俺と上司のかくしごと

ore to joushi no kakushigoto

我和上司的秘密

俺と上司のかくしごと
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神92
  • 萌×279
  • 萌36
  • 中立13
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
37
得点
897
評価数
223
平均
4.1 / 5
神率
41.3%
著者
嘉島ちあき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
発売日
価格
¥676(税抜)  
ISBN
9784796409179

あらすじ

隠れドルオタの御門は上司の姉崎が嫌いだ。
姉崎は仕事はデキるが、サビ残上等で雑務をすべて部下の御門に押しつけてばかり。
ある晩、飲み会でつぶれた姉崎を送っていくが、終電を逃して二人でラブホに。
そこで突然、姉崎にのっかられてエロいことをされてしまい――!?

表題作俺と上司のかくしごと

御門純一郎 27歳 隠れドルヲタ・部下
姉崎実紗樹 29歳 ゲイの上司

その他の収録作品

  • そのごのはなし(描き下ろし)
  • 2years ago(描き下ろし)
  • カバー下(キャラ紹介)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数37

御門のオンオフギャップが良かった

honto
修正…白抜き
カバー下、裏表紙…あり

0

受けを好きになれるかどうかだと思います。

私はどうしても受けの姉崎の悪印象が最後まで拭えませんでした…

前半、部下の御門に対する扱いが酷すぎるのと、姉崎の中身の軽さも相まってとりあえず読み始めた時点で嫌悪感MAX。
後半にかけて過去のトラウマやビッチの理由なども明かされてはいきますが…それが前半の悪印象を拭える物でもなく…
なんで攻めが受けを好きになったのか全然わからなかったです。絵は綺麗で顔は可愛いですが、キャラ的には受けを可愛いと思えなかった。

最初の悪印象を覆すようなストーリーを入れていればこの作品の印象は180度変わったと思う。

例えば部下に仕事押し付けてさっさと帰るとかじゃなくて裏では密かにフォローしてるとか、チャラチャラしてるけど実は影で努力してるとか。
そういうのがあれば人間的魅力があって絶対に受けが好きになったと思う。
評価下げちゃってすみません。
ただただ惜しいなと思います。

0

好みのタイプが分かりやすい

御門(隠れドルオタ)×姉崎(上司)
姉崎の仕事ができる感に説得力があったらよかったなぁ。

ビッチ受けは好きなのに、普通にモラハラ&パワハラ感があるせいで、姉崎があまり好きになれなかった。御門のCD割って隠すし、自業自得な所もあるのに悲劇ぶるし。
吾妻(さらなるハラスメント感のある当て馬)に撫でられて頬を染める姉崎とか、ドブに落ちる中学生姉崎とか、御門の胸で泣く姉崎めちゃ可愛だったけど。
あれ?結構姉崎のこと好きかも?笑

御門が姉崎を好きになる理由もよく分からなかったけど、根っからの振り回される世話焼き体質なんだろう。

0

かわゆい受け

可愛い! そういう感想がまず出てくるような作品。

所々織り込まれているコメディチックな描写のおかげが非常にテンポがよく、また起承転結がはっきりとしていて、読んでいて爽快さを覚えます。

エロも過不足ない描写に収まっていて、全体的にスッキリとまとめられている印象ですね。濃厚なエロをお求めの方には不十分だとは思いますが… 私的には最初のセックスのみさきが可愛くて仕方ないので、それだけで満足です。

攻めである御門の懐の深さというか、ここまできたら寧ろ無関心なのではと思うほどの優しさには感動します。彼は彼でカッコいいのにちょっぴり残念と言った具合に可愛いキャラクターになっています。

ただストーリー自体には捻りがないのが少し残念なポイントかと。見方を変えれば、安心して読むことができるストーリーとも言えますが。キュンキュンしたい気分だな! という日に読むのがオススメです。

話は変わりますが、こちらのドラマCDも最高にみさきが可愛いので非常にオススメしてます!

0

とても良かった

めっちゃ良かった

攻めがカッコイイ
受けがツンデレビッチ
どっちもしっかり社会人
受けの葛藤とか不安とか悩みを、攻めがキレイに取っ払ってくれる
読後が凄く良い作品でした

吾妻さんもなかなかつかみどころなくてこれからがキャラクターでした

とにかく、攻めがカッコイイ
ドルオタなのに、あんなにオトコマエなんてズルイ(私のドルオタイメージが古めかしすぎる)
攻めが、受けの横暴さも自由さも寂しさも、最初から全部受け止めてあげてたのは、愛ですよね
受けが、「好きになってよ」って言っちゃうところに全てが詰まってたなぁと

何度も読み返したくなる作品でした

0

面白い!!

実は内容は神だったけどビッチ受けが苦手で。。
でも攻めがかっこいい
アイドルオタクなのに顔も体も良くて背も高い。
そして様々な人にやられた受けを愛してくれる。
性格も寡黙でクールで男らしい!それと受けに惚れて嫉妬するのが可愛かった。
オタク攻め好きになった。いままでのオタク攻めはみんな一途でいい男だったからかも。
もちろんこっちの攻めも!
最後まで攻めかっこいい~~~と思った。

0

ふたりでのかくしごとは

傍若無人な上司、姉崎のまさかの正体を知って
弱みを握った部下の御門の下克上ラブコメ…
なテンションで読んでました、はじめは。

姉崎の襲い受け、個人的になかなかにタイプで。
えっち中も強気でエロいのに、名前を呼ばせたがる
甘えたなところもあってしかも女王様。
御門にバレてもしおらしくなるどころか逆に
御門の弱みも偶然ながらにも握りこんでくるタフさ。
さらにゲイであることでの姉崎の弱さが
にじみでてきて、加えて関西弁ですって!?←

御門との関係性の変化や、当て馬吾妻の絶妙に
いやらしいちょっかいのかけ方もいいかんじで。
思いもよらぬ真面目展開に引き込まれました。

ただ、普通にこんな上司は嫌だろうし、
好き嫌いは分かれるでしょう姉崎に私は完全に
ハマったため、今までの姉崎の行動は完全に
棚においていたら後半の1コマのモブレシーンに
私だけが大ダメージをくらうという…><

が、最後は御門との包み込まれるようなお清め
えっちで想いが通じ合って気持ちが救われて、
幸せを感じられて良かったです…。

かくしごと…御門はドルオタを、姉崎はゲイと
いうことで、ふたりでのかくしごと(吾妻は除く)は、
職場恋愛ってことなんですね〜♡

1

かわいい!

絵柄が好みで表紙買いしました。
姉崎さんがとても可愛かったですヾ(*´∀`*)ノ
終始2人にキュンキュンでした!
大嫌いだったはずの上司をいつの間にか好きになっている、良い!!
ヤってる時の姉崎さんにとても萌えました。。。

とにかく胸キュン!!
ラストがとても切なくて泣きながら読んでました‪w
とても読み応えがあり、素晴らしい作品でした。いつの間にか終わっている!退屈せず読めます!
部下×上司が好きな方におすすめです!是非読んでみて下さい!!

0

誰かの一番になりたかっただけ。と思う、姉崎さんが切なくて。

辛い恋しか経験してこなかった姉崎さんが切なくて。本当は、ゲイだからそうなんじゃ無いんだけど。 男女間の恋愛だって『誰かの一番になる』というのは簡単な事では無いんだけど。
姉崎さんは、それを自分で 隔ててしまう。

前半で、酔って一線を越えてしまった会社の上司・姉崎さんのハメ撮りを撮らされた事で、秘密の共有をする事になる御門。自分の落ち度で、逆にドルオタな事がバレてしまい、お互いに弱味を握り合っている事にしているけど、ちょっと無理があって可笑しい。どう考えても、ハメ撮り > ドルオタ だと思うんだけど。なので、ドタバタコメディだと思って読み進めていると、それがいつの間にか、姉崎さんの切ない恋の物語になっている。

中盤から出て来る姉崎さんの元セフレがクズ過ぎて。引きます。そうは言ってもBLあるある当て馬ですけど。バイの人って、結婚はしたいから付き合うのは女性で、男性とのセックスはノーカンっていう。このタイプは割と多い。現実も実はそうなのかなぁ、なんて思うと暗澹たる気持ちになります。
姉崎さんのトラウマになるのも分かる様な気もします。
だから御門への気持ちを自覚して、徐々にそれが大きくなって行き、溢れてしまうというのが、丁寧に描かれていると思いました。一方で御門の方は、経験値が低いせいか、割と早めにその気になっちゃうっていう。ドルオタですもんね。

御門のモサァと下ろした前髪とメガネは本当に地味なんだけど、その重たそうな瞼とタレ目はちょっと色っぽくて。クるものがあります。色気があるよね、彼は。姉崎さんが即採用!したのも分かる気がします。

1

分厚い単行本に対して、内容が普通。

嫌いな上司 姉崎がゲイだという秘密を握る反面、自分がドルオタだという秘密を握られてしまう御門。

自分がゲイだということに拘り続けている姉崎は、見ていて何とも痛ましく感じました。

内容としては……普通。
可もなく不可もなく……
悪く言ってしまえば「10日後には忘れていそう」です。

『花とうさぎ』を読んだときにも感じたことですが、嘉島ちあき先生の作品のお話は、自分にはどうしても合わないようです……
イラストは綺麗で好きなのですが……残念です。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ