静寂の月 下

shjima no tsuki

静寂の月 下
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×210
  • 萌5
  • 中立5
  • しゅみじゃない9

--

レビュー数
5
得点
85
評価数
34
平均
2.9 / 5
神率
14.7%
作画
森嶋ペコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
姉村アネム 
媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
シリーズ
静寂の月
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784801960305

あらすじ

『樹を抱いた。ごめん。一度だけ』一矢の裏切りを知り、一度は逃げ出した幹。
しかし一矢の切なる謝罪と懇願とに、躊躇いながらも、本当の恋人同士としてやり直す事に同意する。
わだかまりを残しながらも幸福な日々を過ごす中、一矢は、パリ大学から研究員としてオファーを受ける。
そして幹の前には、葬ったはずの過去を知る人間が現れ!?
彼らが互いの為に選んだ未来とは――?

ゲス男×健気男子の嘘と打算まみれの年の差恋愛物語

表題作静寂の月 下

喬木 一矢(大学院生・臨時教師)
浅岡 幹(高校生・出来が良すぎる双子の弟がいる

その他の収録作品

  • その後のその後

レビュー投稿数5

大団円

下巻なので、当然上巻の続きから。







幹に全てがばれ、去られてしまった喬木。
のシーンから始まります。

自分が本当に欲していた人は誰なのか。
という喬木の心情から始まりますが、正直、喬木の気持ちの急激な気持ちの変遷についていけなかった。樹を手に入れるために幹を利用するつもりが、幹の健気さにいつの間にか気持ちを持っていかれてた、という展開にしたいという作家さんの意図は十分理解できるのですが、そこの流れが急すぎる、という感じ。

喬木が、樹ではなく幹を求める、その過程こそがこのストーリーのキモだと思うので、もう少しじっくり展開してほしかったな、と思ったりしました。

ただ、その後の怒涛の展開にはぐっと引き込まれました。

幹がかつて行っていた「行動」。
そしてその過去のために追い詰められる幹。
その時の後始末も、きちんと自分で清算する幹がカッコよかった。

最後の、

本当の寂しさを 僕は知っている

という幹の心情に、思わず落涙しました。

上巻では喬木がかなりのクズでしたが、下巻ではひたすら幹を甘やかす溺愛攻めになっていて、「クズ攻めが読みたかったのに!」という腐姐さんにはちょっと肩透かしかな?

けれど、健気な薄幸受けが、攻めさんにデロンデロンに愛され幸せになる、という王道のパターンで安心して読める1冊かなと思います。

途中モブとの濡れ場もありますし、犯罪行為も出てきたりするので、そういうのが苦手な方にはちょっと注意が必要な描写もあります。

評価で悩みましたが綺麗な絵柄におまけして、神評価で。

2

月の裏側はどうなっているのか?

こちらの作家さんは初めてだったのですが、
私はとても好きなお話でした。

内容についてはネタバレを避けてあまり触れませんが、
ゲス男攻め、という感じはあまりしませんでした。
下巻は特に年上ワンコ(少し違う)のような印象です。
健気男子な幹くんは作中で色々な表情を見せるのですが、
どれも艶やかで素敵でした。

全体的にトーンは暗めで、読んでいるのが辛く
なる部分もあったりしたのですが、しっかりと
2人に救いがあって良かったです。

もう一つのエンディング?となる小説版はまだ
読んでいないので楽しみです。

1

ラブラブエンドの下巻。

上巻の最後の、意味ありげな島崎の捨て台詞の秘密が明かされる下巻。
サラッと描かれちゃっているけど、15かそこらの子供が、子供だからこその無謀さで、随分な事してたのね。
で、コミックだと絵面で何となく誤解しがちだけれど、喬木だってまだ全然ガキで、幹の闇の深刻さをどれだけわかっていたのか、わかっていなかったのか、さしたる覚悟もなく、性欲に振り回されて、愛しているつもりになって。
そんな二人が、ちゃんと結ばれるためには、「約束」という「呪い」じゃなくて、自分の意志からじゃない外部からの強制終了と、リセット後の、それぞれ一人で立つ全く別の新しいステージで、まったく別の時間を生き直すことが必要だったのねって。
この後に、小説版を読んで改めて思った。

0

絵の綺麗さは安定、性格は不安定

コミック上下巻、小説のAnotherとありますが、パラレルワールドの様なものです。それぞれ登場人物の性格設定や物語の進み方が違います。

そして漫画と小説では人物の性格設定が違うのに、会話文等を途中までは統一しようとしたためか、ヨヨンド様がレビューで書いていらっしゃる様に人物の印象が安定してません。性格設定は違うのに言う事は同じってそりゃ安定は難しいですよね。
しかし言葉が同じな分、表情で言葉の印象を変えていたりと、森嶋ペコ様の工夫をとても感じました。

下では一矢が幹の事好き好き~な感じになっておりますが、
あらすじに書いてある通り一矢が幹に近づいたきっかけはアレでしたので、それが許せる方は萌えられるのではないでしょうか。そもそもあらすじを読んだ上で手に取られるでしょうから、そこは大丈夫として…逆に思いっきりゲスを期待した方にとってはあれあれ?となるかもしれません。

人物の印象の不安定さ等気になる点はちょくちょくありましたが、絵がとても綺麗で丁寧に描かれており、萌えポイントもいくつかありましたのでそこを楽しみました。ネタバレになりすぎるので細部感想は省略です。
参考までに。

1

登場人物のメンタルが豆腐

物語をどう転がしていきたいのかよくわからない話でした。
愛され系のできの良い双子の弟にコンプレックスを持つ可哀想な主人公が、弟の方と付き合いたかったヤリチンの攻めに身代わり扱いされてぐだぐだするんですが、とにかくいろんなものが唐突で、登場人物の印象が無駄に二転三転して理解が追いつきません
キャラの心情を丁寧に追ったというより、やりたい展開ぶち込んだって感じ
特に攻めのキャラがよくわからなかったのと心変わりの理由に全く共感できなかったのが致命的。受けも誰でも良かったのかも?と思わないでもないですが

設定と物語から受ける印象が一致しないことも問題じゃないかと思います
受けの生い立ちはたしかに可哀想なんですが、自分の希望を言わない、本人が無自覚にモテる、真剣に心配してくれる友人ポジがいる、弟は兄思い、実は物分りの良い祖母って設定のせいで、独りよがりにこじらせたように見えてマイナスに感じます

更に否定的なことを申せばすごくストーリーに既視感を覚えます。パクリとかいいたいのではなく、たまに見るわってニュアンスですが。親族に兄弟差別されて可哀想な主人公がビッチ化、攻めに人格はほとんどなくただの救済要員。恋人に愛されただけで特に何もなく十数年のコンプレックス昇華。問題の親族はストーリー進行に合わせ、これも特に心情の変化が描かれることなく速攻の手のひら返し。
悪くはないけどもう少し何かひねりが欲しい感じです。

10

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う