雑音

zatsuon

雑音
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神19
  • 萌×216
  • 萌12
  • 中立5
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
7
得点
200
評価数
58
平均
3.6 / 5
神率
32.8%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784801959644

あらすじ

授業中、退屈を持て余した新(あらた)は隣の席の瞬(しゅん)に声をかけるがイヤホンでアニソンを聞いていて気がつかない。
先生に見つかってイヤホンを取り上げられた瞬の不審な態度に、或る事を思い付いた新はーーー?(「雑音」より)

大注目作家・春泥が描く懐かしくて新しい萌えの具現、珠玉の7作品を収録。

【収録作品】
・ブレースキス
・凸凹
・電幻
・春眠
・雑音
・別人
・犬恋

表題作雑音

新(あらた)
篠田瞬(しゅん)

同時収録作品ブレースキス

風間 開閉(かざま かいへい)、歯科医
砂山 陸(すなやま りく)、歯科矯正中

同時収録作品凸凹

同時収録作品電幻

安斎 透(あんざい とおる)、科学者
三浦 来(みうら きたる)、科学者

同時収録作品春眠

平井、夢遊病
夜夢 誠(よるゆめ まこと)

同時収録作品別人

高山
藤田

同時収録作品犬恋

その他の収録作品

  • ブレースキス
  • 凸凹
  • 電幻
  • 春眠
  • 別人
  • 犬恋

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

ちょっと特殊な官能と、ギャグと

 7本短編が収録されていますが、物語の序盤で病んでる感じが出ていたとしても、最終的にはギャグ展開やハピエンに持ち込まれる作品が多かったです。後味の悪い作品が苦手という方でも、あまり構えずに春泥先生のコミカルな作風を楽しめると思います。

◆ブレースキス
 表題作と並んでエロさが際立っていた作品でした。歯科医の攻めと、その同級生で患者として通う受け。2人は学生時代もそういう関係にあり、攻めはその時から受けの不揃いな歯列や八重歯を魅力的に感じていました。そして再会し、攻めは受けに矯正治療を施しながら、毎回彼の歯に興奮して迫るようになります。受けの口内が確かにいやらしいんですよね。新たな扉を開きかけました。ギャグオチですが、途中まではとても官能的だったと思います。

◆電幻
 一番切ない雰囲気の作品でしたが、こちらもハピエンです。愛し合っていることを周りに受け入れてもらえないことが辛いため心中する攻めと受けですが、受けだけ生き残ってしまいます。万が一生き残った時のために攻めが遺してくれたのはUSB。そこには攻めと会話できるプログラムが入っていました。そのお陰で寂しい想いをせずに生きられる受けですが、バグが起こる度に初期化しなければなりません。そして、段々あることに気付き始めます。攻めの深い愛が感じられる、素敵な作品でした。

◆雑音(表題作)
 授業中にイヤホンを付けている受け。退屈だからかと思いきや、彼にはイヤホンを付けざるを得ない理由がありました。以前、クラスメイトの攻めと成り行きで家庭教師もののAVの真似事をすることになった受けは、勉強し続ける攻めにフェラをしたことで、カリカリと書く音と行為の記憶が結び付いてしまい、授業中もペン音を聞くと集中できなくなってしまったのでした。繊細な受けが可哀想且ついやらしく、背徳感が楽しめると思います。この時点では攻めの愛はありませんが、この攻めは受けにハマっていきそうだなぁと感じました。

◆犬恋
 犬を飼っている同級生同士で片想いの話ですが、その2人の犬が雄同士で両想いというまさかの展開でした。しかも、がっつり交尾の描写まであります。不覚にもちょっと萌えてしまいました(笑)。顔も雄々しい攻めと可愛らしい受けだったので…(犬の話です)。飼い主の方はくっつきませんが、犬にアテられる主人公が面白かったです。

0

萌えも無く、いろんな作家さんがチラつき…

7編が入った短編集。BL的な萌えはほぼ感じられません。
この話はBLなの?と思ってしまう話もあり、竹書房の日に間違えて一般作を買ってしまったのかと、途中で奥付を確認しました。
ちゃんと麗人セレクション、でも私が知ってる麗人となんかちがう。

おもしろくないわけじゃないけど一度読めば十分な短編ばかり。
それと読んでいて色んな作家さんがチラついてしまって…

この本の中で表題作「雑音」だけは、自分を好きな友人を本気にさせて捨てるのを楽しみにしてる鬼畜さが良いなと思ったけど、鬼才と評判高い某先生を想い浮かべてしまった。

ひねりが効いたショートショートは星新一、レトロな絵柄は一般漫画の巨匠、コミカルなノリも一般漫画家。
収録作と少年漫画を連想させるあとがきもあり、オマージュと呼ぶには作風を取入れすぎていてオリジナリティが感じられない。

『メス堕ちBL(18禁)』の短編も一読しただけで読み返さないので、作家さんと私のノリが合わないだけかもしれませんが、他の作品も読みたいとは思えません。

3

ノスタルジーかつ新感覚!

以前から気になっていた春泥先生、やっと本屋で見つけたので購入しました。

このコミックスに限ったことか分からないのですが、割とハッピーエンドが少なめな印象です。
性格の悪さを描くのがうまいというか、物凄く人間味を感じるのでそれでも楽しく読むことができました。
歯列矯正だったり音で興奮してしまったり、よそではなかなかお目にかかれない着眼点と性癖の表現が癖になります。

春泥先生をマークしている人なら説明の必要がないかと思いますが、どこか懐かしさを感じるタッチの絵柄も魅力です。

0

BL版『世にも奇妙な物語』な世界観が癖になる作品集です

作者買いです!個性的な作風で今後期待大な作家さんです♡

作者さんの『月食奇譚』が好きで今作も購入しました。
短編集ですが、一つ一つの物語が綺麗に纏まっており、
ほのぼの甘め~シリアスな物語までギュッと濃縮された作品集で
不思議設定の物が多く、まるでBL版の『世にも奇妙な物語』を見ているようでした。

物語の見せ方や構成が上手く、一つ一つの物語に引き込まれてしまい、
『あぁ、もう終わってしまうの…』と、 もう少し先が見たい物語が多く、
表題作を長編化して欲しいな~と、少し物足りなさを感じてしまいました。

もうすっかり、春泥ロスです(笑)

春泥さんの漫画をもっと読みたい_:(´p`」 ∠):

1

ものすごく打ち返しにくいピッチャーの放る、変幻自在の球。

見事に翻弄されました。

クセ球から入って来られて身構えて待ってたら、速球ストレート来た。かと思えば、また別のクセ球が来る。とにかく球筋が読みにくく、いつヘンな球が来るか警戒しながら打席に立たざるを得ず、打者としてはほんとに悔しいんだけど、うまい。そんな感じの短編集でした(野球に興味ない人にはわからない話ですみません)。

短編集としての組み立ての妙もあると思いますが、引き出しの多さは言わずもがな。この方の投げるヘンな球(もちろん、褒めてますよ!)がもっと見たいので、とりあえず作家買い決定です。絵柄はノスタルジックと言われていますが、画力そのものは高いと思います。

収録作品は7本。一通り読んでみると、なぜ「雑音」が表題作になったのかが少々気になります。これが一番アダルトだからでしょうか(笑)。ともかく、表紙絵の印象通りではない短編集です。以下、各話多少のネタバレありなので、苦手な方はスルーしてください。


1本目「ブレースキス」。矯正歯科医×高校時代の後輩兼患者の再会愛(?)。フェチ入ってます。これ、ものすごいクセ球でした。このオチはさすがに読めなかった……。でも、本能って抗えないものですよね……(注・エロ絡みですがエロい意味ではない)。

2本目「凸凹」。幼馴染の同級生同士(高校生)。1本目ですっかり身構えてしまい、「どこかで意外なオチが……!?」と警戒しながら読んだにもかかわらず、あっさり速球でバット振らされました。ストレートにいい話でした。これが一番好き。

3本目「電幻」。心中もの=死ネタです。話自体は若干SF仕立てですが、こちらもどちらかと言えば感動路線です。ただ、これ、NLでもいけるなと思ってしまったので、BLとしてはやや萌え不足。ただし、タイトルネーミングセンスはものすごくいいと思う。

4本目「春眠」。高校生同級生同士、寮もの。2球続けてストレートで、油断したところにクセ球来ました。脇役ですが、今どき懐かしいドテラ&丸メガネ&無精髭の神崎先輩に萌。そして、攻め(たぶん)に容赦なく暴力振るう受け(たぶん)に萌。妙な萌えツボを刺激される作品でした。

5本目「雑音」。表題作、高校生同級生同士(これも幼馴染み?)。この作品集の中では一番アダルトでブラックな内容。表紙絵でも存在感を放っているイヤホンが、エロいのですよ……。

6本目「別人」。これまた高校生同級生同士。これもフェチ寄りです。受け攻めの関係性が、エロい。エロそのものより、はるかに。「狐の嫁入り見てた」に爆笑。こういうの、好きです。

7本目「犬恋」。敢えてカップリングは書くまい(笑)。あとがきで作者さん「もちろん銀○の大ファンです」と書かれていましたが、言われなくてもわかります(笑)。この作品、これでいいのか(笑)。オチが容赦ない(笑)。最後の最後に一番ヘンな球来ました。

7

質の高いストーリーテラー

短編集です。
話の筋の持って行き方が魅力的で、内容も歯列矯正が起点となるような独特ものから、幼馴染への淡い想いの芽生えの王道的なものもあり満足度高いです。
絵柄が80年代チックで独特でとても上手い!
惜しむらくは…掲載誌が「麗人」、という事は『ヤバいくらいにアダルト、痛いくらいにドラマチック!』なわけで、麗人的にもうちょいアダルトを!な気がしました。うたい文句後半に関してはバッチリ当てはまってます。
あと歯列矯正経験者としてはカバー裏にかなり親近感湧きました 笑

2

今後は作家買いします。

買ってよかった。ガンバレ!中村くん!!も良かったですが、こちらも文句なしで良かったです。

短編集です。
コミカル〜ブラックなお話まで様々な話が収録されてました。起承転結がしっかりあり、違和感なくスムーズに読めます。

絵が懐かしい感じなんですが、凄くお上手です。
作家買い決定です。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ