶えてあげたい啓一だったが、
まさかふたりの二十歳の誕生日のおねだりが、
「俺の身体……が欲しい!?」
ふたりと俺の、家族で恋人なトライアングルラブストーリー!!

表題作 ふたりの息子に狙われています

レン → 興津和幸

啓一 → 阿部敦

タクミ → 八代拓

啓一 → 阿部敦

評価・レビューする

レビュー投稿数2

非常にやおい的

養子の双子(興津さん&八代さん)からハタチの誕生日に身体をねだられる父34歳(阿部さん)
↑あらすじ。

声優さんが気の毒なことになっていなければいいが…と思いながら聴く。

そのハタチの誕生日に「好きだ、啓一」と告白されるところから始まる。
養父は双子から下の名前で呼び捨てにされている。
この無駄のなさは評価したい。

阿部さんはいつも通り、
八代さんは低音でグイグイくる、
興津さんはぽやんとした喋り方。

父はゲイでゲイバー勤務。
色々アレだが、ともかく3Pを待ちながら聴くわけです。

「二人で決めてたんだ」
「ハタチの誕生日は」
「「二人で啓一をもらうって」」
ユニゾンやめろww

ここまで10分です。そして3Pへ。
前戯を割愛しないで!!
なんで二輪挿しなの!!
しかも挿入寸前でFO?!
まあいい。2回戦に期待。

なんかいい感じに(としか言い様がない)回想&告白を挟み、
ラブい3Pですが、超超短い…。

行為を何度か重ねており
「中出しは1人3回まで、長くても8時間以内」などの規則もあるらしい。
はあ。

3回目も途中から途中まで。
興津さんのゆったりとした色気は素晴らしいが…。
そしてまた二輪挿しでFO。
どういうことなの…色々…。

エロしかない(3Pのための舞台)なので、
いつノーカットノーフェードの3Pが来るかな?(結局、来ないのですが…)
と期待しながら聴いているけど、まだ半分以上ある。もう飽きた。

夢精&精通のくだりはありがとう、
演じているのは女性声優だが。
「男の人生はチ○コの我慢との戦い」は笑った。

現在のトンデモ展開より、過去のシーンがよかった。
後半、非常識な姉妹が乗り込んでくる。
そもそもトンデモなのでこれもアリだが、BLCDで女の高い声は耳障り。

からの~4回目。
細切れの絡みを繰り返されると萌えるどころか食傷気味になりますね…。

5回目。
まあだから…双子視点で、
過去「息子の資格はない」→現在「どちらかを選ぶまで閉じ込める」だったら、
聴ける話なのだが…。
何故「お前たちをそんなふうに育てた覚えはない」
取ってつけたような台詞や展開なんですよね、全てが…。
エロ特化なら、それはそれでいいのですが、
そういうわけでもなく。

父からの感情吐露(告白)→6回目。
「何?啓一」の興津さんのやさしい声色…。
この一言だけだった、このCDの萌えは。

7回目、中出ししたものを二人で掻き出すのはコミカルなシーンだよな?
もう何でもいいわ…。
からの挿入。
「辿り着く未来は最高」らしい。

総括。
キャストへの興味から聴いたが、よくわからない。

3

中で出すなあァ…

阿部さんがいやらしい単語を沢山言わされています。

中で出すなあァ… エロい。
息できなッ…ァァ… エロい。

もっと…抜かないで…朝まで…朝まで入れててっ

からの、
朝まではダメだ……www

二本はダメだ……二本は一時間以内だ…
(どういうこと)


フリートーク3人ともぶっちゃけてます。
興津さん@アレがナニしてない時の息づかいとか
すごい考えて演りました。これ俺入れてるのじゃないよっつって。

う~ん この発言のせいで
何度も濡れ場を聞き返すはめに…。

八代さんのお気に入り台詞は10秒ずつゆっくり…
のところ。
3Pですからね。
物議を醸してます。

リルリル…。

声優百貨店(阿部さんのニコニコチャンネルの番組)
で今朝も一緒でしたよ(興津)まぁ、BLでした(阿部)

って言ってたのはこの作品だよね。
なんか、生々しいね…。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ