俺と上司のかくしごと

ore to joushi no kakushigoto

我和上司的秘密

俺と上司のかくしごと
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神155
  • 萌×2120
  • 萌50
  • 中立15
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
45
得点
1420
評価数
345
平均
4.2 / 5
神率
44.9%
著者
嘉島ちあき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
ISBN
9784796409179

あらすじ

隠れドルオタの御門は上司の姉崎が嫌いだ。
姉崎は仕事はデキるが、サビ残上等で雑務をすべて部下の御門に押しつけてばかり。
ある晩、飲み会でつぶれた姉崎を送っていくが、終電を逃して二人でラブホに。
そこで突然、姉崎にのっかられてエロいことをされてしまい――!?

表題作俺と上司のかくしごと

御門純一郎,27歳 ,隠れドルヲタ,部下
姉崎実紗樹 .29歳 ,上司

その他の収録作品

  • そのごのはなし(描き下ろし)
  • 2years ago(描き下ろし)
  • カバー下(キャラ紹介)

レビュー投稿数45

喜歡,看得我有點著急

喜歡修羅場喜歡攻動心喜歡這種風流受(?)就是雖然主動,但是攻被他吃得死死的,受就是很撩555,但是脆弱時候又很讓人心疼,希望兩個人趕緊把話說開在一起啊啊啊啊,離婚渣gay不要妨礙這對小情侶啊啊啊

0

リアリティ?のあるリーマンモノ

リアリティ、、がある気がする、アネザキの諦念に(当事者じゃないヤツがリアリティってなんだ?!って話ですが)。キラキラお花畑なBLではなくて、しっかり苦い、リーマンモノです。

まず、ビジュアル的にミカドが上司でアネザキが新入社員なのだと完全に勘違いしてました!逆か。でもそれが良い。1冊でいろいろ起こってるのでスピード感もあるし、かと言って横恋慕マン(ネーミングセンス・・・)も雑じゃなく良い男で、、!

今作だけでも綺麗に終わってるので、2巻の展開が読めず楽しみです。

0

ドラマCDを聴いて再読しました

大好きなお話です!序盤の力関係が入れ替わるシーソーゲームが楽しくってニヤニヤします。御門も姉崎もめっちゃ好き。吾妻もわりと好き。一番好きなのは「そのごのはなし」のラスト一コマかな。ちゃんとカップルになった実感を持てるところが最高です。
ドラマCDの後に読み直すと、そういえば御門って陰キャだったんだなあと思いました。髪上げてるし、常に言いたい事叫んでるから暗い印象が薄かったけど、インドア派のドルオタでしたね。姉崎はなぜかとても可愛く見えてきて困りました笑。
上司として理不尽に見える姉崎ですが、デキない奴に仕事振ってるわけじゃないし、御門は部下として信頼されてるんだと思います。それで何でも言い合える関係性って萌えます。
徐々に御門に惹かれながらも、元彼の吾妻とヤっちゃいそうになる姉崎。このどうしようもないダメな大人がたまらなく好きで。個人的には最後までいってても良かったです。どっちの展開も萌える…!
くっついてからの姉崎の戸惑い顔も大好きです。付き合ってからの二人がすごく気になったので、続編は嬉しすぎでした。また何度も読み返すと思います。

1

本当は「神」です‼

初めて読んだ嘉島ちあき先生の作品です。

デザイン会社勤務 御門 純一郎と主任 姉崎 実紗樹のお話。

激務のデザイン会社に勤める御門は秘密がありました。
それは、アイドルグループKKB 岸めいこ推しの隠れドルオタと言うこと。
ある日、会社の飲み会で酔っ払った上司を送ることになった御門。
駅から自宅の住所がわからず、大雨も降ってきたため、仕方なくラブホテルへ入りました。
起きない上司をベッドに寝かし、自分も横で寝たのですが…。

自分の上司にラブホテルで襲われるという衝撃の展開から物語が始まります。
最初は、御門を振り回す鬼畜な上司 姉崎の良さが感じられないかも知れません。
でも、読み進めていくうちに、姉崎の抱えている苦しみや悲しみが伝わり、胸が締め付けられるでしょう。

イケメンで仕事も出来る姉崎は、ゲイであるが故の経験から一生誰も好きにならないと決めています。
恋人も作らず、セフレも作らず、一夜限りの相手とだけ遊んでいました。
一方、残念なイケメン御門は、苦手だった姉崎に襲われた代償として「自分とのエロ動画」をゲットします。
姉崎の弱みを握り、これで平和に暮らせると思ったら…ドルオタの部屋を見られてしまって…。

お互いの弱みを動画で持つ2人。
その後、姉崎は御門の部屋に頻繁に訪れるようになります。
カップラーメンを食べて、DVDを観て、だらだら過ごすだけ。
もちろん、セックスなんてしない関係。
自分の居場所を見つけたように感じていた姉崎。
ところが、御門は姉崎のことが気になり始めていました。

恋なのか恋じゃないのか…。
後半は、姉崎の元彼が転勤して来たことにより、切なくしんどい展開になります。
ここからは、ぜひネタバレなしでご覧ください。
ゲイは幸せになれないと自暴自棄になっていた姉崎に御門が真正面からぶつかりますよ!
開かないドアの前で1人泣く姉崎の場面から涙が止まりませんでした。

このお話には当て馬が登場します。
姉崎の元彼 吾妻さんです。
マジで地獄に堕ちて欲しい…。
脇キャラは、2人の会社の同僚、御門の友人 花村くんが登場します。
全員モブですがいい人達でした。

Hシーンは、本編に2回あります。
それぞれ2人の関係性やシチュエーションが全く異なるセックス。
おすすめは、両想いになった2回目です。
優しく姉崎を抱く御門と姉崎のセリフにまた涙が溢れました(泣)

描き下ろし『そのごのはなし』
本編のその後のお話。
御門のドルオタが会社でバレてしまい…。

描き下ろし『2years ago』
本編の2年目のお話。
中途採用の御門を面接したのは…。

「どうやったってゲイはみんな一生孤独で幸せになんかなれないんだ」
姉崎だけでなく、セクシャリティの問題で悩む人たちが抱える不安と葛藤。
誰もが幸せになりたいと願い、誰もが幸せになる権利がある。

まだスタートラインの2人ですが、こらから幾つもの季節を過ごし、お互いに強い絆で結ばれることを願います。

個人的には、姉崎が辛かった分、御門とのラブラブな日々が見たかったな~。
…と思っていたら、続編『俺と上司のかくしごと つづきのはなし』が発売されました‼

めちゃくちゃ良かったので、続編と併せてお読みください。
最後は、嬉しさと幸せな気持ちで満たされますよ♡

追記:
この作品はBLを読み始めた頃に出会い、当時は物語の設定や真意などがわからないまま読みました。
そのため、姉崎が抱える苦しみや悲しみに耐えられずに付けた評価が「中立」です。
後から、何度も作品を読み返してストーリーの奥深さを感じられるようになりましたが、修正可能期間を過ぎてしまい評価の変更が出来ませんでした。
評価を下げてしまい、本当に申し訳ありません。

3

好き>苦手な要素

思い出したように読み返したくなって、読む度に心を抉られるんだけど、何だかんだ言ってまた読みたくなる。
そんな作品ってありませんか?
地雷要素がいくつか入ってて、しんどいのに読んじゃう。
わたしはこの作品がそれです。

御門の上司・姉崎は、部下に仕事を押し付けて自分は定時に上がる、勝手にカップラーメンは食べるわ、アイデアは姉崎、実働部分がほぼ御門という仕事でも手柄は独り占め、女子社員にいい顔をして、常にヘラヘラチャラチャラ。
挙句にいつも違う香水の匂いを振り撒く遊び人。
アイドルのめーちゃんだけが癒しの御門は、そんな姉崎が嫌いで…。

出だしから姉崎がほんっとうにどうしようもないです。
こんな上司がいたら毎日ストレスで禿げ上がりそう。
御門の「嫌い」という気持ちをそのまま味わえるので、この時点で御門とリンク完了。
あとで冷静に考えたら、この時点でどっぷり作品に絡め取られていることに気付いて、「ヤラレタ!」と思いました。

苦手が多い人にはしんどい出来事がモリモリ出て来ます。
酔ってぶつかった相手に、路地裏で2人がかりで…とか、自分でコナをかけて関係を始めたのに、実は彼女もいて、結婚するからおしまいネ!なんて男とか、その男との再会で狼狽えちゃったりとか。
このしんどい部分が全部はっきり描かれてるから、余計にしんどいんですよ。
文字だけの回想ならまだ斜め読みで回避もできるけど、絵で見せられてしまうから、脳裏に焼き付いてしまう。
そうすると、苦手度合いが高ければ高いほど、抉られます。

でも終わり良ければ何とやらで、ラストの御門の台詞が何もかも吹き飛ばしてくれるんだなあ。
いいこと言います。
そのおかげですごく良い話を読んだなあという気持ちで読み終えることができるので、また読みたくなってしまう。
読んだら心を抉られて、「ぐうううう…」ってなりつつもラストで…の無限ループ。

中毒性があります。
ものすごく地雷耐性が低い方には強くはお勧めしませんが、地雷と分かっていても覗き見たいという好奇心が優ってしまう方は、きっとわたしのように無限ループにはまり込むことでしょう。

かさぶたは自然に取れる前にむしってしまう。
そんな方にお勧めです。

1

ちゅうシーンの独白に萌え〜

上司の姉崎が自己中でやだわぁ〜こういうキャラ、嘉島先生作品によく出てくるわねぇ。
と思っていたら…エロいし切ないし…ボロボロになってきて、御門へのちゅうと好きだの独白で萌え〜萌え〜となりました。

姉崎が御門へ「…むかえにきて…」からの、ちゅうのシーン。
最初、御門目線で、後に姉崎目線で姉崎の独白「…キスしたい していいかな」が、あったのがほんと好みで。

その辺りから、切なく乙女のようになり、最初の頃と別人みたいですねw

そこからボロボロになって、御門の所へ行き、抱きついて頭ぽんとされて「ああ、どうしよう 好きだ」と抱きしめるとこはやられました。

こじらせて「ゲイだから」を連呼する姉崎に御門よく言った!!と拍手!
さすがドルオタ!(違う)

先生が描くちゅう…顔の角度とか好みど真ん中です。

2

絆されました

好きです…!
自分勝手は自暴自棄の裏返し。
ただ上司ってだけでワガママ放題な姉崎さんに完全に絆されました。確かに「陵辱」説明ついちゃう無理やりな初回は、酔って記憶飛ばしてる傍若無人さがSぽさ込(受)だしパワハラぶりもヒドイ上司ですが、落ちました。
洗面所の床が!あんなに!サイコーにセクシーで切なくなるとは!!!
何度読んでも悶えます。

あの面積に入っちゃう姉崎さんのサイズ感!玄関前でもお風呂場でも倒れちゃう姉崎さんも、もう、ダメです、いじらしくて、コドモみたいに剥き出しに「好きになっちゃったんだから」て泣かれたら御門くんでなくても落ちます…。
さらに「好きになって」て。
読み返すたびに姉崎さんと一緒になって泣いてしまいます。

攻様の御門くんがまた、冴えないヲタだけど人に対してフラットでこれは惚れます。特に前半、姉崎さんがすることなすことパワハラでセクハラなのに抗えない御門くんがお人好し過ぎて、でも歪んだ姉崎さんをまともに受け止めて正してくれるなんてそりゃあ惚れるよ!!!

はあ…、様々な表情を始め、キスの描き方も、切なくて切なくて嘉島先生の漫画がほんと好きです…!!!もちろんえっちも熱いです。

姉崎さんを拗らせさせた直接の原因になる吾妻は、クズ of クズみたいな人間で、これまでに私が読んだBLはまだ少ないですけどトップに君臨するクズぶりです。捨てた姉崎さんに捨てた娘を「可愛いやろ」て見せるとこ、これが人の親ていう気色悪さにゾッとしました。
姉崎さんも妻だった人もこの娘も幸せにしてないし、御門くんにも逆恨みで社会的に笑い者にするという最低な報復をしているし…とにかく人として最低で、色事への持っていき方も手練れか!ていう許せなさなんですけど場面はエロいです…。
姉崎さんが拗らせすぎて判断歪んでる頃のモノローグに「御門(ノンケ)に惚れるなんて吾妻さん(バイ)に惚れるより不毛」ていうのがあるんですが、それは指向のせいじゃなく吾妻という人が最低なだけでは!?てマトモに返してしまいました。
しれっと御門のネクタイで手を拭いてたり、なんだか憎めない人扱いなのおかしいよ!?て。
いくら誕生日覚えてたからて、人の気持ちを気にしないとこは補強されないので、絆されないでほしーなー、てラストが若干不満です。
御門くんしっかり姉崎さん捕まえておいてほしい。

最初は、若干間違えたかなて思ったのですがどんどん引き込まれてまんまと絆されて姉崎さんがいじらしくて仕方がありません。
何回も読んでしまう作品です。
CDもあるみたいで、でも吾妻さん聴く勇気がないなあて迷い中です。

1

「BLの王道」という印象

「王道」。THE・王道。
ゲイなのを隠す受けの元彼当て馬がよりを戻そうとして…という、
10年くらい前の、オメガバースとかがまだ台頭し切る前くらいの頃のTHE・王道を、1冊にした本。
ベタではあるが、そのベタで王道なのを高クオリティでまとめあげ、濃くない絵柄で一冊で読めるので、人にお勧めとして1冊押し付けるなら相手を選ばず自信を持って出せる本。シリーズでもなく1冊で読めて話もスッキリ。
BL界から代表で1冊出すならコレ!まである。

2

御門のオンオフギャップが良かった

honto
修正…白抜き
カバー下、裏表紙…あり

0

受けを好きになれるかどうかだと思います。

私はどうしても受けの姉崎の悪印象が最後まで拭えませんでした…

前半、部下の御門に対する扱いが酷すぎるのと、姉崎の中身の軽さも相まってとりあえず読み始めた時点で嫌悪感MAX。
後半にかけて過去のトラウマやビッチの理由なども明かされてはいきますが…それが前半の悪印象を拭える物でもなく…
なんで攻めが受けを好きになったのか全然わからなかったです。絵は綺麗で顔は可愛いですが、キャラ的には受けを可愛いと思えなかった。

最初の悪印象を覆すようなストーリーを入れていればこの作品の印象は180度変わったと思う。

例えば部下に仕事押し付けてさっさと帰るとかじゃなくて裏では密かにフォローしてるとか、チャラチャラしてるけど実は影で努力してるとか。
そういうのがあれば人間的魅力があって絶対に受けが好きになったと思う。
評価下げちゃってすみません。
ただただ惜しいなと思います。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う