体感予報

taikan yohou

体感予報
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神233
  • 萌×230
  • 萌15
  • 中立6
  • しゅみじゃない4

11

レビュー数
40
得点
1336
評価数
288
平均
4.7 / 5
神率
80.9%
著者
鯛野ニッケ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
ISBN
9784799760086

あらすじ

「明日は晴れなので、この男は俺を抱くだろう」
人気上昇中のイケメン気象予報士・瀬ヶ崎の正体はとんでもない暴君だ。
崖っぷちエロ漫画家の葉はそのことをよく知っている。
なぜなら葉は瀬ヶ崎と同居し、家事全般…その他いろいろを担っているから。
こんなことになったのも、漫画家として売れない葉の衣食住を保証してもらうため
『瀬ヶ崎の言うことを全部聞く』という契約をしてしまったからで!?
描き下ろしは嫉妬と溺愛の嵐吹く一夜

表題作体感予報

瀬ヶ崎瑞貴,ウェブメディア出演気象予報士
棚田葉,売れないエロ漫画家

その他の収録作品

  • 「ただいま」って言うから(描き下ろし)
  • カバー下漫画 (紙書籍版)

レビュー投稿数40

萌えてんこ盛り

ニッケ先生が描くと、王道恋愛マンガがこんなに読ませる作品になるんですね!

みんなが憧れるキラキラなイケメンなのに受けちゃんだけには俺様で、強引で、ひねくれてて、でも言葉のはしからこぼれる執着…
すれ違い、あまあまお世話、看病きっかけなど、あれどっかで…な少女マンガでよく見る王道。
が、それが軽すぎず重すぎずとてもいい塩梅で、しかも説得力があるのです。

男女だと、俺様な彼氏なんてムカつくだけなんですがね。
この二人は愛のあるソフトなSMって感じだからかな

いやとにかく先生さすがです!

5

この最低な攻めが最高に好き!

色んなところでプロモーションされてて、単話の試し読みもしてから、コミックス化したら読もうと心に決めていた作品です。

亭主関白気味な俺様攻め。
実社会ではそういう男が1番好かんのですが、創作上となると話は別。
顔のイイ攻めが受けに執着するのが堪らんでした。

圧倒的に言葉足らずで、言葉はすれ違ってしまいますが2人とも態度に好きがダダ漏れているため大きくすれ違わずに済むのも安心設計。

何故晴れの前の日だけに…なのかが気になってましたが、理由がすんごい現実的っていうかそんなこと⁉︎で力が抜けましたw
前もって抱くぞって予告されて、その日一日中ソワソワしちゃう葉が可愛かった。

素直に好きって言えない葉も、シーツ大量買いしたり酔っ払ってヤキモチ全開になったりして可愛いです。
あと、漫画家さんの描く漫画家キャラが楽しかった。
漫画家あるあるとか、売れない漫画家の苦悩とか絶望感ね。鯛野先生にもそんな時期があったのでしょうか?

1巻の記載があるので続くんですよね?
うれしいなー♡

6

待ってました!!

買いましたよー!みなさん笑
ずっと1位ですので購入せざるを得ませんでした笑 他作品を購入して欲求を抑えていたのですが勝てませんでした。
さて、内容ですが、葉くんかわいいのなんの。だんだん素直になっていくところ!!!最高でした!かわいすぎます。
正直瑞樹がなぜ葉くんにここまで執着するのかが気になって読んでいたので、その経緯もしっかり描かれていて良かったです。過去の恋愛経験も聴きたかったなー
エロシーンもたくさんあって満足です笑

4

ほっこりする

受けと攻め、どっちもかわいい…!
なんか日々の疲れから解放されると言うか、癒し効果がある作品でした。
すれ違いネタは定番ですが、今回の二人は性格とキャラデザが極めて自分好みでとても楽しめましたね。
それに攻めの表情が大変良くて。受けに対する愛がもうビシバシ伝わってきます。酔っ払った受けにしがみ付かれた時の表情なんてもう!これだけで寿命が延びる!世界って美しい。
受けの泣き顔も素晴らしくて、こりゃあ攻めが惚れ込むのも無理ないですねっ。外面いい攻めが受けの前でだけろくでなしの人間性を出すとこも大好き。
受けのオタク友達もよきでした。友達に嫉妬しまくりの攻めも大変よきでした。

4

イケメンの嫉妬最高〜!

圧倒的に言葉が足りない。
帰ってくるなり眉間にシワ寄せて「飯。」って‥昭和の夫??
それでて実は受けを溺愛&受けの友人(♀)に嫉妬からのマウント発動ってオチなので安心して読んでください。笑

攻めの幼少期がとんでもなくかわいい♡
お顔など高スペックすぎて誤解を招いた事をキッカケにトラブル回避術(笑顔対応)を身につけた5歳児。頭良すぎぃ!

なんだかんだと流されるチョロい受けちゃんはちょっと腹黒で可愛いのだが、おかっぱボブ?がいただけない。
年齢的に大人なのに見た目が子供っぽ過ぎて少々違和感。(個人の感想です!)

病人にカレーのくだりで笑った。
あの笑顔製造機なイケメンに素で怪訝な顔をさせた功績は大きい。
で、その不味いカレーを葉に気付かせない為の神対応にスタンディングオベーション(๑´ω`ノノ゙✧
やれば出来るのに普段は言葉足らず…なんだ!?この矛盾!笑笑

6

萌えなかった…

絵の綺麗さがとても素晴らしく、神率も高いですが、なぜかイマイチ気にいることができませんでした。
結構期待し、単行本化するのを待っていましたが、思ってたのと違う…となってしまい残念でした。しかも、値段も高かったのでちょっと落ち込んでいます。

二人の馴れ初めや初えっちなどが描かれていたら、もっと良いものになったなと思います。
あと、攻めに流れっぱなしの受けの性格があまり好みではなかったです…。何もかも攻めに頼りっきりで、それなのに自分の意見はまともに言えなくて、攻めに誤解ばっかり与えて…。攻めが可哀想だと思いました。そもそも葉ちゃんはゲイなのかな?でも女体が好きとか、女が好きだと書かれてあったので、バイってことですかね…?攻めも男と付き合うのに抵抗がなかったのかな?
そのあたりの説明を明確にしてほしかったです。
また、漫画内でのテンションの差が、上がったり下がったりで、読みにくかったです。

逆に良かったところは、攻めの不器用さがとても可愛かった!生意気な俺様キャラも良かった!束縛しちゃうところも最高!
えっちシーンで受けがとろとろになるの可愛いかった!
サブキャラ?の万さんの性格も好きです!


所々、説明不足な点があったり、受けの性格が気に食わなかったりしたのが原因かもしれません。続編でそのような部分がどう補われるのか期待してます。

9

単話配信だったから、毎話えっち♡大満足

電書で単話配信されてて
1話無料で読んで心鷲掴みにされた今作。
いつになったら単行本出るんだろー?と首を長くして待つ事2年。とうとう単行本になりました。祝!
(単話は買わないので続き読んでませんでした。すみません。)

もうもう!大満足でした。
私の好きなのが詰まってました♡

【好きなところ】
・意地悪な攻め。でも、ちゃんとお世話もしてくれてスパダリ

意地悪な事言ったり偉そうにしてるけど、実は受けに対しての大好きが溢れてて意地悪しちゃってんのなー。


・受け視点だけかと思いきや、友達の腐女子視点、攻め視点もある。双方の視点ある作品大好き!

両視点ある事で、両片思いの勘違い拗らせってとってもよくわかる。言葉が足らないのと、言い方が悪いのと、勝手に思い込んじゃってる事でお互いの気持ちが伝わってないの。
受けの葉くんのオタク友達、万ちゃんもまたいい味出してる。
攻めの瑞貴が嫉妬から万ちゃんと会ってみたいって言い出してお家ご招待からのやりとり面白すぎた。
オタク丸出しのテンションで割と失礼な事言いまくってる。(こーゆー時、対人と接してる感覚じゃなくなっちゃって画面越しの相手に独り言言ってる感覚になっちゃってんだろなって思った)鯛野先生オタクの心情表現上手だわ〜。
しかし、漫画の作業通話中に話してた、推し(瑞貴)と彼氏の話が同一人物って知った後のパニックからの過去会話のあれこれ反すうしてのニヤつきったらないだろーな。マヂ実録系漫画描きたくなるレベルの興奮案件。
アップしたらSNSでバズるわ。

瑞貴視点は、なんで葉を好きになったのかの種明かし。
葉と瑞貴の出会いから興味を持つまでのお話。
これ読むと、なんでカレーの具がシーフードや鶏肉の日に、豚肉じゃねーんだよっ!キレてんのかわかります。読者的には瑞貴のこーゆーとこ可愛いけど、全く葉には伝わらないよ?

・二人共のキャラデザが好きすぎる。
優等生サラサラヘアの草食男子に見えて細マッチョ(運動してなさそうなのに、こんな腹筋割れてる人いないでしょうが)で、絶倫テクニシャンのS攻め。
マッシュヘアのモブ男子に見えつつもかわい子ちゃんで泣き顔がめちゃくちゃソソるM受け。
私は、SMのSはサービスのエスだと思ってます。
なので、Mが望む事を汲み取ってしてあげるのか良いSなので、実はMに奉仕するのがS。
瑞貴くんは良きSです。
SM作品ではないですが、いじめていじめられての関係性の二人はライトSM。
全編通して泣き顔がそそりますね。そそられてる攻めの満足そうな顔も良いです。

電子連載作品だからか、元から修正の要らない構図で、ちんが描いてないにも関わらずしっかりエッチでした。ソルマーレ編集部って電書専門のところで連載していてビーボーイコミックスとして発売するのってどういう契約なの?って変な感じします。ドラマCDと同じような感じなのかな?
全然関連性のない会社から発売される。

9

いまいち萌えきれない

電子で読んでて最初はめっちゃ良い!と夢中になってたのですがやっぱり攻めの言葉足らずがこの先いざこざを引き起こしそうで少し不安です笑
とりあえず受けが攻めが自分を大好きなことをわかったし、カレーの話はまだ電子で買えてなくて萌えました…自分をまっすぐ見てくれて不器用なとこが好きなんですね、
ちょっと物物足りなくて次入れて!って思ったのは初エッチ…!!!
単行本や特典にもないですよね?!?受けはゲイではなく普通に女の子が好きということだったので初めてとか開発とか嫌がらなかったのかとか(それだと幾ら奴隷でも従順すぎるし初エッチ無理やりなら個人的に萌えないなと………)
ニッケ先生の絵柄は大好きだけど、横暴俺様言葉足らず攻めにいまいち萌えきれなかったのと初えっちがどうなってるかによるので中立にさせて頂きます…

7

圧倒的ひねくれ溺愛攻め

言葉足らずなのに、どうしてこんなにも甘いのー!

お互いに大好きで大好きで仕方ないくせに、
周りからみればそんな気持ちバレバレなくらい溢れちゃってるのに、
通じ合えずすれ違ってばかりの二人にじれもだ時々キュンしっぱなしでした。

二人のちぐはぐなやり取りをみていると言葉って本当に難しいし、
大事なんだなぁと改めてしみじみ感じ入ってしまいました。

人気のイケメン気象予報士・瀬ケ崎に養われている売れないエロ漫画家の葉。
生活の面倒を見てもらう代わりに料理に洗濯をし、瀬ケ崎の我儘をきき、
果ては瀬ケ崎に抱かれ、葉曰く奴隷契約のような関係性の二人。
そして、瀬ケ崎が自分を求めてくるのはなぜか決まって翌日が晴れの日で…。

とにかく俺様で異常なまでの執着体質でひねくれまくりな瀬ケ崎ですが、
口や態度はイジワルでも終始葉への溺愛っぷりが滲みでておりました。

葉には可哀想ですが、葉がオタク友達の万さんの家にアシスタントで
泊まると知った瀬ケ崎が執着&ヤンデレを爆発させるシーンは控えめに
いってもう最高!
完全に勘違いではあるのですが、どんなことをしてでも葉を
手放したくないという想いがひしひしと伝わってきてキュン不可避!
でも、結局はプルプルと震える葉(天使)を前にするとひどいことなど
できるわけもなく、拗ねてしまう瀬ケ崎がヘタレみがあってやっぱり
憎めないのです。

嫉妬してしまうのも、束縛してしまうのもひとえに葉への愛ゆえ!
てっきり葉ばかりが振り回されているのかと思いきや、瀬ケ崎もまた
葉の一言一句に振り回され、いつ捨てられるのかと怯えているのかと
思うといとおしさが溢れてしまうのでした♡

葉のデレや嫉妬、甘えてきたり、そんな些細なこと一つで
とんでもなく嬉しそうだったり、意外と甘えたな一面があったり、
読めば読むほどに葉の前でだけ見せる瀬ケ崎のギャップが増えてゆき、
怒涛の萌えに心臓ってこんなにぎゅんぎゅんするものなんだ…と
己の心拍数に危機を覚えました。

そして、これだけ葉大好きーなくせに、
安易に「好き」とは口にできないところがまた良いのです。
一度だけエッチの最中にエッチにかこつけて「俺も好き」とは
言っているものの、そのとき以外は見事に素直じゃないんだから!
「俺の寵愛を一身に受けておいて…」だとか
「どうしたら俺だけのものになんの」だとか
「未来永劫他の誰ともしないと誓え」だとか、
それだってほぼ告白のようなものだけど、こんな恥ずかしい台詞は
吐けちゃうのに好きの一言だけは言えないって可愛すぎではないですか///

二人の出会い編では瀬ケ崎が葉に惚れた顛末が描かれています。
はじめはキモっとか言っていたのに、ちょっと素の自分を見抜かれて、
ちょっと看病されたくらいで落ちちゃうなんて意外とベタなんだから(* ´艸`)
同時に葉のいいところに瀬ケ崎だけが気づいちゃったんですね。
初めて外見だけじゃない本当の自分を見てもらえて、嬉しかったんだろうなぁ。
葉にも伝えていないみたいだけれど、ぜひ瀬ケ崎の口から伝えてほしいです♡

基本的に登場するのは瀬ケ崎と葉の二人のみですが、
唯一その他の登場人物として描かれているのが葉のオタク友達である万さん。
瀬ケ崎はこの万さんに幾度となく嫉妬してしまうのですが、
当の本人は気象予報士である瀬ケ崎の大ファンなのです。

そして、瀬ケ崎の嫉妬のあまり万さんを自宅に招いて対面するのですが、
そのとき第三者である万さんの口から「恋人同士」という言葉が出ることで
初めて二人の関係が恋人であることを実感することができました。
それまでも恋人ではあったのだろうけれど、あまりに二人が素直じゃなく、
この関係をどう受け取ればいいのか迷っていたので、万さんのお陰で
そうだよね、この二人って恋人同士だよね!と、彼女のポジションの
重要性を再認識しました。
ちなみに瀬ケ崎は一方的に嫉妬しまくりですが当て馬臭なんて皆無の
人柄の良いきれいでオタクなお姉さんで大好きなキャラでした♪

この1冊で既に完璧すぎるくらいのハッピーエンドではあるのですが、
ぜひこの二人のイチャ甘続編を読みたく候…そっと正座待機しております!

8

最高に言葉足らずな溺愛

初めて単話で追いかけた大好きな作品( ^ω^)
言葉足らずなんですけど、そこがまた面白く心の中でずっと突っ込みを入れてしまう位でした❤️
1話ごとに変化してく2人を主(マンション)と共に見守って萌え悶えて幸せを噛み締めておりました❤️
葉の自覚に喜びと、瀬ケ崎の嬉しそうな笑顔と照れには昇天という心の忙しさは必須( ^ω^)
紙本の分厚さには感無量と感謝❤️
何回も単話と紙本で繰り返しの読み返し( ^ω^)
本当に素敵な作品をありがとうございます❤️

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う