親友と壁越しの再会

壁穴マネーホール

kabeana money hole

壁穴マネーホール
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×211
  • 萌13
  • 中立6
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
94
評価数
31
平均
3.2 / 5
神率
3.2%
著者
中川リィナ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
ISBN
9784758077194

あらすじ

河瀬美鶴は父親の借金返済のため、ゲイ向けの風俗店『壁尻専門店』で壁オナホとして働いている。
そんな中、親友の遠山圭太と街で偶然再会し、連絡が取れず心配していたと言われるが、お金のために男に犯されていると言えるはずもなく…
しかしその晩、なぜかお店に圭太が現れて――。

表題作壁穴マネーホール

遠山圭太・大学生・壁穴ケア係り
河瀬美鶴・壁穴スタッフ

レビュー投稿数3

壁尻専門店『菊壁』でございます♡♡

前作があったんですね!
全く気になりませんでした。
『借金返済からの・・・』でしたが、暗さはゼロかなー。
だって余りに現実とかけ離れてるし。
単なる『BL作品』として楽しめました。
多少『受け』が妹や家族を守る為に悲壮な覚悟でこの世界に飛び込み・・・。
その辺は『受け』が綺麗なだけに余計不憫でしたが・・・。
しかし、あちこちに散りばめられてるギャグに 笑。
だって『受け』が勤めてるお店の名前が
『菊壁』って・・・。
看板が
『 菊 壁 』
『壁尻専門店』
って恭しく掛かってるだもん。
どこの老舗やぁ~~~とほんと笑わせて頂きました。
内容も終始こんな感じで、お尻を提供してる数人も、アッケラカンとお客様とのエロに励み、ついでに自分の欲求不満をコッソリ解消しちゃってる『超有名スター』なんてのも居たりで。

確かに壁から下半身だけが「ハイ♡どーぞ」と。
お客様の要望に応えて『お衣装』も色々OK。
しかもその壁、ガラガラガラっとこっちから開けられるですよねー。
お客様とインターホン越しに話す事も出来るし。
いやぁ良く考えてありますよ。
スゲェ面白かったですよ。
『受け』『攻め』のお顔も好みだし。

元々『攻め』『受け』は中学からの大の仲良し。
『攻め』より頭の良い『受け』は、本来ならもっと上の高校を狙えたのに、『攻め』を放っておけずランクを下げて同じ高校に通う。
もちこれは単なる友情で。
大学は変わってしまったけど、それでも友情を続けようとしていたのに、ある日突然『受け』との連絡が取れなくなってしまう・・・。
そこへバッタリと出会い・・・からいよいよ物語が始まります。
『攻め』はやっぱ可愛くて綺麗な『受け』が無自覚に好きだったのね。
だって追い掛けて入った『菊壁』で『受け』を探し、お客様だと間違えられて、『受け』の待つ個室に入ってしまい、可愛い『受け』のお尻を見て、驚き困惑しながらも勃っちゃうんだもーん。
当然ここではたらく理由を理解し、このままではならじ!と、『受け』の借金を少しでも減らす為に『攻め』もスタッフ(『壁尻』じゃないよ)として働き出します。
ま、色々あって借金も完済出来て、ラストの方でようやく二人が身も心も結ばれる。
意外だったのが案外『受け』って男らしいんですよね。
見た目や諸々で、気の弱い子だと思い込んでたけど、そーいやー妹の為にこの仕事に入り、前を向いて歩いてたんだもんな。
萌 くらいかなと思ってたんですが、
萌 から 萌2 になったのは、たったのワンショットですが、『攻め』が『看守服』を着て決めた場面!
カッケーやん。
ヤだ、私ったら制服萌しちゃうタイプだった??
『受け』は当然『囚人服』での、プレイでしたが。
これが初心貫徹で『♡看守&囚人プレイ♡』なら 神 にしていたかも・・・なんちって。

1

壁から突き出るお尻

前作より良かった!!
前作がギャグのような流れだったのとは真逆で、今作は父親の借金返済の為に、壁穴に入り辛いながらも働くミツルが可愛いくて私のツボでした。
そんなミツルの親友ケイタが、ミツルと久々に出合い財布を拾ったことから、壁尻専門店に行き着き、ミツルがそこで働いていることを知る。そして、理由を聞いたケイタは一緒働くことに。(壁穴には入らないけど)

ミツルがね、可哀そうなんだけど、なぁんとなくS心をくすぐるんです!
仕事でひどい目に合っていたので、ケイタと結ばれた時には、本当の快楽と幸せを知ることができたようですが、読み手としては、何となくケイタとのHは物足りない感じがしました。それまでがあの壁から出た尻を見ていたからなのでしょうが、刺激が少なかった(笑)
最後はハッピーエンドで、前作のお兄さんも登場。やっぱ不思議な人だわ。。。

一冊丸々表題作で、悲壮感もありのハッピーエンドなので、私はとても楽しめました。

1

うぅん…。

『壁穴』シリーズ二作目です。
一作目は友人から借りて流し読みしかしてなかったんですが、今作から読んだとしても大丈夫です。

今作の受けのミツルは、親の借金を返すため壁穴となりました。
ミツルの事情を知った攻めの圭太はその借金を返すため、壁穴のケア係りとなり…。

ミツルは昔から圭太の事が好きで、圭太も壁穴ケア係りとして働くうちにミツルへの想いが友情から恋情へと変わるんですが、二人の心情が伝わらなかったです。
エロは多いのですがエロく感じなかったな〜。
絵も、手や身体の描き方が変に思うところがあったり。

表紙が可愛くて購入しましたが、『中立』評価で…。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う