金色のダリア「獅子王の寵姫 第四王子と契約の恋」番外編

kiniro no daria

金色のダリア「獅子王の寵姫 第四王子と契約の恋」番外編
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
獅子王の寵姫 第四王子と契約の恋(但コミコミスタジオ購入のみ)

あらすじ

ノベルズ発刊記念・コミコミスタジオ購入限定特典かき下ろし小冊子
クランベールが財源確保のために回収漏れしていた金箔の国王像を探すお話です。

表題作金色のダリア「獅子王の寵姫 第四王子と契約の恋」番外編

ダリア、クランベールを王妃としたシェイセス国王
クランベール、王妃となったエフセリア国第四王子

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

金色に輝くシャイセス国王像の真価とは

本品は『獅子王の寵姫 第四王子と契約の恋』の
コミコミスタジオ限定特典小冊子になります。

クランベールが財源確保のため
王宮内の金箔の国王像を探すお話です。

倒れた従兄に代わって
主計局長代理を務めるクランベールは
ダリア王と床を共にした為に
彼の妃として王妃の間に
滞在することになります。

以来ダリアはなにかと
クランベールに構ってきます。

本日はとある目的で
王宮内の庭を歩いている
クランベールの後ろをついてきて
鬱陶しいことこの上ありません。

頭長で高く髪を結っているクランベールが
視界を塞がないほどの高さに
ダリアの目があるために
張り付いていても前を見て歩けるのです。

護衛のウラノスには
姿勢のよいクランベールの姿は美しく
惹かれるものが多いと言われますが

無言の愁派を送られることの多い
クランベールは物騒な考思考に陥り
不穏な冷気を放ち始めます。

その空気に引っ付いていたダリアも
いつの間にかクランベールとの距離を
取ってしまっていました。

そんなクランベールの目的地は
古い池の側の大木が並ぶ林の奥、
金色に輝く国王ダリアの石像の
最後の一体が見つかった場所でした。

像は騎士が6人かがりで持ち上げて
石工の工房へと運び出します。

クランベールはもちろん
工房まで同行するつもりでしたが

王の存在を気にした騎士たちによって
城門からは自分達だけでと懇願され
ダリアと城に戻る事にしますが…

A5判カラー表紙(文庫カバー同イラスト)、
2段組12頁とボリューミーな小冊子は
本編の幕間編で最後のダリア像を
見つけた時のお話です。

2人で城に戻る道すがら
他愛のない会話を交わしていましたが
以前は一面にダリア像があった場所で
ダリアが不満げな様子を見せます。

クランベールの目には今も
金の像に比べればダリアに似た像が
2体ほど置かれているのが確認できます。

ダリアには少なすぎるようですが
正直、しゃべったり動いたりしない分
本人よりも素敵な像だと思います。

しかし
ダリアにとって金のダリア像たちは
城の者たちに礼拝されたり
会議や夜会の席では
ダリアの代理として参加したりした
もう一人の自分だったというのです。

そんな感慨に浸っていた王に後日、
クランベールは手のひら大の
金のダリア像を贈る

…というオチなのですが
その代金はダリアの小遣いから
支払われていてダリアを泣かせる

という二段オチになっていて
ダリアが気の毒すぎるぅ (^m^)

2人の力関係が如実に
表れたSSで面白かったです。

1

てんてん

あーちゃん2016様、コメントありがとうございます。
本編以上にやり込められてるダリアがかわいそうとは思いつつ
強気な王が負けてるところがツボ過ぎます♡

あーちゃん2016

てんてん様
この本、すごく好きだったので、こちらの情報を読ませていただいてとても嬉しかったです、30秒は笑いました(爆)レビュー有難うございました!

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ