溺愛ハンスと愛されグレーテ

dekiai nansu to aisare gurete

溺愛ハンスと愛されグレーテ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
著者
 
媒体
小説
出版社
日本エンタープライズ
シリーズ
発売日
価格
ISBN

あらすじ

飢饉による貧しさから、口減らしのために森へ捨てられてしまった幼い兄弟、ハンスとグレーテ。
森に棲む魔法使い・ルーカスは、無断でお菓子を食べてしまった兄弟を咎めることなく、自分の家に招き入れて、共に暮らし始めた。
温かな食事に、柔らかなベッド。兄弟が望むものは、ルーカスによって惜しみなく与えられ、大切に育てられた。
貧しさも悲しみも戸惑いも怒りも存在しない、穏やかな日々。
あっという間に十年が経ち、ハンスとグレーテは、とても美しく成長した。
金の髪と碧い瞳を持つ兄と、漆黒の髪と同色の瞳を持つ弟。二人はまるで似てはいなかったが、それを指摘する者は、この森にいなかった。
「愛しているよ、グレーテ。誰よりも、何よりも、お前を愛している」
赤ん坊のグレーテを腕に抱いた、その時から…いつもそばにいて、愛し続けると、ハンスは誓った。何よりも大切な、愛しい宝物。
ハンスは毎夜グレーテを抱きしめて眠り、グレーテはハンスの優しい口づけで朝を迎える。
満ち足りた生活の中で、けれど、ただひとつ。決して破ってはいけない約束があった。
ハンスは、愛しい弟に繰り返し囁く。
いいかい、グレーテ。決してこの森を出てはいけないよ―…

評価・レビューする

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ