乳首気持ちいい?もっと気持ち良くしてあげようか?

キレイな××(♂)に襲われまして

kirei na ×× ni osowaremashite

キレイな××(♂)に襲われまして
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
14
評価数
4
平均
3.5 / 5
神率
25%
著者
宮沢ゆら 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
日本文芸社
レーベル
KAREN COMICS
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784537137859

あらすじ

かつて期待の新人としてデヴューした小説家の誉は、絶賛スランプ中。 当てにしていた印税が底をつき、引越しを余儀なくされて住むことになった先は都内で家賃5万の格安一軒家。 すると、そこにはなぜか抱かれたい男No.1の俳優・長谷一輝の幽霊が住みついていて!? ファンとして憧れていたのに、「ホントやらしい身体だね」と誉の乳首を夜な夜な触ってくるイケメン幽霊に、ノンケのはずの誉はドキドキしたり怒ったり翻弄される毎日で――…!! お茶目なセクハラ幽霊×敏感な童貞小説家の、ひとつ屋根の下ラブ

表題作キレイな××(♂)に襲われまして

長谷一輝 抱かれたい男1位の俳優(幽霊)
二階堂誉 小説家

その他の収録作品

  • 2人の夏休み(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

あっさり片付く

制作に行き詰まり、家賃が払えなくなった小説家の誉は、担当が紹介してくれた格安物件に引っ越すが、そこには幽霊が住み着いていた。
幽霊の正体は抱かれたい男1位の俳優・長谷一輝で、誉を気に入り、夜な夜なエッチないたずらをしてくる。
健気で初心な小説家と、見た目も振る舞いもかっこいい強引幽霊のお話です。

一輝は病に冒されていて、倒れるギリギリまで撮影を行っていたそうで、恐らく死んだのだろうという。
実は誉は一輝のファンで、小説家として開花するきっかけになったのも一輝の演技を見たからなので、放っておけずにほだされていく。

とは言え死別エンドなどではなくハッピーエンドです。
一輝は死んでおらず、病気を克服して誉のもとに帰ってきます。
よく言えばスムーズなのですが、生死に係る問題を抱えているのに、何だか話が軽い。
一輝は自分が死んでいると思っていたということもあるのでしょうが、誉は一輝のファンなのに何も調べもせずされるがままというのが解せない。

結ばれた後、姿を消してしまった一輝が戻ってくるのは2年後。
その間、成仏したと思っているのか誉は想い出に浸るだけ。あとは俺には書くしかできないとばかりに執筆。
有名俳優が死んだら報道とかあると思うんですが、その辺不思議に思わないのか、自分から探してみようとは思わないのか、誉の行動が受動的すぎるように思いました。

あと、当て馬的に出てくる誉の友人・國康が一輝と見分けがつかないくらいそっくりで戸惑いました。
誉が好きらしく一輝の嫉妬を買った國康ですが、結局どうだったのかいまいちわからないまま。

都合のいい展開だらけで、全体的に物語の処理が大雑把に感じました。
一輝は本当にかっこよくて好みの攻めで、誉もかわいいし、カップルは好きです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ