寄宿舎の黒猫は夜をしらない(上)

kishukusha no kuroneko wa yoru wo shiranai

寄宿舎の黒猫は夜をしらない(上)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神168
  • 萌×251
  • 萌12
  • 中立5
  • しゅみじゃない7

230

レビュー数
22
得点
1085
評価数
243
平均
4.5 / 5
神率
69.1%
著者
鯛野ニッケ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784199608742

あらすじ

吸血鬼は、この学園のどこかに身を潜めているんだと思うんです。
まるで、僕らの友人のような顔をして――

世界中から良家の子息が集う寄宿学校、ブラン・カレッジハイスクール。
1年Aクラス・Xハウスに所属するユキは、学年トップの奨学生(カレジャー)だ。
誰ともつるまず孤高の存在のユキに物怖じせず話しかけるのは、代表監督生(ヘッドボーイ)のジーンだけ。生徒たちの憧れの的で、絶対的な存在だ。
ある日、同級生のアウラが学内で何者かに襲われた!!
その首筋には、まるで吸血鬼に嚙まれたような奇妙な傷痕があって…!?

表題作寄宿舎の黒猫は夜をしらない(上)

ジーン・ミィシェーレ,ブラン・カレッジハイスクールの2年生
ユキ・ハセガワ,ブラン・カレッジハイスクールの1年生

その他の収録作品

  • NGカット①
  • NGカット②

レビュー投稿数22

どちらも綺麗で美しい


この本の読者のほとんどの方がまず世界観を気に入ると思います。言うなれば、ハリー〇ッターのような雰囲気の学校を舞台としていて最高です。

攻めのジーンも受けのユキもタイプの違ったほんとに綺麗な顔をしています。ジーンはまつ毛バサバサでユキは名前の通り冷酷そうな綺麗な顔です。また、お話中に登場するキャラクターもひとりひとりタイプの違う顔立ちをしていてアウラはとても可愛くてふわっとした顔をしていたりキャラクターのビジュも凄く良いのでポイント高いです。

上巻では、謎を提示されているだけであり下巻ではその真相が分かると思うので期待しています。ジーンとユキの関係性の変化も気になることはもちろんですが、ミステリーという面でも楽しむことの出来る作品です。

0

吸血鬼ではなく吸血人類

パブリックスクール+吸血鬼って萌えますね。

わりとあっさりと吸血鬼の正体は明らかになりましたが、吸血人類の辛さが伝わってきて胸が痛みました。自分では止められない吸血行動、そして後悔と飲みたくなかった血の味。
この美しい人は綺麗な笑顔の裏でこんな辛い思いをしていたのかと思うと。
星の鱗粉は、他の人たちは見たことないみたいでしたね。ジーンが頻繁に星の鱗粉で苦い思いしているのに。これが、真実の愛の場合のみ発動、とかだったらドラマチックだったんですけどね。ジーンはそれだけ魅力的、ということでしょうか。

パベルたちは、どうなるんでしょう?
それこそ、アウラは星の鱗粉を好きだから出したんでしょうけど、パベルを忘れてしまうなんて。
好きになればなるほど、星の鱗粉を出して、吸われる、そして忘れられる。
なんて辛い巡り合わせなんでしょう。

上巻ではあまり雪の活躍がなかったので、下巻に期待です。
吸血行動に興味ある少年や、クロネコたち。どう事件に絡んでくるのか。
楽しみです。

1

愛される悲劇

鯛野ニッケさんはなんとなくあんまり読まないのですが、刺さりますよね。

寄宿舎もの。小説では読みますがマンガでは珍しいのかな?描き込まれてますね。

孤高の奨学生ユキとユキを口説く生徒会長ジーン。ユキをスノードロップと呼びスキンシップ過多で。誰もが憧れるジーンなのにユキはとても素っ気なくて。
しかしその素っ気なくてジーンを好きにならないところがいいらしい。

それは…。
愛される苦しみ、ジーンは恐怖と自己嫌悪に苛まれてきて。ユキになら愛されてみたい…。

学園の秘密もまさかので。一人じゃなかったんだ!というか学園の存在がそもそも!

美しい絵と先が気になる物語。
ジーンはユキの愛を得られるか?
ユキが特にトラウマや差別やポリシーもなく一人を選んで、正直者なのだとしたら良いですね。

0

寄宿舎は秘密の園

舞台は、世界中の良家の子息が集う寄宿舎学校『ブラン・カレッジハイスクール』、幼稚舎からあるこのカレッジでシニア編入組でありながら学年トップの奨学生の長谷川雪。
カレッジの皆が孤高のcool beautyと噂する。
そんな雪に物怖じせず話しかけてくるヘッドボーイを務めるジーン。
生徒たちの憧れの的で絶対的な存在。

そんな、ある日同級生のアウラが襲われたと、しかも首筋に噛み跡が、、、
閉鎖的なカレッジにある秘密とは、、、

とにかく、寄宿舎と言う響きが背徳的で、しかも雪もジーンも美形で美人さん、ジーンの歯の浮く様なセリフもジーンだから似合い許される!!そんなジーンのセリフにもクールな対応をする雪がまるで懐かない黒猫の様で美しい!!
表紙は上下で対になり、カバー下も何やらあるので見てみて!!
NGカットもあり!

0

相変わらず鯛野ニッケワールド全開!

↑いい意味で!
表紙で既にジーンが吸血人類であることは
ネタバレしているのですが、
メインカプのジーンと雪が
簡単には出来上がってしまわないのが切ない!

『星の鱗粉』と吸血の作用。
それと小さな誤解からすれ違っていく気持ち。
総てが切ない。
ジーンの苦しみと雪の心情の変化。
そして物語のキーとなるアウラ。
とにかく切ないの洪水!

頑な雪は少しずつジーンに惹かれていき、
ジーンは愛することに怯えている。
そんな二人がどうやって歩み寄るのか。

一つの謎が明かされるところで、
次巻に続く!
上下巻一緒に買っておいて良かった‼

切なさてんこ盛りで、
評価は「神」!

1

よいBL

絵が綺麗でお話もしっかりしていてキャラクターの感情も伝わってきてこれは正によいBLです。

吸血鬼モノということで吸血衝動とかの設定もストーリーの中で回収出来るので難しくなくするっと読めます

出てくるキャラクター全部好きだなぁーと思えるくらいキャラクターの描写も魅力的でまだ下巻読んでないんですけど2巻で終わっちゃうの???という気持ちです。

1

いい意味で期待を裏切られました

寄宿舎もので、吸血鬼ものということで、何となく自分の中で物語を想像してたんですが、見事に裏切られました。
面白かったし、切なかったし、うん。よかった!
詳しく書くとネタバレ書きそうなので、上手く言えないんだけどw
キャラクターや設定、ストーリーも良かったです。
メインのカプだけでなく、周りのキャラ達もよくて、それぞれいい味だしてました!すき!
絵柄は、表紙の通りで、期待を裏切りませんよ!
Twitterなどで活躍してる!?ミニキャラのゆきにゃん、可愛くて好きです!

1

全てが美しく愛に溢れた物語

下巻までの内容でレビューします。ネタバレというほどではありませんが、ほんの少し結末に触れています。ハピエンかそうじゃないかまで知りたくないという方はご注意下さい。


どこを切り取っても素晴らしいの一言。BLの枠に収まらないクオリティです。ネタバレなしで読んでいただきたいのであまり詳しく語れないのですが、深く美しい愛の物語。主人公達のCPの他にもう一組のCP(パベル×アウラ)が深く物語に絡んで来ますが、この二人の関係性は涙なしには語れない...下巻は何度も感涙必至ですのでティッシュ箱のご用意をお忘れなく!でも最終的には愛に溢れた素晴らしい結末。決して暗い気持ちになるようなことはないのでご安心ください。

BLの枠に収まらない…と書きましたが、この作品の素晴らしい所はストーリーがとてもしっかりしていながらも、ちゃんとBLだという所です。少年達の切なくも瑞々しい恋心がしっかり描かれていますよ。そうした意味でも完璧です。

美しい絵柄、情感に溢れ詩的とも言える台詞の数々、BL的萌え、ミステリーとしての面白さ、ファンタジーとしての魅力的世界観…全てがここにありました。

2

ネタバレなしで是非読んでほしい!!

本当にストーリーが素敵すぎる!もちろん一人一人のキャラクターも素敵なんですが、ストーリーが涙なしでは読めません!!でも最後はハッピーエンドなので、それにむかって是非ネタバレなしで最初から順を追って読んでほしいです!

2

期待以上

BLとしても、物語としても最高でした。
ストーリーも楽しみたい方におすすめです。
その上、エロも最高です。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う