魔彼 MAKARE~魔は来たりて彼を堕とす~ 天編「Tragheit」【BLCD】

makare

魔彼 MAKARE~魔は来たりて彼を堕とす~ 天編「Tragheit」
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神30
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

11

レビュー数
4
得点
166
評価数
35
平均
4.8 / 5
神率
85.7%
媒体
BLCD
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
デルファイサウンド
脚本
桃野真幸
原画・イラスト
篁ふみ
オリジナル媒体
オリジナル
CD発売会社
GRISEDGE
収録時間
76 分
枚数
1 枚
ふろく
天地編1巻同時購入特典:キャラクター座談会CD、天編全巻(全4巻)購入特典:天編4組によるオムニバスドラマCD
フリートーク
なし
発売日
JANコード
4549743082516

あらすじ

GRISEDGEがお送りする、オリジナルBLCDシリーズ
「魔彼 ~魔は来たりて彼を堕とす~」のセカンドシーズンが制作決定!

ファーストシーズン続編の 「魔彼 ~魔は来たりて彼を堕とす~ 地編」(全4巻)に加え、
新しい魔彼の物語が登場!
天使にスポットを当てた新しい「魔彼」の物語「魔彼 ~魔は来たりて彼を堕とす~ 天編」(全4巻)
2018年より「地編」「天編」同時リリース予定!

悪魔と人間、そして天使がおりなす、新たなる「魔彼」の物語をお届けします。
屈服、反抗、従属、隷属。その先にあるものは…… 。

天編第1巻「Tragheit」(トレークハイト)
かつては恐れられ絶大な力を誇る魔族だったが、現在は隠居してのんびり暮らしたいと思っている無気力系悪魔・バルド(CV:川原慶久)と、
プライドが高く自他共に厳しいが、バルドに憧れを抱いている高潔な天使・マーリク(CV:白井悠介)の物語。
罪を犯した人間の魂や、魔族・天使の罪人が堕とされる地、タルタロス。
マーリクはその地にある懲罰機関・ゲヘナで、天使でありながら地獄の官吏として職務に励んでいた。
それもすべて、かつて全世界にその名を轟かせていた魔族・バルドを追いかけてのこと。けれど当のバルドは真名を捨てて遁世を決め込み、まるでやる気を見せてはくれない。
自分に好意を寄せるマーリクに対し、バルドは天使と魔族という一線を引いていたのだが…

表題作 魔彼 MAKARE~魔は来たりて彼を堕とす~ 天編「Tragheit」

バルド → 川原慶久

マーリク → 白井悠介

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

濡れ場で交わす二人の言葉の全てが萌えの凝縮

無気力系悪魔×高潔な天使という設定。
川原さんの響くバリトン。まさに美声。
白井さんは少し高めのトーンかな?
演技から、バルドを慕う健気な可愛らしさが感じられて好感。

受け→攻めへの好意が一途。
「どんな相談なのだろう」
声に嬉しさが滲んで、恋する乙女♡

内容的には、受けちゃんが攫われて、
悪戯されそうになったところに攻めさん登場!
マーリクが自身を犠牲にしたことに怒る攻めさん
「たいしたことじゃないかどうか、確かめるといい」
声の体格差!

マーリクは震えるうさぎちゃんじゃないですか~♡
好きな人が相手とはいえ、ちょっと怖いよね。
素直で幼い白井受け、可愛い…。
お説教されて、泣いちゃうのも可愛い…。

「あなたのそばにいられれば、それでよかったのに…」
「いつか、こんな形以外で、あの人の魔力が与えられる日が来るとでも…」
白井さんの健気受け…アリですね…。
彼にされたキスや行為を自分でなぞるの、萌え♡♡
それで「あの人を汚してしまった」
はぁぁ…清らか…。
禁欲的であればあるほど、このあと、乱れるのでしょう?
期待が高まる!

話の流れとしては、今度は危険な任務へ赴いた攻めを受けが追いかける。
攻め→受けへの好意も語られ、相互に相手を想うきれいな流れです。

キスで神力を奪われて飛べなくなる天使…なんという…。
そして「飛べるようになったら、追いかけます」の愛らしいことよ…。
そしてエンゲージメント。
愛溢れているなぁ…。
付き合っていないけれど。全て超越した絆じゃないですか。

半年が過ぎ、唐突に訪れた再会の時。
なんというハピエン!!
二人の弾む声から、結婚式のようなキラメキを感じる!!
しかし、そうはいかず、お話し合いを経るわけですが…
このように終盤で急に喋り出す(告白する)構成のCDは、
演者の集中力が試されるので、
聴きどころのひとつだと思います。
白井さんの柔らかな、しかし熱っぽい演技。
とてもよかった。

「私を、あなたのものにしてはもらえませんか」
「恥を忍んで言っているんです!どうか、はぐらかさないでください」
いやーもう愛しい。可愛い。
返事が「はい」(敬語)なのもグッとくる。
「いつか、あなたを守れるようになりたいと思っています。
そばにいたいんです」
対等でありたいと頑張る男同士、BLの良さがある。
設定こそファンタジーだけど、描かれるのは普遍的なテーマな魔彼が好きです。

ここからは、川原さんの大人の魅力が爆発。
カッコイイ攻め。可愛い受け。王道の絡み。

恥ずかしくて声を我慢する白井さんが最高可愛い。
川原さんの「怖くないか」逆に被虐心を煽る。

受けちゃんは初めて。
「すみません」「差し支えがあるようなら…」
健気すぎる!可愛い!
「よろしくお願いします」も、そのあとのやり取りも素晴らしい!

耐えるように、切れ切れにこぼれる喘ぎ声がエロい!
白井さんは派手な受けが多かったけど、
今回のような奥ゆかしい子もハマる!!
よくぞマーリク役にキャスティングしてくださった!!

濡れ場で交わす二人の言葉の全てが萌えの凝縮…。
演技も台詞も何もかもが最高すぎた。

「これじゃあ、いじめてるみたいだな」の通り、大人×初々しさの極み。
良さしかなかった。
初めての戸惑いに震えるのも、敏感に乱れるのも、最高。
「助けて」「許して」まで出て、
「なんというか、罪深いな…」
同感です。

高く鋭く上がる悲鳴のような嬌声が煽情的。
挿入時、ギリギリ聴き取れるくらいの言い方で
「太い」「おっきくて、もう入らない」と言っていて、
ちょっともう目頭が熱い。
細かいけど、「おっきくて」の直前「あぁ」で声が低くなるのが良すぎる。

「ちょっと…最高だな…」
わかるぜ…。

声が上擦ったり息を詰めたり、ガクガク感じているのがわかる白井さんの演技。
「怖い」「気持ちいい」と言って達するときに、
イキ声が控えめなのがまたイイ。
なにこの破壊力…。

川原さんは息や攻め喘ぎを入れない+ベッドのギシギシ音などのSEはないけれど、
それを補って余りある白井さんの乱れ具合は臨場感を生んでおり、
とにかくエロ可愛い。

総括。
良すぎて…。
最高でした。それしか言えない。

11

甘くて艶やかでお2人に感謝します。

 川原さんの魔族攻めボイスが聞きたくて購入。
さすがでした。ありがとうございます。
そしてまた白井さんもかわいらしかったー。

 
 以下、ネタバレ含めてレビューさせて頂きます。


 まず、攻め様のバルト役の川原さん。
昔は皆から恐れられる存在だったのに、今では隠居してるって設定通り、余裕のある鷹揚なイケボ。
それなのに、バルトを担ぎ出したい一派に捕まったマーリクを助けに来た時のお声。
怒鳴りつける訳じゃないのに伝わる静かな怒り。
冷ややかなお声にかえって怒りの炎がメラメラ燃えているのが見えるようでした。
マーリクの事を大事にしていても、天使であるマーリクとは一線を引いて付き合おうとしていたのに、マーリクから眷属契約(天界ではエンゲージメントっていうだなんて、うきゃー)を解除しないで欲しいと言われて、その覚悟と想いを受け入れる、と決めてからのお声の甘やかさ。
甘い!!甘さしかないっスよ!!!!
何なの、そのマーリクの事がかわいくて愛しくてたまらないっていうのダダ漏れの甘さは。
ハァ、うっとりでした。

 
 受け様のマーリク役の白井さん。
私は白井さんの受け役、初めてお聞きしたのですが、もうかわいらしかーーーっとしか言えない。
普段はバルトにしっかりして下さいって強気で凛としてるのに、色事になったとたん初心さといじらしさがもうね。
ふるえながら伝える「私をあなたのものにしてもらえませんか?」に私の耳は震えました。
めちゃくちゃ小声の「お願いします」とかマーリクのドキドキが伝わりまくってうわーってこっちまで赤面です。
初めてか?とバルトに聞かれて、「差し支えがあるようならどうにかしてきます」って斜め向こうの思考回路。バルトと一緒に待て待てーってなりましたけど、バルトが好きで好きで、ちょっとでも嫌われたくないっていうマーリクの必死さ、いじらしさが愛しくてたまりませんでした。
そのくせ、えちシーンでの喘ぎやうわずった「許して下さい」とかの慎み深いエロさ。
それからの「私のバルト…」って寝落ちする声の無垢さ。
もうね、バルトは心もカラダもマーリクにがっちりつかまっちゃったね。

 BGMはいいタイミングで気にならない程度のものが入る程度でした。
唯一ん?と感じたのは、ベッドに乗り降りする時のギシッていう音は入ったのに、最中の時は衣擦れの音だけでベッドの軋み音がなかった。
あんまりそれがうるさいのは興醒めですが、無いってのも何と言うか激しさが伝わりにくいというか。(オイッ)
もちろん衣擦れの音や2人の吐息で伝わるのですが、あら、と思っちゃいました。

 ブックレットの表紙の2人。
流し目のエロいバルトと頬を染めた初々しいマーリク。
こらこら、バルトってばどこに指を差し込もうとしてるんだ!?
色事に関する2人の関係性が一発でよくわかるステキなイラストになってますね。


 とにかく、脚本はもちろんお2人の演技がとってもとっても素晴らしくて感謝しかありません。
ありがとうございました。

5

丁寧なストーリーと罪深い萌


白井さんのファンで初めて魔彼シリーズを購入しました。白井さん受け作品は全て聞いています。
全編聞いて一言「今までの白井さん受け作品の中で一番すき!!」

ファンタジー物ではありますがストーリー展開は非常に王道で、わからない用語なども出て来ますが大筋は1回聞くだけですぐ理解できるかと思います。
設定が異世界なだけで、内容は非常に丁寧に描かれていますし、非常に入り込むことができました。

そして肝心のキャラ設定なんですが、マーリクかわいいっ!!バルドかっこいいっ!!!
バルドを追いかけ続けて、恋い焦がれているバルドの姿は非常に健気で可愛らしいし、
絶対的な力を持ちながらも隠居状態のバルドのかくし持つ強さと強かさはとても雄感が強くて、なんだこの理想のカップル状態でした。

白井さんのファン視点でお話をすれば、今まで白井さんが演じるキャラクターが「ビッチ」「なんかメチャメチャにされる!」祭りだったもので(爆) こんなに純情でピュアで攻めが大好きで美しい受けって、初めて。もちろんビッチとかそういうのがとてもお似合いになりますし、そっちも大好きなんですけど…たまにはね!
マーリクのピュアッピュアぷりは白井さん受けを嗜んでいる者としては刺激が強くて、あまりの可愛さに鼻血が出るかと思いました。こういうのを待ってたんです…白井さんの声って本当に美しくて、高貴な存在にぴったりだなぁと改めて思いました。

最後のトラックでやっと二人が結ばれますが、マーリクの純情っぷりが本当に可愛くて…バルドに恋い焦がれていたことを告げる切ないシーン、声を我慢しながら「んんぅっ」って必死なところ、あまりの快感に「ゆるして…っ」っていうシーン、全部全部かわいい…本当にバルドが言うように「罪深い」萌えだなぁと思いました。リアルに初回頭抱えた。
バルドの言葉使いも本当に優しくて、まさにスパダリといった感じ。右も左もわからないマーリクを丁寧に優しく導いてくれるかっこいい攻め…川原さん改めてですけど、ほんといい声。

ドラマCDとしてのクオリティが非常に高く、ストーリー、キャラ設定、そして声優さん全て◎でした。こんな素晴らしいシリーズを購入できたことが本当に嬉しいです。
魔彼はシーズンが続いているので、ぜひこの天編に関しても続編を作って頂きたいです。本当に大満足でした。ありがとうございました。

7

これは間違いなく神作品

魔彼シリーズを初めて聴かせていただきましたが、
設定などはCD付属のパンフレットを読んでから聴くと分かりづらさもなくすんなり世界観に馴染めました。

種族の違い、そして実力もあるからこそマーリクを思いやり距離を置いてるバルドと、とにかくバルドの側にいたい一心なマーリクの、微妙なすれ違いに切なさを抱えずにはおれませんでしたが、だからこそ最後2人が結ばれるシーンにおける萌えといったらこれ以上ない。

川原さん演じるバルドがもうめちゃくちゃ男前で惚れるし、白井さん演じるマーリクは高潔さを損なうことなく、でもとにかく一途でまっすぐでもうとにかく可愛い。天使か。天使だった。
白井さん受けはこれまで全て聴いていますが間違いなく今回が一番可愛い理想な受けだったと思います。

本番は1回ですが、その分2人の心情の動きをとても丁寧に描いてありましたし濃密でしたので大満足です。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ