アキハバラフォーリンラブ

akihabara fallin' love

アキハバラフォーリンラブ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神39
  • 萌×263
  • 萌42
  • 中立10
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
23
得点
583
評価数
157
平均
3.8 / 5
神率
24.8%
著者
嘉島ちあき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784832288850

あらすじ

長谷川悠貴、25歳。 ひと通りのことは器用にこなすサラリーマン。 俺の目下の悩みは、行く先々で出くわす秋庭さん。 可愛い顔してオタクな秋庭さんが 秋葉原でカツアゲされているのを助けて以来、 なにかと巻き込まれるハメに…。 そもそも『オタク』が苦手だし、 いくら童顔で線が細いとはいえ男だし、 正直、関わり合いたくない…と思うのに そんな無防備な笑顔を向けられたら グラッとムラッときちゃうじゃないですか――!!! お人好しリーマン×受難体質オタク表題作ほか、 高校生幼なじみの再会ラブも収録! 描き下ろしあり★★★

表題作アキハバラフォーリンラブ

長谷川悠貴,お人好しサラリーマン,25歳
秋庭歩,受難体質オタクのニート,30歳

同時収録作品臆病者のアイラブユー

転校生(高校生) 鯉沼源太
高校生 幼馴染み 一ノ瀬春樹

その他の収録作品

  • おまけマンガ:シンパシー/プロポーズ(描き下ろし)
  • カバー下:あとがき(描き下ろし)

レビュー投稿数23

是非スピンオフと合わせて

先に「先生、もうダメですっ」を読んで、こちらも気になり購入しました。

オタクに偏見のある長谷川×オタクでニートな歩のストーリー。
普通なら交わらないであろう2人が、秋葉原を舞台に偶然会ったりなんやかんやで恋に落ちるという王道ラブです。

やはり歩の弟、悟のキャラクターが光っています。
完全に主役2人を食ってる気が…。
ちなみにスピンオフの方でも強烈な個性を発揮しています。
こちらで悟が気になった方は、スピンオフも是非読んでいただきいです。

秋葉原がお話の舞台なので、女装メイドカフェが出てきたりして楽しいです。
歩の部屋のフィギュアや、お気に入りの漫画の設定までちゃんとされています。
巻末のおまけまんがで長谷川がその漫画を読んでるんですが、悟の同人誌もどんな内容なのか知りたかったな〜。

幼なじみの再会モノの短編が同録されていました。
6年ぶりに再会した幼なじみが男っぽく成長していて、戸惑い&ラブ再燃。
こちらも勘違い、すれ違いを経ての両思いという王道でした。

0

あれ?と思う点はいくつかあるけど

好きなタイプの作画の表紙に惹かれて購入して数年経ちましたが、6年前の作品とは思えない、古さを感じさせない作品でした。

カツアゲされているオタクを助けようとして、自分が伸されしまった長谷川。
気がつくと見知らぬ部屋。襖を開けるとそこにはゲイのカップルがいて…。

勘違いに次ぐ勘違いで、笑いのツボも盛りだくさんで楽しい。
ゲイカップルと思ったのは助けたオタクの秋庭兄弟。
種明かしされた場面ではそんなことだろうとは思っていましたが、どっちが兄と弟という点では読者も驚かされると思います。
長谷川が勘違いで突っ走りつつも、すべての勘違いが取り払われたあとに残った自分の感情に気付くシーンもおかしい。モノローグで相当笑えます。

がっつり秋庭兄弟に絡んでいく長谷川ですが、「あれ?」と思うことがいくつか。
いつの間にか毎日秋庭の家へ通っていて、ごはんを作ってあげるのが日課になっている長谷川ですが、最初のあの流れからどうやって通い詰めたのか、というのがひとつ。
借りたTシャツを返したあと、通う理由がないんですよね。
「毎日買ってきた惣菜ばっかりだな」って言えるほど通う理由…。うーん。
さらに長谷川の「オタク」へのトラウマ。冒頭で眼鏡をかけているだけで「オタク」と思われることが嫌で仕方がなかった幼少期のことが描かれているわりに、秋庭の世界にガンガン入っていっている。女装へのためらいなんかはあるものの、トラウマとは絡めてこないし、秋庭のことも「オタクだし…」みたいな逡巡もないのです。
あそこまでしっかりしたトラウマ設定、必要だったかなと思ってしまいました。

そんな感じで気になるところはあるものの、そんなの全く関係ないというくらい萌えました。
やっぱり「笑いと胸きゅん、好きな作画を添えて」は最強。

同時収録は6年ぶりに再会した幼馴染みの話です。
小6でアメリカに行ってしまった源太のことが好きだったハルが、帰ってきた源太にいろいろ戸惑い、傷付き…という、胸締め付け要素がどーんと詰まった短編。

表題作の秋庭の資金源が羨ましすぎるので、気になる方は一読を。

0

受けが可愛すぎる!!

受けの子が天然で鈍感で、それに翻弄される攻めが堪らないです!
攻めの子の器用なはずなのに受けの子の前で見せる不器用さもいいです!
受けの子の笑顔や照れた顔など表情がどれも可愛くて、これは好きになっちゃうな。と納得します。

オタク嫌いリーマン×オタクニートの勘違いから始まりどんどん攻めが深みにハマっていき目が離せなくなりついついお世話しちゃうというストーリーです。

ちなみに受けの子がエッチなシーンでのトロトロになる姿はとても可愛いですよ♡

0

※スピンオフ新作についても触れています

スピンオフ発売で6年前の元作品を。
連呼される「ホモ」に時代を感じつつ、それでも、やっぱり嘉島先生の、恋をするふたりが好きだなあて思いました。
その上で〜、歩くんがとにかく長谷川くんにひょいひょい出会うのはさすがに、アキハバラ狭いなあ!て笑ってしまう、そこは確かにファンタジーです。
新作の方で、やっぱり単にロトのプロてだけでないていう経済力の理由が6年越しにわかって少し納得。不運体質なのにくじ運はいいとはいかに?って疑問だったので…。

悟が、鈍い顔してわざと邪魔してんのかなあなどと疑っていたわけですが、改めて読んで、詳しくは新作に委ねますがやっぱりかなり厄介だなあと思いました。
6年先まで持ち越す伏線は、今作だけ読んでたら単に放置された謎になっちゃって、なかなか釈然としませんね。はっきりするまでが長くて長谷川くん不憫でした。
表紙のほうが長谷川くんが可愛くて若干残念。

同時収録の高校生ストーリーはものすごく青春!!とっても好きです。
切ないなかにも、生々しい高校生らしさがあって、とても胸に迫ります。嘉島先生の漫画好き〜!!!てなりながら読みました。
受け攻め逆でも見たかったですが作品としてきゅんと読み応えがあって短く感じませんでした。

それにしてもこっちに、新作収録のアキハバラ番外編入ってまとめててもよかったのにな…っても思うくらい。もう少し、が、いつも欲しくなる、ずっと読んでたい作家さんです。

0

いかにもBL漫画

◾︎表題
◾︎長谷川悠貴(25歳,会社員)×秋庭歩(30歳,ニート)
嘉島先生の作品「俺と上司〜」「花とうさぎ」既読ですが、こちらも含め始まり方があまり好きになれず。この作品は終わり方もなんだか拍子抜けでした。
BL漫画っぽいといえばBL漫画っぽくて、展開も二次創作のような良く見る感じ…下手な御託なくスルッと恋に落ちるところは好きです。意外とそんなもん。

嘉島先生の告白シーンはいつも良いです!臨場感があって。表情とか、必死な様子が大変魅力的。

部長と部下、出来てるな(腐った目線)
弟は腐男子自称してる割に勘が鈍い


◾︎ 臆病者のアイラブユー
表題よりこちらの方が好きなんです!ストレートに高校生モノだと、自分が嘉島先生に感じる"BL漫画らし過ぎる"とこがプラスになるようで。
このいかにもボーイズラブなすれ違い、良いですね〜

0

想像通りの秋葉原の物語

タイトル通り秋葉原でのお話ですね。しかも受けの名前が秋庭(あきば)さん。

舞台も秋葉原でとっても秋葉原らしい展開?で。

攻めが受けになぜかしょっちゅう遭遇しては助けるお人好しで、男なのに受けにムラムラ来ちゃって。
受けの弟は腐男子で。

攻めは学生時代眼鏡なだけでオタク認定されてオタクが苦手に。でも受けはガチオタク。でも可愛くてほっておけないタイプ。

可愛いお話なのですが特に心に残る物はなく。どこに萌えろと?確かに受けは可愛いドジっ子だし攻めがはまるのもわかりますが。

短編も幼馴染の再会物でありがちな展開で。
ずっとお互い好きで。昔は相手の方が小さくて。ありがちです。

ありがちばかり言ってごめんなさい。

0

タイトル!

特に気にしてませんでしたが、あとがきで作者さんがフォーリンラブて、と周囲の方にすっごいいわれたエピソードを披露されてて、確かに、今時言わないか、と逆に面白くなってしまいました。

「俺と上司のかくしごと」で大好きになった作家さんです。
この作品も、いろいろわちゃわちゃしてて、ちょっとコミカル地立てて楽しめました。すこーしラブの動機が弱かったかな。。

お話は、かわいいけど5才も年上のオタクでニートの秋庭さんに、偶然出会って何やかや世話を焼いているうちに好きになってしまうリーマンの長谷川さんのわたわたぶりを楽しむ感じです。
長谷川さんが栄養を心配して料理までするようになり、胃袋つかんだ設定でもよかった!?

秋葉さんの弟がいいキャラでした。腐男子で、いつも兄の部屋に来て、あまつさえ長谷川さんの料理もお相伴しているのですが、男の娘メイドカフェで臨時バイトしたり、二人にHなポーズとらせまくったり、あっけらかんとして絶対気づいてる系の若干はた迷惑な見守りキャラが面白かった。

1

続くと思ってました

ちるちるでの評価も高く、作家さんも好きなので迷わずに購入しましたが私の中では真ん中の評価でした。
絵も可愛らしいし、攻めも格好いいし、元々ノンケなのにお互いに好きになっちゃうし二人が両想いになるまでは萌え萌えだったのですが初めてのエッチから最後の秋庭さんの収入の謎までが急に感じました。ノンケ同士ならではのエッチまでの失敗とか、恥ずかしがる秋庭さんの表情とか、くっつくまでと同じボリュームで読みたかったです。

特にもやっとしたのは、秋庭さんの収入がロトでの当選金だと言う終わり方。長谷川くんも信じてなかったけど、私もそれはなんかあまりにファンタジーが過ぎるんじゃないかと笑ってしまいました。てっきりその事について詳しく語られるお話が続くのかとページをめくったら全く違う作品が収録されていて、え?!あれでお仕舞いなの?!と驚きました。

同時収録のお話も幼馴染みの再会もの、学生もので可愛らしいお話で、とても楽しめますよ。

0

嫌いなはずのタイプに恋したら

表題作オタクの秋葉さんって名字からそのまんまで笑えました。

長谷川くんは過去の出来事からオタクが嫌いなのに秋葉さんを好きになってしまったのでその恋は本気の気持ちだと思います。
最初に発生した兄弟BLかもしれないという疑惑はすぐに違うなと分かるくらいの深刻なものではなく、呑気に読める作品かなと思いました。

秋葉さんが可愛い見た目に反して長谷川くんより結構年上だったり、メイド喫茶のオーナーや秋葉の友達メイドのキャラが濃かったりと表紙の印象に比べドタバタコメディーといった感じでしょうか。

秋葉さんは見た目的になんとなく料理が得意そうだと思ったので、料理を振舞って長谷川くんの胃袋を掴むのかなと思いきや秋葉兄弟そろって料理がからっきしでしたw

そして出来合いのバランスが悪い肉系おかずばかり買っている兄弟に長谷川くんが料理を作ってあげていてとても優しいなと思いました。
毎日秋葉さんに会うためにも料理を作りに通ってしまう姿は惚れた弱みですね。

【臆病者のアイラブユー】
この作品好みでした!
一緒に育ってきたけど好きだと自覚した直後、幼なじみが家族で海外に行ってしまって6年経った今彼が帰って来た!どうする?という流れ。

幼なじみは自分よりも成長していたけど優しさは変わらず……
ハッピーエンドでほっこりしましたがそこに至るまでに程よい切なさもあって良かったです。

1

アキバさんに萌えたぎる!!

とにかく萌えの詰まった作品でした!(≧∇≦)
30歳ニート、アキバさんが可愛すぎます。
ノンケの長谷川さんが気になってしかたないのも無理はないです(笑)

私はシリアスなお話が好きですが、嘉島さんのお話はシリアスじゃなくてもキュンキュンします。BLはファンタジー!のファンタジー的な萌えをいつも提供してもらっている感じです!(*^_^*)
この作品はテンポもよくて、楽しく読めました!

ちなみに、アキバさんのニートでも生活できる理由は驚愕です(笑)

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う