俺ともできるよね 兄弟セックス

弟はたくさんだ!

otouto wa takusanda

弟はたくさんだ!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×23
  • 萌10
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
80
評価数
23
平均
3.6 / 5
神率
30.4%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
フロンティアワークス
レーベル
Dariaコミックス
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784866570983

あらすじ

海外移住した両親の代わりに、実の弟、義理の弟、隣家の弟(分)、前世の弟という合計4人の弟の面倒を見ている長男・雪。
ある日、弟たちの悪ふざけがエスカレートし、雪は納戸に閉じこもってしまう。
謝りに来た義理の弟の千暁にほだされる雪だが、千暁の態度が一変。
「好きだ。ずっと我慢してきた」と言われながらエッチなことをされてしまい……!?

表題作弟はたくさんだ!

春ヶ崎千暁(21),義弟,セクハラ好き
春ヶ崎 雪(23),4人の弟を世話するブラコン兄

同時収録作品南風が男たちを熱く兄弟にして契らせる

李龍維,海の豪商
思雨,李家の小間使い

同時収録作品薔薇男の夜

山田雅夜,イケメン大学生,薔薇の妖精?
土屋晴純,薔薇好きの大学生

その他の収録作品

  • 弟はたくさんだ!番外編
  • 南風が男たちを熱く兄弟にして契らせる その後
  • その後 普通に付き合ってる

評価・レビューする

レビュー投稿数3

先生にしかない独特なセンスが溢れている

 ちしゃの実先生の作品は個人的にはとても評価が難しいです。ギャグに振り切っているような実はそうでもないような、ストーリー性がないようであるような、訳が分からないような分かるような。読まれた方ならきっと理解してくれるだろう感覚だと思うのですがいかがでしょうか。表題作については、4種類もの弟の面倒を見ている雪が、1人ずつとそれっぽい展開があって、最終的に誰か1人を選ぶか変わらず皆と過ごすかというような結末になるのかと予想していました。が、実際には本当にことに及ぶのは義理の弟である千暁だけで、他3人はそういう意味では大した影響もありませんでした。ではなぜ3人が必要だったのだろうと改めて考えてみましたが、雪の弟マニアという特殊なキャラを際立たせるためと、あとはとにかく濃いキャラの乱立により面白さを出すためでしょうかね(笑)。前世の弟など年齢は雪より上なので、もはや弟でも何でもないのですが、面白さは群を抜いていました。千暁もクールなようで、忍者のように気配を消して雪の前に現れる技を持っていたりと、色々ぶっ飛んでいてギャップに笑ってしまいます。

 同時収録作もギャグの勢いはそのままに、ツッコミどころ満載の作品となっていました。全体的に、受けがもう少し男らしい見た目だともっと萌えるなぁと思います。先生しか持ち合わせていない独自のセンスは大好きなので、それがいきいきと描かれている作品ばかりなのは嬉しかったです。

1

南風、はじめて知りました

これ好きー!なのに、評価を真ん中にしたのは萌えと言う意味では違うからです。でも、めっちゃ下らなくて笑いました。

ちしゃの実さんて、こんなにギャグよりだっけ?と他の作品を見てみたら、つい最近読んだものも下らなかった。

帯の「俺ともできるよね 兄弟セックス」は衝撃的でうっかりリビングに置いておけない表紙なのですが、中身はグロくはありません。本格的にエッチするのは義理の兄弟なので、個人的にもそこはセーフ。ただ、この一家、本当の弟、義理の弟、隣の弟分、前世の弟と弟だらけで、全員お兄ちゃんに甘えまくり、お兄ちゃんも弟大好きで甘やかしまくりで突っ込みどころ満載です。たまーに、しんみりと良い話になりそうになるのですが次の瞬間の下品な台詞や下ネタ行動にひっくり返ります。でも、ちぃちゃん(義理の弟)が素直になれない感じが可愛らしいです。お兄ちゃんは初めてあったときから、ちいちゃんにハァハァしてたし、本能的に他の弟とは違う感情を持ってたんだろうなとは思うのですが、それにしてもそんなシーンもギャグにしてしまうあたり、ちしゃの実さんてあまーいラブシーン書くの照れくさいのかな?

1

テンポ良しのドタバタコメディ♪

表題作+短編2話収録。

全体的にかなりギャグ寄りです。
ちしゃの実さん既刊「俺は仕事が~」よりもギャグ度は上かも…?
で、個人的にはトキメキ度は下がったように思います(ФωФ;

表題作はドタバタ感が強く、
同時収録作は薔薇男のインパクトが強すぎてw
読み物としてはすごく楽しかったけれど、萌え的には評価が難しいぞ;
うーん…とりあえずは抑えめで萌え×2寄りの「萌え」で上げます。

描き下ろしは収録作全てに後日談がありました(*´艸`*)


◆弟はたくさんだ!

義兄弟ものです。
義弟攻め×兄受け…なんですが、この家庭は一風変わってます。

男ばかり5人暮らし。兄1人・弟4人。
弟1:実弟(わかる)
弟2:義弟(わかる)
弟3:隣家の弟分(弟なのか…?)
弟4:前世の弟(年上外国人だけど弟。…ん!?)

ーと、弟といっても半分は他人。
ブラコンで『弟』が大好きな兄は全員を可愛がって世話を焼いてます。

兄は甘えられるのが嬉しくて、弟たちもベッタリで、ツッコミが不在。
全員でお風呂に入るけれど、男5人もいたら湯船に入れないので立ったまま入る。
その状態で水鉄砲で遊ぶヤツもいれば、
弟2はティンを弟1に擦りつけてシコシコシコシコ。
なにこの空間…w
また、媚薬入りローションで意識飛ばして乱交状態。(じゃれてるだけでエッチはしてません)

いや!そもそも『前世の弟』ってなんなんだw

そんな感じのドタバタ劇です。
攻めが4人いるような感覚で話は進みますが、
恋愛的な意味での正式な攻めは義弟の1人だけになります。

義弟が兄に惹かれた部分の描写はありましたが、
兄が4人の中で義弟に惹かれた流れは今一つかな…(ФωФ;
3話にまとめるには登場人物が多すぎたような気がします。

個人的にテンションの高い作品は好きなので、
テンポの良さが面白かったです(﹡´◡`﹡ )

◆南風が男たちを熱く兄弟にして契らせる

民族BLに掲載された作品。
中国近世、『南風』(男同士の性愛)が流行した時代の『契兄弟』のお話です。
(史実ではあるけれど多くフィクションが入っていると注釈あり)

海の豪商・李家の跡取り息子である攻めは、男にモテモテ。
南風には興味ないと全員断り、うんざり気味。
愚痴を李家の小間使いに垂れ流しています。

しかし気付いてしまったのです。
モブだと思ってた小間使いが『めっちゃ可愛いやん……(ゴクリ)』と。

気付いてしまったらもう押さえられない。
南風サイコー!とコミカルに展開していくのですが、
このお話はギャグのみならず締めるところはグッと締めてくれます♪
小間使いの受けがカッコよかった!!
このお話は数話かけてじっくり読みたかったなぁと。

面白かったし主従萌えでした(∩´///`∩)

◆薔薇男の夜

薔薇が大好きで、薔薇に名を付け大事に育ててる受け。
ある晩突然、全裸に薔薇を巻き付けた男が現れます。

本人曰く「薔薇の妖精だ」と名乗りますが、受けは素性を知っています。
『おまえ山田だろ~~~~っ同じ大学の山田雅夜~~~~っ!』←めちゃ笑った。
どうやら記憶喪失になり、自分を薔薇の妖精と信じ切ってるようで…?と展開します。

薔薇の妖精登場シーンがシュールで腹筋痛かったw
インパクト強すぎて感想がそれしか出てこないw
とりあえず面白かったです!!

薔薇の妖精から山田に戻ったあとにキュンとしたんですが、一瞬でしたねw
描き下ろしではなんだかんだ上手くやってる様子が見られて良かったです♪


3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ