俺と上司のかくしごと【BLCD】

ore to joushi no kakushigoto

我和上司的秘密

俺と上司のかくしごと
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神28
  • 萌×221
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

199

レビュー数
7
得点
240
評価数
58
平均
4.2 / 5
神率
48.3%
著者
媒体
CD
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
Ginger Records
収録時間
枚数
ふろく
フリートーク
発売日
JANコード
4571453600353

あらすじ

姉崎は仕事はデキるが、雑務をすべて部下の御門に押しつけてばかり。隠れアイドルオタクの御門は、そんな姉崎が大嫌い。「絶対いつか仕返ししてやる! 」と心に誓う毎日だ。だが、そんな姉崎とラブホに泊まることになってしまった御門。 しかも、そこで突然、姉崎にのっかられて、エロいことをされてしまい――!? なんか危ないですよアンタ……こっちがハラハラする 【隠れドルオタ部下】×【貞操観念低めのキチク上司】による下克上ラブ!

表題作 俺と上司のかくしごと

御門純一郎 → 江口拓也

姉崎実紗樹 → 野島健児

その他キャラ
吾妻[杉山紀彰]

レビュー投稿数7

江口さんと野島さんの声の相性が最高

大好きな原作がドラマCDになると聞いて、楽しみに待っていました。
結果、大満足です!

個人的には「同級生」シリーズぶりの野島健児さん。相変わらず素晴らしい。
直前まで普通の演技なのに、急に変わる落差にやられます。姉崎さんって複雑なところがある人だと思うんですが、彼の可愛さもネガティブなところも実は自信がないところもだからこそ強がっちゃうところも、最高に素晴らしかったです。姉崎さんが泣くところでは、つられて涙が……。
本当に引き込まれるお芝居でした。

対して御門演じる江口さんは絶妙にモサく(笑)、そして優しかったです。あー、こんな風に優しくされたら、そりゃ好きになっちゃうよーと思わされるところがいくつも。
テンション高めの江口さんも好きですが、こういう根が良いタイプの地味キャラを演じる時の声が好きだなあとしみじみ。

野島さんと江口さんの声の相性がすごくいいのか、普通に会話しているだけでも気持ちよかったです。「知るか!」「ダジャレ?」っていうところ、笑ってしまいました。こんなオヤジギャグなのに……悔しい。

杉山さんの吾妻もよかったです。吾妻さんのスピンオフが見てみたい。
吾妻×姉崎シーンにおける、杉山さんの(よい意味での)ねちっこくオヤジっぽいエロさは、このCDだけでは勿体ない。杉山さんメイン攻めのCDが聞きたくなりました。

あと、個人的には最初のほうの姉崎さんのちょっと社会人としてどうかな…な部分が短くなっていてほっとしました(笑) それから「真面目にやればデキるひと」っていうセリフが追加されてたのが、姉崎ファンとしては嬉しかったです。そうだよね!

10

やっぱりいい

もうすぐ続きもCD化されるな〜と思ったので再聴。

野島健児さんの少し意地が悪いけれどやっぱり可愛い(ものすごい可愛い)受けの素晴らしさが、もう……。

そして江口さんの普段は覇気がないのに、いざってなるとキッチリ怒るし男前だし!本当に素敵。

そしてそして、杉山さん!何を考えているのかよく分からない人っぽさが滲み出ている演技でお上手です。

何度聞いても、どこをとっても大好きなCDです。
色っぽさもあり、コメディっぽさもある。上質なラブコメだなと改めて感じました。

0

前半と後半の温度差がGOOD!!

あららら~…!!ノジケンさんが今までと違うトーンで驚いてしまいました!!
個人的にどうしても若くて大人しいイメージが抜けない気がしていたんですが
いやいやいやいやお調子者のムカつく上司役(最初はね)、
かなりいいじゃないですか!!
「あ゛?」とか全然ノジケンさんっぽくないのが非常に楽しい…。
部下をこき使っていたり厚かましかったりだけど
実は健気なとことかあって
でも喘ぐとやっぱり色っぽくてかんわいいの!!!

江口さんの御門役、無理なく低めで魅力的です!
なのにドルオタってギャップもいいですww
全体的にラブコメなんですけど
後半のシリアスシーンの切ないことったら…(泣)

吾妻役の杉山さん!関西弁いい……。
もう少し低くても良かったかなーと思わなくもないんですが
(すみません)
なんたってバツイチでのチャラさが狡い!!
あれなら入れ食いだろうに(下品で申し訳ない)
くそぅ……よくあんな囁きでまた落ちずに済んだな実紗樹よ…←

ちょいちょいカットしてるセリフもあるようですが
あまり違和感ないと思います。
ただ、吾妻が結婚するって言いだした回想シーンで
「誰と?誰が?」の実紗樹のセリフ、
関西弁のイントネーションじゃないかと思うんです…。
付き合っていた頃はずっと関西弁だったのでは…?
直後からはちゃんと関西弁で戸惑って強がってましたけども。
すみません気になってしまいました。

とはいえ、本当にノジケンさんときたらお上手で
モノローグとか
Track6の御門に本音ぶちまけるところとかきゅ──n
ここはめちゃくちゃ聴きどころだと思います!
酔っ払い演技も可愛いですし
江口さんの(御門ですけども)誠実なセリフもドキドキしてしまいます!

そして最終Track8『そのごのはなし』
タイトルコールのノジケンさんもラブリーでしたが
原作では無いセリフが!!!
御門「あんたって、思ってたより前から俺の事好きだったんじゃないですか?」
姉崎「……!…そうだよ!ば──か!」
可愛すぎた!!!!!!
ちゅって最後に聴こえたんですがこれってキスしたのかな!?
これ嘉島さんの絵でもミタカッタ………。

久しぶりのノジケンさん受けをありがとうございました!!!

6

ニヤニヤしました

野島健児さんの受け声にドハマりしBLCDに手を出し早1年半くらい…?
ちるちる検索で×受け表記のある作品…これが記念すべきラスト!
71作聴き終えました、ありがとう。

原作未読です。

全盛期の約10年前の作品ばかり聴いていましたが、これは割と最近ということもあり新鮮な部分が多く各所で動揺していました。

まずは思いのほか卑猥な単語(笑)を言ってくれたこと!!
「エ〇チ」とか「セ○クス」とかで喜んでいた過去の自分が懐かしいです。
ということで「ち○こ」発言いただきました。
おまけに「チ○カス」まで!!これはレアですよ!!!
他作品で「イ○モツ」まではありましたが(笑)

ということで直接的な物言いが有難く刺さりました。
更に関西弁での受けキャラ演技、ぶっ倒れました。

基本的に好みの傾向は一人称「僕」のお上品そうで繊細儚げな美人系だったので、姉崎さんのような性関連にゆる~く物言いもズケズケで理想とは程遠いカラっとした上司役に最初はアワアワし、あれこれシチュ系のCDでも会えそうな…と思いましたが、吾妻さんが出てきてからの揺れる姿に『あー!!これ!!こういうの求めてた―!!』と嬉しくなりましたし、本領発揮された魅力ある演技に圧倒されました。

心の中の一番やわな部分がむき出しになった時の演技が特に好きなんですよね。
雰囲気にのまれます。
煩悩すら一瞬忘れてじっと耳を傾けることしかできなくなる…聴かせる演技だ。


ゲイということに固執し安住の地はないと決め付けながらも自分の居場所を探していたところや、体を重ねるのは気持ちのいいだけのことではなく、幸せなことだと思い出したところが特に印象に残っています。


杉山さん攻め…それも関西弁はお初でしたが良かったー!!
私もこっちはこっちで気になるー!!
自分であぁいう終わり方させておいてフリーになって再度誘ってくる軽薄さやっべぇな。好き。
また触れ合ったとしてもやっぱり恋人にはしてくれなさそうな線引き的なものを勝手に感じてゾクゾクしてました。

江口さん攻めもとても自然で良かった!

全体的に満足です。

1

新たな魅力を発見できた気がする

原作が大っ好きで、ストーリーには何の不安もなく聴き始めました。キャストさんには詳しくないです。
メイン二人はすっと入ってきましたが、吾妻がガタイの良いおじさんとは思えない爽やか声で、過去の悪事もさらっと流れていきそうでした。あんなことしたのに好感度が下がらない声…!あ、でも原作でも私は吾妻わりと好きだったんでした。
コミックスの方はコメディ寄りな印象で、騒がしく言い合う二人を楽しむ部分が多かったんですが、音声で雰囲気のあるBGM付きで聴くと、とてもイイ話だな!?とびっくりしました。うっかり感動したりなんかして笑。新たな魅力を発見できて最高でした!
あのセリフ抜いたんだな~とかはありますが、とても良い感じにまとめてくれてて嬉しかったです。姉崎がパワハラだって批判されそうな部分はマイルドになってたような。
残念だったのが、いいところでイマイチなSEが入っていて、これどういう音!?となってしまった点。何してるシーンかは分かるんですが。
また大好きな原作を読み直したくなりました。

0

絶妙に惜しい!(笑)

江口さんの攻めが気になったので購入しました。
私的にもう少し絡みのシーンが長ければなぁって感じでした。
あまりあってもしつこいのですが、ビッチだからこそ長めにしてほしかったかなぁ…。

あと場面の変わり?シーンの変わりっていうのかな。序盤で何度かそんなシーンがあり急すぎて少し混乱したシーンがありました。

演技に関しては杉山さんががっつり関西弁を喋られていてすごく萌えました(*>ω<)
イントネーションは置いておいて、やっぱり方言はいいなあと思いましたね。
あと野島さんの受けはすんごく可愛いです。

フリトはお二方共気心知れてるからか終始江口さんがいじられてます(笑)
またお二人の絡みが見たいなあと思いました!

3

関西人なので、関西弁が気になって仕方なかったです・・・

部下:御門純一郎(江口拓也さん)×上司:姉崎実紗樹(野島健児さん)のリーマンものです。
原作は未読なのですが、野島さんが久しぶりにBLCDに出ると知って、はりきって購入しました。
しかも、最近すごく気になっている石谷春貴くんも出演していて!(コンビニ店員と思われる)彼がメインになることを楽しみに待ってます。

嫌いな上司が酔いつぶれたので家に送っている途中にゲリラ豪雨にあってしまい、近くのラブホに入ることに・・・。
そこで雨をしのごうと思ったら、まさかの姉崎に襲われるという事態に!しかもハメ撮りまでしたので(姉崎に頼まれて)上司の弱みを握ることに・・・。しかもゲイということも知ります。
そこから上司の弱みに付け込んで、色々するのかなぁ~と思ったら、今度は御門が姉崎に弱み(ドルオタ)を握られることに。。。
とここらへんまでは普通に聴けたのですが、中盤あたりに姉崎の元カレの吾妻(杉山紀彰さん)が出てきてから関西弁が変で気になって仕方なかったです。(申し訳ないですが、関西弁のキャラ出さないでほしいなぁ~と思いました。もしくは関西出身の声優さんでお願いします。)この吾妻ですが、とんでもない男でして・・・。姉崎を捨てて結婚して、離婚してヨリを戻そうとか、本当にどのツラ下げて来たんだよ!って思いましたね。で、まぁ結局、姉崎には振られるので良しとします。

あとは御門と姉崎の甘い話でしたね。というか、もう野島さんの受けは好きですね。途中で野島さんも関西弁になってて、どうしようかと思いましたけど、やっぱり好き!って思いました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

CD

  • 買う