獣人王と導きの花嫁

jujinou to michibiki no hanayome

獣人王と導きの花嫁
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
5
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
秋山みち花 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
街子マドカ 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
ISBN
9784344842052

あらすじ

ある日突然、双子の兄・奏矢とともに異世界へと召喚された天音。救世主となった兄とは違い、異世界に留まる明確な理由も見つけられずにいた天音は、獣人族の元王・ジークハルトの旅に同行することに。天音にとって初めての厳しい旅路を優しく守ってくれるジークハルト―次第に惹かれていく天音だが、ジークハルトに発情期が来てしまい…!?

表題作獣人王と導きの花嫁

ジークハルト, 獣人族の元王
天音, 異世界へ召喚された双子の弟(高校生)

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数1

スピンオフです

「妖精王と二人の花嫁」のスピンオフでした。全く気付かず、なんか変だよなーと思いながらも読み進めてしまって失敗。今から読む方は「妖精王と二人の花嫁」を先に読んだ方がいいと思います。こちら単品でも読めましたが、前作読んでた方が面白かっただろうなあと激しく後悔。地雷は思いつきません。本編240p超+あとがき+「妖精王と二人の花嫁」の方のカプのショート2pでした。ちょっと受けさんのメンタルがお子様っぽく感じてしまって萌えきれず中立にしました。

お話はアルフヘイムという世界で、獣人族のノルデランドに向かっているジークハルトが、魔獣を屠るシーンから。ある日双子の兄奏矢と共に召喚された天音は、奏矢と別れジークハルトと共に旅しています。両親は既になく、こちらの世界に残るという奏矢を置いて一人日本に戻っても、誰もいないし、ファンタジーな世界で旅できる↑ という「え。。。」と少々思う理由により、国に戻るジークハルトについて・・・・と二人の旅?冒険?は始まります。このあたり、旅立つ理由となった出来事を前作読んだ方がよくわかるんだろうなあと思います。

登場人物は人間族の大国ローヴァイン王国の若き国王、その妹、貴族少々で、攻めさんはもふさんに変身可♡です。

******以下はより内容に触れる感想

途中に立ち寄る人間族のローヴァイン王国でのエピソードが、なんとなく水戸黄門のあちこち探訪・問題解決記みたいに感じられました。魔獣やら魔導士やらが出てくるので、ファンタジー冒険ものがお好きな方にはいいのではないかと思います。
また攻めさんがケモに変身されるので、そのもっふり記載は嬉しいです。優しくもふ布団になってあげているのですが、なんて羨ましい。寒がりな私には永遠の憧れです・・・

なんだけどどうにもこうにも受けさんが子供っぽく感じられて今一つ盛り上がれませんでした。攻めさんは穏やかな大人という感じで好きなのですが、もうひと押し欲しかったなあという気持ちもあります。
それで中立です。
前作の方のお話、タイトルからしたら3P?♡?と思うものだったので、あー失敗した、スピンオフを先に読むんじゃなかったーと激しく後悔した1冊でした。はあ残念。

1

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う