正命の髑髏壱

shoumyou no dokuro

正命の髑髏壱
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
小説
サークル
IZUMI TANIZAKI〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
価格
ISBN

あらすじ

幻冬舎コミックス・リンクスノベルズより発行された「ファーストエッグ」に関連するサイドストーリーになります。本作より以前のお話で、佐竹が事件を起こした後、五係に落ち着くまでを描いています。全四作からなり、同人誌で発行されたものを電子書籍化したものになりますので、加筆改稿はございません。

表題作正命の髑髏壱

高御堂新,高級料亭オーナー(元暴力団幹部)
佐竹霜麻,警視庁捜査一課特命捜査対策室五係

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ファーストエッグの前日譚

「ファーストエッグ(全4巻)」のサイドストーリー。過去に同人誌で発行されたものを、作者自らがkindle電子書籍化したものとのことです。壱・弐・参・肆と4冊に分かれていますが、完全に続いているストーリーです(なのでこのレビューは、壱・弐・参・肆通してのものとなります)。

内容は、佐竹が例の事件を起こしてから、自宅謹慎処分を受けている間に「料亭 梁山泊」に居つき、たかみさんの「仕事」に少しだけ関わったりしながら、ボロボロになった気持ちの置き所を模索(癒やすというのともまた少し違う)する様子から、「ファーストエッグ」冒頭の「五係」に落ち着くまでの経緯などが描かれています。

発刊から時間が経ってから読んだり、同人誌までは追っていなかった……というものでも、こんな風に電子書籍化してもらうと気軽に読めてありがたいですね。これは、本編では語られなかった前提部分を埋めるエピソードなので、「ファーストエッグ」本編を読んだ方ならば楽しめる作品だと思います。ちなみにkindleのアダルトカテゴリに入っていますが、本編と比べ特にエロ部分を増量したサイドストーリー……ということはまるでなく、むしろ続きストーリーメインのエピソードです。 ※2017年5月現在、kindleアンリミテッドの対象にも入っていますので、会員の方は是非!

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ