「異世界で獣のごはんになりました」コミコミ特典書き下ろし小冊子

isekai de kemono no gohan ni narimashita

「異世界で獣のごはんになりました」コミコミ特典書き下ろし小冊子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
異世界で獣のごはんになりました
ページ数
12ページ

あらすじ

コミコミスタジオオリジナル特典 書き下ろし小冊子
・A5中綴じ12頁小冊子/表紙・裏表紙カラーイラスト/口絵は表紙のモノクロイラスト/小説7頁

本編後のお話。涼は宵街で男娼として正しい生活を過ごす日々。真辺とのトラウマで人間不信が払拭できずにいたが、時雨から正式に陽炎と御影と番うには人間世界に時々は戻らなくてはいけないと人間世界に戻らない事を怒られ、時雨の勧めで陽炎と宵街で初デート。

表題作「異世界で獣のごはんになりました」コミコミ特典書き下ろし小冊子

陽炎、由緒ある稲荷の子息、妖狐、見た目王子様風
楠木涼、宵街の遊郭「竜宮」の男娼、19歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

宵街散策

本編後、竜宮で相変わらず引き籠もり生活を続けている涼。
男娼としてはある意味正しい生活をしている日々。
ただ、陽炎と御影と正式な番となるために人間界に一度戻らないといけないが、涼は真辺とのトラウマで頭ではわかってるけどなかなか行動に起こせずにいたということから、本当に凄く心が傷ついていたのだと改めて感じました。
たまたま来た御影にその事を相談していると、時雨が現れ引き籠もってばかりの涼を陽炎に宵街へ連れて行くように提案します。慣らしていこう作戦です。
人目が気になる涼でしたが、陽炎の自分が涼を守るという心強い言葉に頷き一緒に出掛けます。

宵街の賑やかな雰囲気と陽炎と一緒だという心強さもあり、次第に緊張も解け、散策を楽しむ様は本当に良かったな~と。
お土産を選んでる姿にもほっこりしました。
涼にとって「デート」が過去の辛い記憶しかないけれど、今日の散策で陽炎との楽しい「本当の初デート」に上書きされた幸せな姿にはほろりとなってしまいました。
こうやって、陽炎や御影との初めてを増やし、過去に上書きして幸せな日々を末永く過ごしていくんだなと、少し心配だった事が補完されて一安心なお話でした。
まだ少し涼の辛い過去も出てきましたが、現在は幸せで甘~い日々を過ごしている事がわかり、この冊子では御影自身は会話の中でしか出てきませんが、3人のこれからの幸せが感じられるので、ぜひ手に入れられるうちに読むのお薦めです。

0
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ