雷神とリーマン三

raijin to ryman

雷神とリーマン三
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神29
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
151
評価数
31
平均
4.9 / 5
神率
93.5%
著者
RENA 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
クロフネCOMICS くろふねピクシブシリーズ
シリーズ
雷神とリーマン
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥718(税込)
ISBN
9784799735664

あらすじ

些細な変化だった。
初めてのアルバイト、オオムラと見る花火、チカコの作ったシフォンケーキ、
水槽を泳ぐ金魚、様々な体験と認識が雷遊の知らない感情を揺り起こす。
大村はそんな雷遊の変化を知ってか知らでか変わらず傍で見守るけれど…?
大村の少年期のエピソードも明かされる大人気シリーズ、なんだか少し波乱の第三弾!

表題作雷神とリーマン三

雷遊, 人間になりたい雷神(攻・受設定無)
大村, 28歳, サラリーマン(攻・受設定無)

その他の収録作品

  • 第七話 運動の卷(描き下ろし)
  • あとがき
  • 雷の電力(カバー下表)
  • 三つ巴と勾玉(カバー下裏)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

これもBLだと思う

非BLにカテゴライズされちゃってますけど…
これも私はBLだと思います。しかも、かなり純愛な感じの。

まだ人間界に降りてきたばかりで、自分の感情が何なのか理解できていない雷遊。
でも大村や大村との生活を大切にするあたり、確実に愛情がはぐぐまれているように感じます。
そんな雷遊の変化を見守る大村も、大人でいいです。
二人の距離は他のBL漫画と比べたら近づくスピードはかなり遅いですが、
それでも少しずつ近づいているのが分かって、胸がきゅんとさせられます。

次巻で二人の関係がどう変わっていくのか楽しみです。

4

一気に切なくなってきた

3巻通じてエロはないです。今回、手首に口付けたのが唯一か?というくらい。
でもこの作品は買ってしまう。心が満たされます。
3巻に入って一気に切なくなってきました。
というのも、最後の方の雷神の心情が過去形なんですよね。
「手首にくちづけた理由は 今もまだわからない」
「記録の引き出しを開けた時 いつも一番初めに出てきたのは この時見た笑顔だった」
なんかもうこれだけで泣けてきます。
この後、二人はどういう運命をたどるのだろう?やはり雷神は人間にはなれない?
雷神は一人残されてしまうのだろうか?
第4章はクライマックスということなので
とても楽しみ&どんだけ泣かされるのか…といったところです。

4

本物の 尊い 

この作家さん自体が神かと。
後引く切なさ。

pixivで番外編見ても泣けます。

0

この2人の出会いに大感謝

 雷遊の方も大村に対する特別な気持ちを大分自覚してきたみたいなので、もうBL作品といってもいいんじゃないかなと思います。2人とも根が思いやりある人格なので、終始穏やかで温かい空気が漂っていて読んでいる側も心地良いですよね。雷遊のチートさに笑い、彼のふとした言動に大村と共にきゅんとし、時々人間や生き物であることの尊さを思い出させられる。この繰り返しがこのシリーズ最大の魅力であり、改めて好きだなぁと感じました。雷遊が本当に人間になれるのか、大村を恋愛的意味で好きになれるのかはもう二の次でいいから、とにかく2人で思い出を重ねている今この日々を大切に生きていって欲しい、そんな気持ちになる3巻でした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ