高飛車と番犬

takabisha to banken

高飛車と番犬
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
3
平均
3 / 5
神率
0%
著者
みやもと水風 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
ISBN
9784796411868

あらすじ

元警視庁SPで現在は民間警備会社に勤める降矢は、
人気の若手三世議員・沢村修一郎の警護をすることになる。
実は、修一郎に会うのは初めてではない。
SP時代、修一郎の父親を警護していた降矢に、修一郎はキスしようとしてきたのだ。
再会した修一郎に挑発された降矢は抗いきれず関係を持ってしまう。
そして、修一郎に翻弄され続けていたある日、修一郎宛の荷物が爆発して―――?

表題作高飛車と番犬

降矢、SP
沢村修一郎、衆議院議員

同時収録作品幼なじみはスーパーダーリンズ

ヤマト、タケル
谷原千紘

レビュー投稿数1

受けのギャップに驚き。

苦悩するエリートSP降矢×淫乱な人気の若手議員沢村

表紙の受けの沢村が自信たっぷりな余裕のある表情の為、終始このような感じの女王様タイプなのかと思いきや、情事シーンに入るとトロッとした表情に変わるのがびっくりでした。序盤はグイグイと降矢に迫っていたのに、爆発事件後には降矢の身を案じて距離をおこうとするしおらしい様子もあり、その他にも話が進むにつれ弱い部分も見えてきて、大分意外でした。

攻めの降矢は6年前沢村に初めて出会った時からこのままだと沢村に溺れてしまうことが分かっていたため、警視庁SPを辞めて沢村から離れた過去があります。再会後序盤こそ沢村にツンとした態度もありましたが、自らの意思で沢村を抱くことを決めてからは降矢自身も沢村を大事に思っていることが多々感じられ良かったです。


気になった点は、初めて出会った時からお互いに気になっていた描写が数ページでしか描かれておらず、お互いにどう惹かれていたのかがいまいちよく分からなかったため、もう少し詳しく知りたかったな~と思いました。
また初読みの作家さんだった為、降矢と沢村の表情の移り変わりに若干面食らう事も何度かありましたがこういう作家さんなのでしょうか…

作画には若干気になる点がありましたが、話の展開は個人的には好きだった為萌え2にします。

※同時収録作品が1作ありますが、年下幼馴染2人×攻め二人に好かれている近所のお兄さんの3Pの為、好みが別れるかもしれません。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う