いとしき伴星の名を述べよ

itoshiki bansei no na wo nobeyo

いとしき伴星の名を述べよ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
3
平均
3 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
心交社
レーベル
ショコラ文庫
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥712(税込)
ISBN
9784778121792

あらすじ

中学時代、故障でバスケを辞めた高崎は“天文観測記”という本に出会い、天文の道に目覚めた。著者の津田への強い憧れから彼が勤務する大学に進学した高崎は、自分の過去の挫折を受け止めてくれた彼に惹かれていく。周囲に”先生の犬”と称されるほど懐く高崎を最初は可愛がる津田だが、研究者として成長していく高崎を次第に避けるようになる。困惑する高崎に彼は「昔、有望な研究者を恋愛で駄目にした」と打ち明けて――。

表題作いとしき伴星の名を述べよ

高崎すばる、津田の勤務先の大学に進学した学生
津田博之、東京の私大宇宙物理学科の助教

評価・レビューする

レビュー投稿数1

遠い星を追いかけて

小学四年生ですでに身長が160センチ以上あった高崎すばる。当時からミニバスケに熱中していた彼は、中学三年で怪我のためバスケを断念。進路に悩み、不眠となった彼が本屋でふと手に取った『天文観測記』がその後の人生を変えていく。

ずっと心の支えにしてきた本の著者が、とある大学で教鞭をとっていることを知った高崎は、もしかしたら著者に会えるかもしれないと、その大学の理学部に進学するのだが…。

大学生とメンターの関係を描いたお話なので、舞台のほとんどが大学生活に割かれています。特に、高崎の学部後半二年間から大学院進学までの学科やゼミの授業風景、彼らの研究対象にフォーカスされていて、表面的なキャンパスライフの描写だけに留まらないところが読ませてくれました。(興味がなければ苦痛かもですけど。)

高崎が一途で、津田との距離が少しずつ近づいていくまでがピュアで可愛いなーと思わせます。しかし、津田との関係が深まると、そのピュアさがズレてるのが段々わかってくるんですよ。このくだりが読んでいてゾワッとしました。好きっていう思いだけを最重要視して暴走する高崎は、津田すらも手に負えなくなるほど。

いくら好き同士でも意思疎通上のズレって破綻の原因になりがちではとハラハラしていたけれど、意表をつく展開にちょっとビックリ。津田が包容力のハンパない大人だからなのか、ただの破れ鍋に綴じ蓋な組み合わせなだけなのか…。

顔も頭も良くて高身長、道を行けば誰もが振り返る高崎。なのに友人は浅野一人しかいないっていう時点で高崎の個性、アクの強さがうかがえます。この浅野が重要なキャラ。彼がいなかったらこの話は回りません。全体的に高崎と津田の関係がメインで大学関係や学術的な描写が多いため、高崎と浅野のやりとりを描いたシーンは息抜きになりました。浅野も高崎に対する包容力がハンパないですね。

津田の故郷、「三原島」のイメージから受ける、ちょっとロマンチックな作品の雰囲気が好きだったので個人的には楽しめましたが、どうもつかみ所のない高崎のキャラが不気味でハマらなかったのが残念。終盤、時間経過の表現として彼らの日常の過ごし方や心理描写をもっと入れてもらえていたら、高崎の成長が目に見えて二人の関係により納得がいったし、ラストにもっと感動できたんじゃないかなー、と思いました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ