灰かぶりの婚姻~つがいのおとぎ話~

haikaburi no konin

灰かぶりの婚姻~つがいのおとぎ話~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×216
  • 萌6
  • 中立5
  • しゅみじゃない1

54

レビュー数
8
得点
122
評価数
35
平均
3.7 / 5
神率
20%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
海王社
レーベル
ガッシュ文庫
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784796411578

あらすじ

亡き母の遺言で髪を伸ばし、顔を隠して生きるリオ。アルファばかりの貴族社会でオメガであるリオは異端で、父亡きあとは継母と妹に使用人として扱われ暮らしていた。そんなある夜、妹の忘れ物を届けに舞踏会に行かねばならなくなる。ろくな服を持たないリオは意を決し、妹のお古のドレスを纏い女性の装いで城へ向かった。ところが帰り道、まばゆい星に誘われて足を踏み入れた庭園で貴族のヴェレスと出会う。そこで発情を引き起こしてしまったリオの匂いに煽られた彼に無垢な躰を拓かれて…。

表題作灰かぶりの婚姻~つがいのおとぎ話~

ヴェレス・アーリエフ、王弟にして優秀な宰相・α
リオ・グラナート、継母に冷遇される青年・Ω

その他の収録作品

  • 灰かぶりの蜜月
  • あとがき
  • カバー下:スペシャルSS

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

オススメです!

電子書籍で購入。
紙書籍にあるカバー下のSSは残念ながら載っていませんでした。
でも、お話が面白く、エロも素晴らしかったので買って良かったです!
「スパダリ」「ナカ出し」「普段は紳士、でもHの時は野獣」←こういうのが好きな方にはオススメです(^_^)

1

オメガバース×シンデレラストーリー

攻め様は才に長けた宰相ヴェレス。受け様は名門貴族の長子でありながら使用人の様な扱いを受けるリオ。
オメガバース特有のヒエラルキーに苦しむオメガ性を持つリオですが話の合間合間で利口な自分こそ家督を継ぐに相応しいといった考えがあったりと貴族の長子であるプライドがチラリと垣間見えます。
物語は攻め様と受け様が共通の趣味としていた一冊の学問書をきっかけに進展します。最初は互いの身分も名前もわからぬまま本を通じて交流を深めていきます。
話のミソとしては「ヴェレスと本を貸し合う造詣深いリオ」と「ヴェレスのつがいとしてのリオ」の二人の顔を使い分けた「リオ」とヴェレスの絡みでしょう。
しかしシチェーションとしては大変美味しいのですがあと一歩詰めが甘いというか…。
「つがいのリオ」としてヴェレスと接している時に自分の正体を思わず仄めかしてしまうシーンでは読みながら『ヴェレスもっと突っ込んで!』ともどかしく思ったり。(後にヴェレス自身が半信半疑だったと打ち明けていましたが。それでもそこは断言して欲しかったな)
あとはリオが荒野で数日間ろくすっぽ水分を取らず意識が朦朧とした状態でヴェレスに助けられたシーンでは与えられた水筒を自ら受け取って自力で水分補給しているシーンに思わず『えっこの子重度の熱中症で死に掛けてたんじゃ…』と突っ込みを入れてしまった時点でふと我にかえりました。いかんこれはファンタジー。
作中で最も滾り萌えたシーンは性行為への免疫がないに等しいリオがオメガ性の特性に引っ張られて淫乱になってしまうシーンでしょうか。たどたどしくどエロい発言を連発するリオに攻め様も撃沈。私も撃沈。

0

前髪は、やっぱりちゃんと切らないとね

シンデレラと鉢かつぎ姫を混ぜてオメガバースでBLにした小説。
昔から衣服取り換え型の輿入れBLってジャンルはあったけど、これをオメガバース世界に持ってくると無理なく結婚出産ができるようになるわけで、なんか、ほんと、世の中便利になったよね(なんか意味違う気もするけど)。
貴族の家の長男でありながら、先妻の子で、その上アルファばかりの貴族の家にはあってはいけないオメガの子のリオは、父亡き後は後妻に使用人扱いされながら暮らしていたが、、、。
このリオの健気さや、恋と肉欲で揺れる様にどれだけ萌えられるかが評価のポイントかな。
リオの生まれに対する矜持と、番のフェロモンに負けてエロエロになってしまう所とのバランスが、さすがだなという事で、萌2です。

1

カバー下にSSあります~

シンデレラ(+鉢かづき姫)題材のオメガバース。
継母に虐められて使用人として扱われているけれど、魔法使いのおばあさんは出てきません~。
自分で女装してました。

受のリオが純粋無垢な感じでとっても可愛い!
そして、ダメダメと言いながら求めてしまう淫らな感じも!

亡くなったお母さんの遺言で髪を伸ばし、顔も前髪で隠して生きるリオが何故自分の美しさに気付かなかったのか・・・。
沢山の本を読み知識はあったのに、いくら視力が悪いと言っても・・・他の人は認識できるので顔を隠していても美醜の判断がつかないのがちょっと不思議でした。
まっ、ちょっとというかかなり世事に疎かったり、無頓着なところがあるのでそれでという感じでしょうか~。

カバー下のSSも甘かったです♪

1

御伽噺風味オメガバース

今回は七貴族の名家を継いだ王弟の宰相と
生家を継げず使用人扱いされる貴族のお話です。

受様が決められていた王の側室ではなく
攻様の番にして伴侶となるまでと
2人の新婚生活と二世誕生後の小話を収録。

この世界には男女の別だけでなく
アルファ、ベータ、オメガの性があります。

アルファは容姿端麗、頭脳聡明で
支配者たる王族や貴族に多く、
男女ともに女性とベータを孕ませる能力を
持っていてます。

ベータはごく平凡で平民に多く
女性のみが子供を産めます。

オメガは凡庸で判断力に乏しく
他の性より体格や容姿が劣っている上に
アルファから孕まされる存在であり
発情期を迎えると様々な制約があります。

受様は七貴族の名家の1つ
グラナート家の初子でしたが
突然変異のオメガとして生まれた為に
家の継承者とはなれず
結果的に隠された存在とされました。

それでも両親が揃っているうちは
貴族の子息として教育を施されますが
母亡き後に嫁いできた継母が
娘と息子と生むと状況が変わっていきます。

妹は七貴族間での約定で
幼くして現国王の王妃として選ばれ
父が亡くなると弟が当主となったことから
受様は継母から使用人として
働くように強要される様になるのです。

受様は生母との約束で
成人まで髪を切らず伸ばし放題にして
顔を隠していていた為
継母と妹、使用人たちから
醜さを疎まれていましたが

妹が王の正室に選ばれた通例として
身内から側室を入れなければならず
子の産める受様を代用としていた為に
家を出されることはありませんでした。

そんな受様の楽しみは
父の蔵書や天文学の書籍を読む事です。

天文学の新刊が書店に入る日
受様が意気揚々とその本に手を伸ばすと
1人の青年貴族とかち合います。

その青年貴族こそ今回の攻様で
受様は書店の主の仲裁で
その本を攻様と交代で読む事になります。

2人の交流が進む中
受様は王宮で開かれた舞踏会に向かった妹に
忘れ物を届けに行くことになりますが

招待状がないために女装して紛れ込んだ王宮で
実は王弟で宰相でもある攻様に見初められ
挙句に押し倒されて番にされてしまうのです!!

王のモノである身で番契約をされた受様と
知らずに王のモノに手を出した攻様。

こんな2人の恋の行方とは!?

本作は和泉先生の初オメガバースで
シンデレラな扱いを受ける受様が
玉の輿なサクセスストーリーです♪

あとがきによると和泉先生のベースは
日本昔話の「鉢かつぎ」だそうで
受様の容姿に関する思い込みの強さは
ちょっとあり得ないかなと思った私も
ソレで納得しました(笑)

受様はシンデレラなみにこき使われて
虐げられながらも勉学に励み
名家に生まれた矜持も持っている青年です。

片や攻様は王の異母弟として生まれて
跡継ぎのいない七貴族の当主となりますが
王を支える宰相として辣腕を振っています。

2人の出会いは
街の書店と王宮の舞踏会という2度になり
受様はそれぞれ別人として
攻様との付き合いをして行くことが
物語を面白くしています。

受様に番がいることがいることがバレて
受様の継母が彼を亡き者にしようと画策、
受様が攻様に助けられて大団円を迎えるまで
たいへん楽しく読めました (^-^)

受様が自分の美貌に気づかない理由が
キチンと用意されていたのも良かったです。

攻様が舞踏会で出会った受様を
強引に押し倒しちゃうのは
アルファ×オメガのお約束ですが

シーン的には昔の学園BL定番の
俺様攻様がお気に入りに手を出す
「嫌よ嫌よも好きなうち」な半和姦で
アルファの切迫感と言うか
オメガへの強制感をあまり感じられず(笑)

その後も女装して逢うと睦合ってるので
エロ度はけっこう高いですが
オメガバース初心者さんにも読みやすい
お話だと思います。

但、凌辱、女装が地雷な方は要注意かな。

オメガバースフェアとの事で
カバー下にオマケSS付きです。

子供ができてもラブラブな
2人の甘々エピソードですので
こちらもチェック必須ですよ。

今回は本作同様シンデレラサクセスで
和泉桂さんの既刊『PROMISED LOVE』を
おススメ作とします。
コミックスとのコラボで楽さ2倍作です♪

3

王道のストーリーなのだけれど

和泉さんは作家買いする作家さまですが、挿絵がCielさんときたら買わずにいられようか、ということでお買い上げ。

和泉さん初オメガバースもの、ということで、期待度MAXで読み始めました。内容はすでに書いて下さっているので感想を。



タイトルからも推測できるように、シンデレラを踏襲したお話でした。

主人公はリオ。
名家の長男でありながら、Ωとして生まれたために父親の跡を継ぐことができず、そして母亡きあと父親の後妻としてやってきた継母に苛め抜かれる、といったストーリー。

庇護してくれる親もなく、継母に召使いとして働かされ、下男にすら見下されながら過ごす日々。が、ある日舞踏会に出かけて行った腹違いの妹の忘れ物を届けたときにαの男に見初められ強引に関係を持たされ―。

と、ざっくり書いてしまうとリオがものすごく可哀想に思えるのだけれど、このリオという男の子がとにかく逞しい。Ωとして生まれてしまった以上、今以上の生活は望んではいない。けれど彼は自分の生家にプライドを持っていて、その名を汚すことを良しとはしていない。

だからこそ自分の足で立とうとしている。

そしてそんなリオを見初めたαで貴族のヴェレスも。

彼の正体はなかなか明らかにならず、リオと強引に関係を持ってしまうといった傲慢な部分も持ち合わせているためにはじめはちょい微妙な気持ちになったのですが、それでも彼のリオに対する執着心がなんとも良かった。

文章中にはっきりと記載はないですが、おそらくこの二人は「運命のつがい」という設定なのではなかろうか。

だからこそ、出会った時からお互いに強く惹かれてしまった。
オメガバースの「運命のつがい」は、ややご都合主義な感じが否めずあまり好きではない設定ではあるのですが、この二人に限って言うと、そういった設定がないと前に進まなかったのでは?と思いました。

リオが、普通に男の子としてヴェレスに会う時と、女性もののドレスを着てヴェレスに会う時と。
二つの顔でヴェレスと過ごす時間が全く様相が異なる。一粒で二度おいしい、といった感じ。リオはまっさらさんなので、性的なことは全くの無知さんなのですが、だからこそリオの口から出るセリフの一つ一つがクッソエロいです。けしからんエロさです。こんなセリフを言われたら、ヴェレスも骨抜きにされちゃっても仕方ないだろうな、という感じ。

お互いに強く惹かれあっているのに、それでも別れがすぐそこに見えているリオの悲しみと苦しみに萌えが滾りました。

ただ、リオの継母。
彼女への制裁がやや甘かったな、という気も。リオをひどい目に合わせた継母への復讐のお話ではないので仕方ない面もあるかと思いますが、彼女のしたことは本当に外道で、胸が悪くなりました。

どんなピンチにももれなく助けに来てくれるヴェレス。
お約束とわかっていても萌えました。

薄幸受けさんが、スパダリな攻めさんに愛され幸せになる。
ある意味王道なストーリーではあるのですが、そこにオメガバースという設定がプラスされたことで、より面白く、萌えるお話に仕上がっていたと思います。

リオがひどい目にあうシーンもそれなりにありますが、基本的にはヴェレスに愛されドロドロに溶かされる、という内容がメインになっているので、痛い話は苦手で、という腐姐さまでも読めるかなと思います。

カバー下に小話が。
こちらも忘れずに読んでほしい!

エロくって甘い、ヴェレスとリオのその後の様子が垣間見れる、そんなおまけ小説でした。

8

シンデレラ+オメガバース

和泉先生の初オメガバースものとのこと。苦手なものが多いけど、とにかく読んでみないとな と手に取ってみましたが、苦手な設定があったのですいません、中立です。本編260P弱+デロ甘後日談20P超+先生のあとがき+珍しいカバー下ショート(本編後にどうぞ)。ポイントは、受けさん色っぽい面で頑張ります+好きでもない奴に触られるのを諦めてるところかな。

舞台は中世ヨーロッパみたいな「六花(りっか)の国」の王都。リオ・グラナードは名門貴族の長子でありながらオメガとして生まれてしまったため家を継げず、父母を失った後、継母から使用人扱いされています。家庭教師もなく独学で勉強を続けていたのですが、ある日楽しみにしていた天文学の本の3巻目を購入しようとしたところ、1冊しかなかったその本をある男性と取り合いになり・・・と二人は出会います。

設定としては、アルファ、ベータ、オメガのみで、発情期を抑える薬はないがアルファ側に匂いに鈍感になる薬はあります。オメガは能力に加えて容姿なども劣ること、アルファにかまれたら番になるという設定です。

*********以下は苦手だったところ

リオが初めての発情期を迎えた時、継母から言われて使用人たちから色々されるところ、そしてそれを諦めて許容しているかのようなところがダメでした。苦しくてもぜってーイヤ という方が良かったなあ。(いやそもそも発情期で苦しむこと自体が大嫌いなんですが)オメガであることを前向きに受け止めて苦しくても頑張るという系統の方がまだ嬉しかったです。
攻めさんは、あっさりリオに落ちすぎという感。オメガだからとかキレイだからとかあってもなあ。。。
受けさん頑張って色っぽいシーンも、どうも・・・もうちょっとキレイな言葉使うツンデレ系の方が好きなので、舌足らずで本能に正直な様子は、ちょっとパスでした。
すいません、ちょっと萌えるポイントが個人的には少なかったです、残念。

5

官能的でありながら無垢

童話と言うと、仄暗く淫靡なイメージが(個人的に)ございますが、こちらはまさに大人の為の官能童話です。
エロエロでありながら無垢、そしてハッピーエンド!!
大人女子が好きな要素がこれでもかと詰め込まれてるので、ぜひこの世界観を堪能して下さい(*´▽`*)



内容ですが、シンデレラベースの童話風+オメガバースです。あと、なかなか乙女心をくすぐるもう一つの要素てトコでしょうか。

亡き母の遺言で髪を伸ばし、顔を隠して生きているリオ。
貴族の長男でありながら、オメガの為に冷遇され、継母から使用人扱いされる日々。
そんなある日、妹の忘れ物を届けに舞踏会に訪れると、静かな庭園で貴族のヴェレスと出会います。
アルファであるヴェレス。互いの匂いにどうしようも無く惹かれあった二人は求め合い、つがいとなりますが-・・・。


まずこちら、実は庭園で出会う前に、二人は街の本屋で出会ってるんですね。ちょい嫌味な青年貴族と、ボサボサの前髪で顔が分からない生意気な平民として。
その後庭園で、ドレス姿の美しい青年としてリオは再会。
ただし、ヴェレスは二人を別人と思っていて・・・と言う流れです。

先にエロエロと書いたのですが、リオがオメガの為に結構不憫な目に遭うのです。
発情期が来れば、使用人に代わる代わるもてあそばれみたいな。
ただ、王の側室になる事が決まっている為、本番は無し。
そして本人がとても気が強い為、痛々しさが幾らかマシて感じでしょうか。
また、母親の遺言で髪を伸ばして顔を隠すように言われた為、リオ本人は自身を醜いのだと思い込んでいます。
お約束通り、前髪を上げると実はとても美しい顔なのですが。

で、生意気な平民の友人、また庭園で出会ったドレス姿の青年。
リオは別人としてそれぞれの姿で交互にヴェレスと会い、リオとしては友情、つがいとしては愛情を育み抱き合う。

このへんがとてもお上手でして。
リオとしては、互いの内面をゆっくり知り合うほのぼのとしたシーン。
つがいとしては、情熱的に求め合う官能的でエロエロなシーン。
とてもバランス良く二人が関係を深めていくエピソードが読めるんですね。
ここでの、ヴェレスが二人を同一人物だと気付かないのはおかしいと言うツッコミは存分にして下さい!! ちゃんと回収されています。

そんなおり、自身がつがった事が継母にバレてしまい、「咎人の荒野」に置き去りにされるリオ-。
と、これまた不憫な展開。
ここでのリオのモノローグが、もう切なくて切なくて( ノω-、)

しかし、ここからちゃんとハッピーエンド。
不憫だった分、超甘々なラストに、これまた甘々な短編が待っています。
あと、シンデレラと同じく、意地悪な継母ザマァ展開にもスカッとしました。勧善懲悪て、素晴らしい!!

他、濃厚なエロにも萌えました。
リオがいつもドレス姿なのがちょい倒錯的なのと、モブ(使用人)にやられちゃうのも気の毒ながら萌える!!
リオ自体は無垢で稚いような反応を見せるのに、身体はオメガの為にエロエロというのがまたいいんですね~。
ヴェレスの敬語攻めにも萌えました。

カバー下にも超甘々な後日談がございますので、お見逃し無く!!

10

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ