天龍皇子の妻恋

tenryu ouji no tsumakoi

天龍皇子の妻恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
27
評価数
8
平均
3.4 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
三交社
レーベル
ラルーナ文庫
発売日
価格
¥700(税抜)  ¥756(税込)
ISBN
9784879190093

あらすじ

祓魔師の葦原凜久はある日、依頼を受けて訪れた水晶ヶ池で封印されていた何者かを意図せぬまま解き放ってしまうという不可解な体験をする。
その夜、使い魔の猫・瑠多とともに泊まっていた宿に突然、狩衣姿の美丈夫が現れた。
天龍の皇子――五百年前、豪族の娘である葦耶姫と道ならぬ恋に墜ちて父皇の怒りに触れ巨岩に封印されてしまったが、
時が満ち、姫の生まれ変わりである凜久と巡り逢うことが叶ったと言うのだが…。

表題作天龍皇子の妻恋

琉黎, 五百年封印されていた天龍の皇子
葦原凜久, 祓魔師, 二十代後半

その他の収録作品

  • 月を追いかけて
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

う~ん、どうも前世ものは不得手だ…

前世で結ばれる事が叶わなかった天龍界の皇子と豪族の姫君。
人である故に転生を繰り返してきた葦耶(かや)姫の魂は五百年を経て生まれ変わり、祓魔師の凛久(りく)として封印から解き放たれた琉黎(りゅうれい)と再会を果たすものの、果たして今世で添い遂げる事ができるのか?

話のほうは、琉黎を慕う天龍界のキャラクター達の登場や、過去の葦耶姫の記録を探していく凛久の行動を通して、読み進めながらどういう経緯で二人が結ばれなかったのかを紐解いていく展開となっている。
薀蓄の織り込み具合も控えめなので読み辛くはないのだが、登場人物の名前に結構堅めな漢字が使われているのが多いせいか、キャラクター像に硬い印象を受けた。

全体的にしっかりした作りの話だと思うが、申し訳ない、個人的にはどうも前世ものが不得手なせいか物語にも攻め受けにも思いを込めにくかった。
感情移入し辛かった理由は、琉黎と凛久が互いに惹かれていく過程にいまいちグッとこなかったから。
凛久が琉黎に惹かれる感覚が、彼自身の感情というよりも葦耶姫の残っていた想いに動かされていた感があったし、琉黎にとっても葦耶姫に対する想いが一番強いんだなって印象を越える事ができなかった。

転生した凛久が祓魔師として生まれたのには意味があるし、彼が思い出せない五百年前の葦耶姫の記憶をどう埋めていくかって行動も頷けた。
終盤で上手くまとまったからこそ、そこにたどり着くまでに琉黎には過去の葦耶姫とは違う現世の凛久自身の魅力を見出してほしかったかなって惜しさを感じた。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ