魔彼 MAKARE~魔は来たりて彼を堕とす~ 地編「Hochmut」 【BLCD】

makare

魔彼 MAKARE~魔は来たりて彼を堕とす~ 地編「Hochmut」
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神35
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

8

レビュー数
2
得点
182
評価数
37
平均
4.9 / 5
神率
94.6%
媒体
BLCD
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
デルファイサウンド
脚本
桃野真幸
原画・イラスト
篁ふみ
オリジナル媒体
オリジナル
CD発売会社
GRISEDGE
収録時間
65 分
枚数
1 枚
ふろく
天地編1巻同時購入特典:キャラクター座談会CD、地編全巻(全4巻)購入特典:地編4組によるオムニバスドラマCD
フリートーク
なし
発売日
JANコード
4549743082509

あらすじ

GRISEDGEがお送りする、オリジナルBLCDシリーズ
「魔彼 ~魔は来たりて彼を堕とす~」のセカンドシーズンが制作決定!

ファーストシーズン続編の 「魔彼 ~魔は来たりて彼を堕とす~ 地編」(全4巻)に加え、
新しい魔彼の物語が登場!
天使にスポットを当てた新しい「魔彼」の物語「魔彼 ~魔は来たりて彼を堕とす~ 天編」(全4巻)
2018年より「地編」「天編」同時リリース予定!

悪魔と人間、そして天使がおりなす、新たなる「魔彼」の物語をお届けします。
屈服、反抗、従属、隷属。その先にあるものは…… 。

地編第1巻「Hochmut」(ホーホムート)
策略家な完璧主義者・ベリアル(CV.佐藤拓也)と直観的なカリスマタイプ・シドナイ(CV.山中真尋)、
幼馴染でもある二人の悪魔の物語。
魔界の秩序を保つための調整機関・パンデモニウムでは、空席の王座を巡って日々激しい議論が交わされていた。
次期魔王の候補者リストにベリアルやシドナイの名前が挙がるほど、事態は混迷を極めている。
王座には全く興味のないベリアルだったが、魔界で起こっている魔族失踪事件に議会が関与していると知り、シドナイを危険から遠ざけようと動き出す。

表題作 魔彼 MAKARE~魔は来たりて彼を堕とす~ 地編「Hochmut」

ベリアル → 佐藤拓也

シドナイ → 山中真尋

その他キャラ
ミディ・モレク[米田基裕]

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

何度でも聴きたいベルシド続編

何度でも聴きたいベルシド続編。ありがとうございます。

濡れ場から始まる。
佐藤さんの「キスか?」の親密度が凄くて、
まずここの一時停止リピートで先へ進めない。
山中さんが喘いでいる最中にちょっと咳っぽいのが入るのがリアル。

2回目の絡み「深い…っ」に返す「好きだろ?」の言い方よ…。
この方にかかれば凡庸な台詞などないですね。
全てを攻撃力に転化する。佐藤拓也は超攻撃型の攻め声優だと思う。
吐息で言う「いきたいか」も最オブ高。

ベルやモレクが忠告したそばから、シドが攫われる。
このスピード感は評価する。

設定こそ魔界ファンタジーですが、展開は王道。
フラグはフラグだとわかる構成・演技。
アリです。聴いていてストレスがない。

ベルとモレクに救助され、復活したシドが男らしくて萌え。
「ベルじゃないと、いやだ」が穏やかに甘い。
自分と彼の強さを信じているのが誇らしいですね。

帰還後、「お前のいない人生なんて考えられない」と確かめ合う会話。
心底惚れて信頼しているとのが伝わる。

3回目の絡み「うつ伏せになれ」から本領発揮。
グズグズのシドも傲慢なベルも幸せいっぱい。
山中さん、なんて声を出すの…。
素直に「気持ちいい」と言うし、それがわかる声。かわゆ。

最後、シドの「かもな」が幸せいっぱいで美しい。

総括。
ベルって最高のスパダリなのでは…。
モレクがいい奴・いい声なので、モレクも幸せになってほしい。

10

100作以上聴いてきて、一番です

私は今までBLCDを100作以上聴いてきましたが、その中でも正直一番良かったです。衝撃でした。
このシリーズも好きだったし、このペアも元々好きだったのですが、これは何せストーリー性と声優さんが群を抜いて素晴らしいです。今回佐藤拓也さんはガチギレするシーン、山中真尋はもう連続n回目のあれそれの時の喘ぎが素晴らしかったです。

ぜひ、この2人に関しては前作、前々作を聴いてからこちらを聴いて頂きたいです。
あと、セカンドシーズン天編との連動特典のCDは腐女子の欲望を全て詰め込んだみたいな凄い内容になってます。これだけは本当に絶対きいてほしい。何かもうこんなものが実在していいのかっていうレベルの素晴らしさです。

とにかくオリジナルCDにしか出来ない設定とシナリオになっていると思います。絡みが例えなくても、お話としてだけでもドラマを見てるような気分で本当にドキドキハラハラで面白いので全力で推します。
あと何度もいいますが、脇役の方含め声優お三方の演技が素晴らしいです。本当にお上手で、完璧です。

制作スタッフの方に課金したいくらいです。ありがとうございました。

16

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ