気まぐれ猫、餌付けされました

kimagureneko ezukesaremashita

気まぐれ猫、餌付けされました
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
海王社
レーベル
ガッシュ文庫
発売日
価格
¥676(税抜)  ¥730(税込)
ISBN
9784796411912

あらすじ

家賃も払えず極度の栄養失調で路地にうずくまっていた一馬は、
通りがかった財閥の御曹司・航洋に拾われた。
顔が可愛いから――ただそれだけの理由で、タマと呼ばれて屋敷で衣食住の世話をされることに。
料理が趣味の航洋は、食材を惜しみなく使い、時間をかけて美味しい手料理をふるまってくれる。
居候の身なのに、徐々に航洋に惹かれていってしまって――?
土鍋で炊いたおかゆ、チャーハン、豚骨ラーメン……美味しいご飯とやさしい恋。

表題作気まぐれ猫、餌付けされました

三好航洋・コンサルタント会社経営
北山一馬・アルバイト・19歳

その他の収録作品

  • あとがき(森本あき先生)
  • あとがき(尾賀トモ先生)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

タマを拾うお話

飯テロを期待して購入。圧巻なのがウナギでした。おかゆもいいなあ。この攻めに拾われたくなるお話、「本編のみ240Pほど+森本先生と尾賀先生のあとがき」でした。色っぽいお話が少なめでも大丈夫な方、かつ美味しいもののお話が好きな方にはお勧めです。一体いつになったらBLのLが・・・とハラハラするぐらい、ゆっくりタマが思いを育てるお話です。色々びっくりしたのでちょっと萌が減ってしまいました。

週三日、6時間のコンビニバイトだけで生活している一馬。訳あって大学を1回生終わったところで中退し、自分で生活しようとしていたのですが、なかなか良い仕事に就けず、この2か月ほどは家賃すら払えていません。バイト仲間から「顔白い」と言われた後、ふっつり意識が途絶え、目覚めれば病院。保険証は自宅だし、金はないし、ヤバイと点滴を引っこ抜き、脱走したものの、やっぱり息がきれ適当な路地しゃがみこんでいたら、「捨て猫?」と声を掛けられ・・・と続きます。

登場人物はほぼ二人!双方の親は回想で出てきます。(食べに行った店の店員さんなんかはノーカウント)

***以下は私からすれば仰天の世界


私が多数派なのかどうかは分からないのですが、この二人、親と全くそりが合わないという設定。
そういう状況になったことがないので、少し困ったなと思ったのですが、自分が嫌だなと思ってる人(=この場合、親)から熱烈に愛されても、確かに困るよなと考え、ようやく得心できました。思わず息子に「ママのこと好き?」と聞いちゃいましたよ。

大学1回生の必修を落としたもんだから、もう1年学費ちょうだいと親に言うのが嫌で、大学を辞めたという受けさん!!!おいっちょっと待てっ後先考えろーーーーーと驚愕絶叫。
そんなに嫌がられたら親も可哀想と思いきや、タマの両親たちがタマとそりが合わないので、all OK!ということでして・・・それはそれで幸せだったということなんだろうか・・・とかなり呆然。

で、大学辞めて住んでたところ追い出されて野良ネコになったという次第です。
そして拾われ、タマと命名され。
そっから怒涛の飯テロ。ウナギもすごいが、もっとも驚いたのはおかゆかもしれない。おいしいおかゆを作るためにコメの粒の大きさをそろえるだとーーーーーーーーーーーー????
まあ、ぜひ読んでみていただきたいです。他の作品にはない驚愕の連続でした、私には。

ラブの方は、なんだかうるっとします。愛するとか大切にするということが出来なかったのに、それがようやっと出来るようになったみたいで、本当に良かったです。捨て猫が幸せになるお話って嬉しいと思うんですけど、まさにそのまんま。良かったね、タマ。二人してゆっくり頑張ってねという気持ちになるお話でした。人生投げやりにならずに粘ってみよう~ です。
それと、ほんと「食べるものは大切★」です!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ