ふたりの息子に求婚されています

futari no musuko ni kyukonsareteimasu

ふたりの息子に求婚されています
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×24
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
48
評価数
13
平均
3.8 / 5
神率
38.5%
著者
佳門サエコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
ふたりの息子に狙われています
発売日
電子発売日
ISBN
9784403667855

あらすじ

親子であり恋人同士でもある三人はレンとタクミが社会人となったのを機に結婚の話を進めていたが、啓一に転勤の話が出て……!?  大人ツインズ×義理パパの甘く激しいトライアングルラブ♡

表題作ふたりの息子に求婚されています

,伊勢谷レン,双子兄,有名企業の営業&研究職
伊勢谷啓一,バーテンダー

同時収録作品ふたりの息子に求婚されています

伊勢谷タクミ,双子弟,有名メーカー所属の水泳選手
伊勢谷啓一,バーテンダー

その他の収録作品

  • ドラマCD②アフレコレポート
  • ふたりの息子に求婚されています plus
  • 歯ブラシの行方

レビュー投稿数2

ふたりの息子に求婚されています

スーツの二人がとにかくカッコイイ
やっぱり佳門先生の絵が綺麗でエッチで最高です

お話はこれまでとは雰囲気の異なる感じでちょっとヘビーかな
モヤモヤは少し残りますが漫画なのでそのあたりはサラッと

二人に愛される啓一がとにかくエロくて可愛くて良かったです

バーのママがどんどん美人さんになってる気がするのは気のせいかしら?
もともと美人さんでしたっけ?

なんやかんやありながらもうまくまとまってることにほっとします
そしてやっぱりお尻が心配になります

0

「絶対に独りにはしねぇからっ!」双子の本気度魅せてくれます!でも。

前作で完結していたと思ってたんです。やたらと結婚、結婚、と連呼して、拘っていた双子たちですが、いよいよ、です。んんん⁈ もう結婚してた様な…。揃いのリングを買ったところで終わってましたかね。これまでにも結婚式を夢想するシーンも沢山あったので、今更感もあります。そもそも啓一が双子を保護した際に入籍しているらしいので、3人は法的にも家族ではあります。
ただ、3人がこれからを生きる為に、必要だった物語。本作は啓一のこれまでの半生が語られて行きます。啓一は、双子を保護して育てると決めた際、何故独りだったのか。
事故で亡くした唯一の理解者だったという姉以外の家族はどうなっていたのか。

啓一に仕事の場を与え、啓一と双子たちの生活を間接的に支えて来たゲイバーのママも知らなかった啓一の過去。それは。辛くて思い出したくも無い、双子たちにも秘密にして来た事だった。ゲイバーのママが新店出店を大阪に決めた事で、啓一は封印していた過去と向き合う事になる。
啓一は、高校生の頃にはもう人目を引く程美しかったのだ、と思う。
転校して来た大阪に馴染めず、自分のセクシャリティにも悩み始めていた頃、啓一は身勝手な教師に襲われた。そして、それを見ていたという生徒に有る事無い事吹聴された啓一は、家族にも罵倒され、この地を離れたのだった。
なんて事。
双子は、啓一の重荷を取り除いてやりたいと、実に鬼執着とも言える働きで、啓一の過去への清算を果たす。ところが。私は、啓一の噂を垂れ流した新田兄は、実は啓一に片想いしていて、嫉妬のあまり、などという結末を期待したんだけど、ただの異性愛者嫌悪という胸クソ野郎で、しかも和解では無く、双子による鉄拳制裁。啓一を罵倒した母親は離縁されて実家には居らず、優しい父親だけが独居していて。性犯罪者とも言える教師は、他の生徒にも手を出していたとかで、退職していたとの事。え?懲戒じゃないの⁈ という。何ともモヤァ〜とした生ぬるい案件なのだ。
そして問題は、その噂で苦しめられた「狭い」コミュニティというのが、何処かの片田舎、では無く。「大阪」なのだ。双子は、「こんなところ」に啓一を置いていけないと、新店のオープンをしばらく任せたいと言っていたゲイバーのママに断りを入れる。
佳門先生は、何故。件の場所を片田舎でも地方都市でも無く。「大阪」と明記したのか。する必要があったのか。確かに。一見人懐っこく、誰かれ構わず他人に踏み込む人の多い土地柄だと思う。かく言う私もそれが煩わしくて、この地を離れた。
私はもちろん啓一の様な目には遭ってはいないけれども。今でも。大阪に行くのは憂鬱なのだ。なので。「大阪」にはそんな一面がある事を知り得ている身としては、これを明確にする意味があったのか、と何やら探りを入れたくなってしまうのだ。
「大阪」を愛している人もとても多い事を思えば、多分これは炎上案件。なんて、深読みのし過ぎね。
そんなわけで。エチエチ多めのツユだくシリーズのこちらを手放しで楽しめなくなってしまった。双子はというと、生前、啓一の唯一の理解者で、自分達の母親になるかもしれなかった啓一・姉の墓前に、結婚の報告が出来てめでたし!としている。
前作までうはーって感じだったのに。何だか仄暗い気持ちになってしまったよ。しょん。
これにて完結、なのにね。

二輪挿しはたまに、の頻度にしないと色々ヤバそうなんだけど、啓一が欲しがるので結構ヤリ過ぎている様子。ますます若々しい啓一は、魔性の美しさなので、ガバガバにはならんと思うけども。これは誕生日の別々に1人ずつ愛し合う、では物足りない身体になってしまってるよね。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う