ファミリー・レポート2 協力書店限定ペーパー

family report

ファミリー・レポート2 協力書店限定ペーパー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
ファミリー・レポート2(但協力書店購入時のみ)

商品説明

文庫発売記念・協力書店限定配布書き下ろしペーパー
2人が留学中の葵のを訪ねてウィーンに行くお話です。

評価・レビューする

レビュー投稿数1

本編の更に未来で

本品は『ファミリー・レポート2』の
フェア書店限定特典ペーパーです。

本編から数年後、
2人が葵の留学先を訪れるお話です。

今年の年末は
週末と祝日の暦がうまくかみ合い
長い休みが可能となります。

それでもまさか海外で
新年を迎える事になるとは
思ってもみなかった瀬名でしたが

朝の7時に羽田を発ち
乗継ぎをしてウィーンに着いたのは
午後2時を過ぎていました。

5日分の着替えや日用品を詰めた
キャリーバックはいたく重く
脚の筋肉も固まってているようです。

全く同じ旅程を辿ったにも拘わらず
ミズノはけろりとした面立ちで
瀬名の水を買い求めに行きました。

医者である水野は
日常会話程度のドイツ語なら
問題ない様です。

一息ついた水野から
自然に手を差し伸べられて
あまりのスマートさに苦笑いしつつも
瀬名は水野の大きな手を取ります。

今2人が向かっているのは
ウィーンの市街中心部で
留学中の葵のステイ先です。

葵が2年にも及ぶ
長期留学へと旅だったのは
大学2年に進級してすぐとの事でした。

高校3年の時にコンクールの
高校生トランペット部門で
栄えある銀賞を受賞します。

付属高校から音大に入学すると
学外の交響楽団に加わり
ステージに立つほどに
演奏家として成長を遂げ

始めこそ音楽の道に進むことを
反対していた瀬名も今では
率先して葵を応援しています。

テキパキとした足取りで進む水野に
この分だと観光も楽そうだと
思っていた瀬名でしたが

水野にはいつ葵の拠点が
こっちになってもおかしくないから
ドイツ語は必修だと言われてしまい…

A4サイズ両面(書店により型違い)にて
葵の留学先ウィーンへ行く話になります。

長期留学の話を聞かされた時から
薄々覚悟している事ではあっても
改めて突きつけられると
寂しさがこみあげてきます。

まずはホテルにチェックインして
向かったステイ先に
満面の笑みの葵に呼び掛けられると
瀬名の涙腺は緩んでしまい

水野には呆れた様な顔をされますが
葵のハグを受け止めつつ

元気だったか?
変な虫とかついてねえよな?
男につき纏われたりしてねぇか?

次々と質問を繰り出しす中、
葵が出てきた玄関でひらりと手を振る
金髪の青年を見た瀬名は
ぶわりと殺気立ち

おまえ…まさか俺の娘に
手ぇ出したんじゃないだろうな

等と突っかかって行こうとして
水野に怒られてしまうという
幕引きまで

本編後も3人が仲の良い家族として
過ごした事が窺え

葵という存在が瀬名にとって
いかに大切な存在だったのかが
伝わってくる後日談でした。

本編で子が2人の鎹として
登場してもなかなか成長後で
関わっているお話は無いので
そういう意味でも
楽しめたSSでした。

葵の結婚式では
瀬名は水野以上に号泣しそう♪

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ