俺は仕事ができない

ore wa shigoto ga dekinai

俺は仕事ができない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神34
  • 萌×231
  • 萌31
  • 中立10
  • しゅみじゃない12

--

レビュー数
16
得点
397
評価数
118
平均
3.6 / 5
神率
28.8%
著者
ちしゃの実 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
ISBN
9784801961395

あらすじ

それなりに順調な人生を送り、そこそこの企業に就職した名鳥。 しかし入社5年目を迎え、同期が次々と出世していく中 仕事ができない上に、デキる年下上司・市ヶ瀬[高校時代、名鳥に憧れていた後輩] に叱られるという日々を送っていた。 仕事を辞めたいと思った名鳥は 「こうなったら誰かに養ってもらうしかない!」という究極の考えにたどり着く。 早速、男女問わず条件の揃った最高の養い手を探そうとするが―― なんと、本当に現れてしまって…!? デキるモテメン年下上司×クズなおちゃらけ先輩部下 じれったもどかしいオフィスラブ★

表題作俺は仕事ができない

市ヶ瀬 洸(27歳・上司・高校バスケ部後輩)
名鳥一希(28歳・ダメリーマン・高校バスケ部先輩)

その他の収録作品

  • 第5.5話(描き下ろし)
  • カバー下 旧友と宅飲み

レビュー投稿数16

石油王が…男体盛りが…キビヤックが…

この話にレビューって…何から語ればいいんだろう???
ちしゃの実作品、いや、BL作品でここまで突き抜けた話、読んだことないよぉー。
ひとつ断言できるのは、このおもしろさは絵で見ないとわからない!

あらすじをザックリいうと、
リーマンの名鳥、高校時代はバスケ部エースとして輝いてたのに、今はまぢで仕事ができない…
それをお世話するのがバスケ部の後輩で、今は上司でエリートの市ヶ瀬。
仕事ができなすぎて将来が不安な名鳥は、”誰かに養ってもらう”宣言!

そこに現れる、特Aランクのエリート(※社内婚活女子ネットワーク調べ)、ヴィジュアルバンドのようなホスト王(実業家)、象に乗ってきたアラブの石油王…
(彼らのぶっ飛んだアレコレは実際に目で見て確かめてくださいw)

非現実的な養い手の登場と、ウマい話に浮かれて乗っかるんだけどすぐに後悔するアホな子・名鳥、そして王子様のごとく名鳥を救い出す市ヶ瀬の活躍ぶり、もうギャグ小ネタが散らばりすぎてて、それを見つけては笑って、読むのに時間がかかりましたw

あっ、そんなドタバタながらボーイズのせつないラブもちゃんと描かれてるんですよ!
市ヶ瀬のなかでは、いまでも名鳥は憧れの先輩のままで、
(カバー下を読むと市ヶ瀬の執着はなかなかなもの)
いまはダメダメな名鳥だけど、カッコいい名鳥さんて期待してくれるのは市ヶ瀬だけで、名鳥も市ヶ瀬をめちゃくちゃ必要としてるんです!
市ヶ瀬だって将来有望なエリートなのに、「市ヶ瀬だけには養われたくない」って、気持ちの裏返しな名鳥の意地が愛おしい。

名鳥はアホな子で、仕事ができないって開き直ってるけど、そんな自分をどうにかしたくて、休日にビジネス書を読み漁ってるとか、もうほんと愛おしさがこみ上げてくる!そんな名鳥の努力を市ヶ瀬がちゃんと知ってるのも嬉しい。

背の高いエリート×小柄なアホな子で、エロいことは”イケナイコト”な雰囲気があります♪
飲んでそそり立たない名鳥のナトリがかわいかったので、修正薄い紙本かRentaをオススメします。
(Rentaでもカバー下、裏表紙ついてました。電子特典はマンガ4P、とある特殊プレイをエロく楽しむ二人が見れます♪)

ドリンク剤を一気飲みしたみたいにテンションが跳ねあがる話でした♪
そこかしこに散らばってる小ネタを見つけるのは宝探しみたいで楽しかったー。
アラビア語の愛してる、キビヤックという謎の食べ物…勉強になりましたw

11

ギャグ満載の中に放り込まれるトキメキ萌え♡

ちしゃの実さんの本は全部読んでるけど、
個人的に受けが鬼門で合う・合わないがあり、購入は博打だったりします。
(初期2冊はOUTで「新婚さん!」はドツボに萌えでした)

そんなこんなでこの作品。
表紙見ても、あらすじみても、サンプル見ても、OUTな予感しかしない…。

でもちしゃの実さんの描く攻めは大好きなタイプばっかり。
大型わんこ・番犬わんこ・獰猛に見せかけ隠れ一途。
今回は年下攻めも加わっちゃったよ。
好きなんだよ。大好きなんだよ。
受けが鬼門っぽいけどイクで!とエイヤっと読んだら……

はー、笑った!萌えた!満足!!ヾ(*´∀`*)ノ

ギャグ満載でストーリー展開していくのに
時々投下されるトキメキがずるいわ~!
コレはヤられる(∩´///`∩)

受けが想像してたようなクズじゃなくて一安心でした。
ギャグの濃さや次々迫るとんでも展開のインパクトのほうがでかくてw
受けはクズというよりおバカで、無自覚に金持ち(男限定)引きつける体質なんだなーと。
攻めはちしゃの実さん既刊の攻めが好きなら間違いなく安定してます。

絵は変わらないけれどペンタッチが変わったなと思いました。
線が太くなって、画面全体が黒くなったなという印象。少々読みくさを感じました。

さてさて。
ギャグシーンになると突然ゴ○ゴタッチな画面…(バキューン!)
暗黒の闇(中二病)に包まれ…(ペガカス羽ばたいてバッサァァァァァ)
突然始まるミュージカルもあり…(ウヒッブキ~♪)
最高にアラブったり、某絵画のヴィーナス誕生しちゃったり。
養い候補には味皇様みたいなひとまでいましたねぇ。。。

ーと、ギャグ満載。
そんな色んなモンをごった煮したストーリー展開の中にトキメキが入るんですよ!
これがもぉぉぉ堪らずキュンキュンしました///

受けがどこへ行こうが追いかけ続ける攻めの姿。
受けはアホだけど、アホなりに精一杯考えてて。
結局のところ高校時代の関係を拗らせてる2人で。
遠回りをしたけれど幸せが見つけられて良かったです。

そんで、初セックスで感極まる年下わんこのお顔が~~~////
高校時代からずっと背中を追いかけてきた相手が腕の中にいる感動。
はぁぁぁぁぁめっちゃ萌える!

年下攻めの執念のヤバさすらもトキメキました(∩´///`∩)
これも一つの一途な+゚。* 愛 *。゚+

3

攻めのこの感じが好き。

ちしゃの実さんの漫画を買ったのはこれで3冊目なのですが、この作者さん、攻めがみんな似てるなーって印象です。
見た目もちょっと似てる気がするのですが、鈍臭いような、ちょっと鈍くて軽くて可愛らしい受けに、必死にアプローチする執着攻めが多いなって感じました。
受けに必死な執着攻めは好きなので、それは全然いいのですが、今回は割とギャグ度が高かったです。

台詞とか心情も多いしコマや絵も多いので、ちょっと見にくいというか、読んでて少し疲れちゃいました。

主人公の受けが雇われたいっていうところが今回の話なんですが、雇い主候補がいっぱい出てきます。

課長やホストや石油王。。
ホストは「くくく、面白い」って言ってるし、石油王は訳ありのようで、この後も出てくるのかなーって思ってたけどそれからは最後まで出てきませんでした。笑

まあ色々あったけど結局攻めと受けがラブラブです。終わりって感じです。

個人的には石油王が好きでした。少し強引でしたが優しそうでしたし、石油王ですし←

まあでも攻めが終始受けにムラムラしてて(?)可愛かったです。
でも受けがなんでこんなにモテるのかちょっとわからなかった。笑 男から見たら可愛いのでしょうか?

「俺は仕事ができない」というタイトルですが、もっと他にあったような...?
いや仕事出来ないのは出来ないのですが、表紙の受けの身体に書いてある「誰か俺を養って」の方がしっくりきてしまう。。
タイトルにまでケチつけてすみません><

こんだけぐだぐだ言ってますが、普通に面白くてキャラも可愛いので萌え2にします。

2

面白い!

これは、ヒューマン系と認識していたちしゃの実さんが思いっきりギャグに振ったというギャップ萌えなのか。ギャグは振り切れててまじに面白かったです。

タイトルはどきっとするんですが、仕事ができない俺、名鳥は、本当に仕事はできないがいつも前向きで努力家、そして何よりどんな男も虜にしてしまうセックスアピール抜群のかわいい男、という設定。

対する攻めは、何でもできるクールタフガイ、市ヶ瀬。実はとんでもない(いい意味で)やつなのだが、最後は名鳥のピンチを華麗に救って、ハッピーエンド。

ストーリーはこれといって新しくはなのですが、とにかくギャグ漫画として非常に面白いです。中だるみもなし。ちしゃの実さんはここに本領があると思う!もっとギャグ漫画を描いて欲しい。

特に、ケンカする二人をのせたタクシー運転手が、突然ふたりがいい雰囲気になったところで、無言でラジオのチャンネルをラブソングに変えるあたり、盛大に吹いた。

勢いとスピードのある1冊でした。この路線継続して欲しい。

2

名鳥が面白すぎる。アラブってる!

面白くてキュンキュンして笑えて展開がコロコロ変わって読みごたえがありました。

アラブってる!この言葉!
次々と男が養い手に現れましたが社員旅行で石油王のくだりで本当に象に乗ってアブドゥルが現れた時は声に出して笑いました。

仕事が出来ない部分は他人事と割りきれず自分を省みてしんどかったです。

市ヶ瀬がずっと名鳥を好きで執着してるのはわかりましたが安易に甘やかさない所は良かったし、名鳥も市ヶ瀬にだけは養って欲しくない所もまあ良かったです。

最後に実は名鳥も最初から(高校時代から)市ヶ瀬が好きだったというところはちょっと説得力がなかったかな。描写がもっとあれば納得したかも。

それにしてもたたみかけるギャグ、コロコロ変わる名鳥のテンション、面倒をみて追いかける市ヶ瀬、面白かったです。

市ヶ瀬の悲願が叶って良かったね!

0

ワニとピラニア

笑いました。
久々に読み直したけれど、やっぱりちしゃの実さんの笑いのセンス、たまりません。

無能でおバカな先輩・名鳥と有能万能な後輩上司・市ケ瀬。
高校のバスケ部で、小柄ながら誰よりも早く高く飛び、「氷のスナイパー」の異名を持っていた孤高の存在。憧れる後輩が後を断たなかった名鳥は、入社5年目、すっかり「何をやらせてもだめ」な社員になっていた。
そんな名鳥に憧れていた同じバスケ部出身の市ケ瀬は厳しく指導するも、名鳥は「誰かに養ってもらう!」と言い出して…。

誰よりもスパダリでした。
仕事はできないけど、名鳥の人たらしっぷりは有能すぎました。
婚活女子社員調べでは特Aランクの課長を皮切りに、ホスト王に石油王、与党の有力派閥を率いる政治家までたらしてしまう。
軽くておバカだけど、いつも真っ直ぐで、落ち込んでもすぐ前向きになる。小柄で可愛くて、じっとしていない。全力でおバカ。そんな名鳥だから、みんな愛さずにはいられないんだろうなと思います。

扶養希望者それぞれがまた濃いキャラで。
上野部長は顔すら出て来ませんでしたが、ホスト王の中二っぽいダークな独特の世界観に完全に引っ張られる名鳥と市ケ瀬が面白すぎました。
石油王は途中からミュージカルになるわ、声が小さすぎて拡声機を使いだすわ、何でもあり。
さらにはワニに噛みつかれる攻めと、ピラニアに頭に齧り付かれている受けを見たのは初めてです。
本当に細かいところまでボケが、盛りだくさんなのに胸きゅん恋愛の筋も外れない。
笑いと切なさとえろすとの融合が素晴らしいです。

おバカキャラは好みが分かれると思いますが、愛せるおバカでした。

0

養いたくなる受

もうなんでもアリなBLです!
仕事ができない名取。年下上司の市ヶ瀬にボロクソ言われながら何とか仕事をしてきたが、もう限界。
誰かに養って貰えばいいんだ!
そんなこんなで、ホスト王やアラブ王。養い手がわんさか出てくるけれど、思い出すのは市ヶ瀬の顔。
実は市ヶ瀬は高校時代のバスケ部の後輩。市ヶ瀬にとって憧れの先輩だった。

名取がクズ過ぎてホント笑えます。
何度となく養い手にフラフラついて行ってしまうし、仕事はできないし。何やかんや市ヶ瀬に甘え放題。でも、養われるのは嫌。
全ては高校時代から続いているんです。
お互いがあの頃の思いのままでいるからなんです。
最後に養うではなく、付き合うという答えがでて初H。ここまでの道のり長かった!そりゃ涙も出る!

ひっちゃかめっちゃかですが、しっかりとまとまったいいお話でした。面白かったです。

0

ギャグがハマれるかどうか

最初から最後まで全編ギャグテイストで勢い良く楽しく読めました。
変顔の時の絵や線のタッチがちょっと少年漫画風で、絵の荒さやちょっぴり古さも感じるんですがそれも味なのであまり気になりません。

新婚さん!が好きで、面白さの中にある切なさや胸キュンを期待してたのですが、今回はギャグ要素が強すぎたせいか最後まであまり萌えきれずちょっと残念。
受けの魅力が伝わりずらかったのも要因かなと思います。

バスケしてた頃のキラキラ感やカリスマ性をもっと見られたらまた違ったかもしれませんが、現在はただ仕事ができないから養ってほしい甘えたな受けちゃんという…
いまいち魅力に欠ける、ギャグが面白いだけの存在に思えました。
なので攻めの執着具合や、養い手からモテまくるのも説得力に欠けるというか…

攻めは口ではガミガミ言いながらも、最初から最後まで一途で見事な執着っぷり!
ツンデレ攻めの皮をかぶった溺愛攻めっていうか、隠しきれてないデレが面白い(笑)

とはいえ、見せ場のシーンや攻めのセリフはところどころ萌え要素やキュンとくる場面もあって、
さすが萌えツボを分かってらっしゃる!
でも個人的に「新婚さん!」で感じた時の胸がギューッと締め付けられるような萌え切なさは足りなかったので厳しめ評価です。すみません。

ギャグにノリきれたらかなりハマれると思います!

3

ドタバタもがいて辿り着く

作者買いでしたが、今までで一番ギャグ度が高かったです。
仕事の出来ない受けが「こうなったら誰かに養って貰うしかない」と考えた事をキッカケに、後輩であり上司の攻めと付き合うまで…なんですが、そこに至るまでが非常にドタバタでした(^^;;
そんな受けの前に現れる、社内の優良物件な上司にホスト王に石油王など、受けの天然の男たらしっぷりが凄い(笑)
求められ流されそうになりながらも、攻めから阻止され踏みとどまる…という流れです。

養われたいと他力本願な受けですが、実はコッソリ努力してるんですね。
攻めの憧れだった受けが、その憧れのままの自分であろうともがく姿がもどかしいけど愛おしい。
攻めがただ執着しているのではなく、受けもある意味攻めに執着していたんだな〜とも思いました。

しかし小ネタの多いこと!
あまりのギャグの多さとそのノリに少々疲れるかな…というのが正直な感想です。
楽しく読めたのですが『萌』評価で。

1

ギャグ×年下攻めが好きな方にオススメ

 ぶっ飛んだギャグ感満載の、ちしゃの実先生の魅力がたっぷり詰まった作品でした。高校時代「氷のスナイパー」とまで呼ばれバスケ部エースだった名鳥ですが、社会人になって一転、まったく仕事のできない人間と化してしまいます。バスケ部では名鳥に憧れる後輩だった市ヶ瀬はいつの間にか上司に。仕事を辞めたい名鳥が金持ちに養ってもらおうと考え始めると、大学時代に知り合った金持ち達から養い手としての立候補が次々と舞い込んできます。ずっと名鳥を慕い好意を抱いている市ヶ瀬がその度にやきもきする羽目になるのですが、最終的には名鳥も市ヶ瀬に惹かれていることに気付き彼の腕に収まります。先も大体読めてしまいますしドタバタコメディかつ展開の早い作品ですが、あくまでギャグ作品として読めば十分楽しめるものだと思います。逆にそれなりのストーリー性を求める方には向いてないですね。特に最後の養い手として立候補してくる男は登場からして非日常感しかありませんでした(笑)。年下×年上や体格差のあるカプが好きな方にはオススメです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う