やがて、誓約のキス。 ボクサーシリーズ

yagate seiyaku no kiss

やがて、誓約のキス。 ボクサーシリーズ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説
サークル
Y.M.J.<サークル>
ジャンル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

順調に付き合いを続けていたように思えた2人だが、柴賀が世界ランカーと試合をするかも知れないと知り、木崎はわだかまりを抱く。気まずくて柴賀を避けてしまい、ますます顔を合わせづらくなっていく。憤った柴賀に捕まって責められても上手く理由を説明できずにいたものの、手荒く抱かれるうちに自分の心持ちに気づく。
『だから、お引っ越しのキス。』暗く湿気た柴賀のアパートに得体の知れない虫が発生し、木崎は彼を引っ越しさせようと決意する。柴賀に代わって部屋探しをしたため、2人で会う時間が減って彼を怒らせるが、どうにか引っ越して新生活にこぎつける。
本文イラスト:同人誌再録カラー4点モノクロ2点
新規書き下ろし(文庫P.85分)+同人誌原稿を改訂

表題作やがて、誓約のキス。 ボクサーシリーズ

ボクサーで宅配業者の柴賀慎
ボクサーで実家の花屋でも働く木崎直哉

評価・レビューする

レビュー投稿数1

幸せそうでなにより…

二人の付き合いもそれなりに長くなり(1年くらい)、柴賀は相変わらずしゃべらないし、木崎もまぁ相変わらずなのですが、付き合い方も一時よりは随分と落ち着いてきています。
作品のトーンも、最初の頃に比べると痛々しさが弱まり甘い雰囲気を漂わせたり、コミカルに描かれるようになりました。

柴賀の酷いアパートから引っ越しをするエピソードなど、二人の性格的な違いが際立って面白く読めました。得体のしれない虫が湧く畳に組み敷かれたり、ダニで痒くなるお布団は嫌だよね…。考えただけできーーーッとなります。(木崎が必死になるのもわかるよ…)

柴賀視点のエピソードもあって、普段しゃべらない柴賀の胸の内がわかるのも面白いです。
前作・前々作を読んだ人にはこちらまで読むことをオススメしたいです。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ