お前に天国の快楽を教えてやろう

熱砂の王子と偽りの花嫁

nessa no ouji to itsuwari n ohanayome

熱砂の王子と偽りの花嫁
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
8
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784866570433

あらすじ

会社員の日生庸は、一夜を共にした"極上の男"アズィーズと、赴任先の砂漠の国・アハダルで再会する。
実は彼はアハダルの次期国王で、政敵をあぶりだす為に花嫁になれと庸に命令してくる。
逆らうことはできず、王室の権力争い巻き込まれていく庸。
体から始まった関係だが、自信家なアズィーズの内に秘めた孤独を知って惹かれていく。
彼の息子・ルトフィーにも懐かれ、対外的にはアズィーズの想い人として王宮で過ごすが、結局は偽りの花嫁で…。

表題作熱砂の王子と偽りの花嫁

アズィーズ、砂漠の王国アハダルの次期国王28
日生庸、アハダルに赴任したエリート商社マン28

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

受けが不愉快

表紙がきれいだったので手に取りました。
この作家さんを読むのははじめて。
結論としてはハズレ。
ビッチ受けで警戒しましたが、ビッチというより、頭とお股のゆるい人。
有能なビジネスマンらしいんですが、自分が働く国のことをまともに調べてないのに有能なはずがないし、左遷の原因となった不倫相手にもウエメセで不愉快。子供に対しての態度も無責任。

とにかく受けが不愉快で、まったく萌えを感じませんでした。エロも平凡。攻めは空気。
この受けを愛され系の素敵キャラと思って書いてるなら、この作家さんとは合わない。
二度と手に取らないと思います。

6

アラブの王子とビッチ受け

アラブの王子×ビッチ日本人+ちみっこ、というお話です。

ビッチな商社マンの受けは、男相手の不倫で左遷され、アラブの小国への出向を命じられる。飛行機での旅の途中、トランジットで極上の男を引っかけ、かつてないほどのめくるめく時を過ごしたのだが、それはその国の皇太子だった。不幸な偶然が重なり、受けはスパイ容疑をかけられて…。

ありがちなアラブものにおいて、まず受けがビッチなゲイだという設定が新鮮でした。セレブな男を引っ掛けるために自分を磨くことも怠らなかったので語学は堪能、仕事はできるし顔は絶世の美貌というキャラ。
日本で不倫がバレてアラブの小国へ飛ばされたものの、素晴らしい結果を出して返り咲こうと闘志を燃やしているへこたれない人です。
かたや攻めは、その小国の皇太子。褐色肌のイケメンで、一度受けに引っかけられて素晴らしい一夜を過ごしたものの、母国で再会したのがあまりに偶然だったため受けをスパイ認定。王族らしい傲岸不遜さで受けを拉致って拷問(痛くないやつ)します。

誤解が解けたあとは、悪役の目をあざむくために偽の花嫁になるのですが、協定を結んでからもかなりケンカップルっぽい関係性です。体の関係込みの偽花嫁なのでエロは多め。でも攻めの息子だという5歳男児が出てきたり、その子が受けに懐いて一緒に折り紙折ったり、和み要素もあります。
ビッチ受けがだんだん攻めに惹かれ、でも自分はしょせん偽物の花嫁だし…と思ってブルーになったりするところに萌えました。

受けのキャラクターは面白くて楽しめましたが、攻めのほうはややステレオタイプ。思い込みで受けを拉致ったり、受けを疑ったりするので、短絡的な印象を受けました。基本子供っぽい暴君で、最後は持ち直すし可愛げも時々あったのですが、受けと同い年設定だったので、いっそ年下設定にした方が良かったかも。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ