魔彼 MAKARE~魔は来たりて彼を堕とす~ 天編「Tragheit」【BLCD】

makare

魔彼 MAKARE~魔は来たりて彼を堕とす~ 天編「Tragheit」
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

5

レビュー数
2
得点
75
評価数
15
平均
5 / 5
神率
100%
媒体
BLCD
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
デルファイサウンド
脚本
桃野真幸
原画・イラスト
篁ふみ
オリジナル媒体
オリジナル
CD発売会社
GRISEDGE
収録時間
76 分
枚数
1 枚
ふろく
天地編1巻同時購入特典:キャラクター座談会CD、天編全巻(全4巻)購入特典:天編4組によるオムニバスドラマCD
フリートーク
なし
発売日
JANコード
4549743082516

あらすじ

GRISEDGEがお送りする、オリジナルBLCDシリーズ
「魔彼 ~魔は来たりて彼を堕とす~」のセカンドシーズンが制作決定!

ファーストシーズン続編の 「魔彼 ~魔は来たりて彼を堕とす~ 地編」(全4巻)に加え、
新しい魔彼の物語が登場!
天使にスポットを当てた新しい「魔彼」の物語「魔彼 ~魔は来たりて彼を堕とす~ 天編」(全4巻)
2018年より「地編」「天編」同時リリース予定!

悪魔と人間、そして天使がおりなす、新たなる「魔彼」の物語をお届けします。
屈服、反抗、従属、隷属。その先にあるものは…… 。

天編第1巻「Tragheit」(トレークハイト)
かつては恐れられ絶大な力を誇る魔族だったが、現在は隠居してのんびり暮らしたいと思っている無気力系悪魔・バルド(CV:川原慶久)と、
プライドが高く自他共に厳しいが、バルドに憧れを抱いている高潔な天使・マーリク(CV:白井悠介)の物語。
罪を犯した人間の魂や、魔族・天使の罪人が堕とされる地、タルタロス。
マーリクはその地にある懲罰機関・ゲヘナで、天使でありながら地獄の官吏として職務に励んでいた。
それもすべて、かつて全世界にその名を轟かせていた魔族・バルドを追いかけてのこと。けれど当のバルドは真名を捨てて遁世を決め込み、まるでやる気を見せてはくれない。
自分に好意を寄せるマーリクに対し、バルドは天使と魔族という一線を引いていたのだが…

表題作 魔彼 MAKARE~魔は来たりて彼を堕とす~ 天編「Tragheit」

バルド → 川原慶久

マーリク → 白井悠介

評価・レビューする

レビュー投稿数2

丁寧なストーリーと罪深い萌


白井さんのファンで初めて魔彼シリーズを購入しました。白井さん受け作品は全て聞いています。
全編聞いて一言「今までの白井さん受け作品の中で一番すき!!」

ファンタジー物ではありますがストーリー展開は非常に王道で、わからない用語なども出て来ますが大筋は1回聞くだけですぐ理解できるかと思います。
設定が異世界なだけで、内容は非常に丁寧に描かれていますし、非常に入り込むことができました。

そして肝心のキャラ設定なんですが、マーリクかわいいっ!!バルドかっこいいっ!!!
バルドを追いかけ続けて、恋い焦がれているバルドの姿は非常に健気で可愛らしいし、
絶対的な力を持ちながらも隠居状態のバルドのかくし持つ強さと強かさはとても雄感が強くて、なんだこの理想のカップル状態でした。

白井さんのファン視点でお話をすれば、今まで白井さんが演じるキャラクターが「ビッチ」「なんかメチャメチャにされる!」祭りだったもので(爆) こんなに純情でピュアで攻めが大好きで美しい受けって、初めて。もちろんビッチとかそういうのがとてもお似合いになりますし、そっちも大好きなんですけど…たまにはね!
マーリクのピュアッピュアぷりは白井さん受けを嗜んでいる者としては刺激が強くて、あまりの可愛さに鼻血が出るかと思いました。こういうのを待ってたんです…白井さんの声って本当に美しくて、高貴な存在にぴったりだなぁと改めて思いました。

最後のトラックでやっと二人が結ばれますが、マーリクの純情っぷりが本当に可愛くて…バルドに恋い焦がれていたことを告げる切ないシーン、声を我慢しながら「んんぅっ」って必死なところ、あまりの快感に「ゆるして…っ」っていうシーン、全部全部かわいい…本当にバルドが言うように「罪深い」萌えだなぁと思いました。リアルに初回頭抱えた。
バルドの言葉使いも本当に優しくて、まさにスパダリといった感じ。右も左もわからないマーリクを丁寧に優しく導いてくれるかっこいい攻め…川原さん改めてですけど、ほんといい声。

ドラマCDとしてのクオリティが非常に高く、ストーリー、キャラ設定、そして声優さん全て◎でした。こんな素晴らしいシリーズを購入できたことが本当に嬉しいです。
魔彼はシーズンが続いているので、ぜひこの天編に関しても続編を作って頂きたいです。本当に大満足でした。ありがとうございました。

4

これは間違いなく神作品

魔彼シリーズを初めて聴かせていただきましたが、
設定などはCD付属のパンフレットを読んでから聴くと分かりづらさもなくすんなり世界観に馴染めました。

種族の違い、そして実力もあるからこそマーリクを思いやり距離を置いてるバルドと、とにかくバルドの側にいたい一心なマーリクの、微妙なすれ違いに切なさを抱えずにはおれませんでしたが、だからこそ最後2人が結ばれるシーンにおける萌えといったらこれ以上ない。

川原さん演じるバルドがもうめちゃくちゃ男前で惚れるし、白井さん演じるマーリクは高潔さを損なうことなく、でもとにかく一途でまっすぐでもうとにかく可愛い。天使か。天使だった。
白井さん受けはこれまで全て聴いていますが間違いなく今回が一番可愛い理想な受けだったと思います。

本番は1回ですが、その分2人の心情の動きをとても丁寧に描いてありましたし濃密でしたので大満足です。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ