ヤクザ教師とハメられ王子2

yakuzakyoushi to hamerareouji

ヤクザ教師とハメられ王子2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
52
評価数
13
平均
4.2 / 5
神率
53.8%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥689(税抜)  ¥745(税込)
ISBN
9784758078641

あらすじ

新任教師の蛇淵は着流しにキセルを吹かし、言動もふざけてばかり。コミュ障王子と呼ばれる矢部はそんな蛇淵に目をつけられ、なぜか付き合うことに…蛇淵に流されては学校中の教室でハメられて、気づけばエロいことばっかり…「センセーってホントに俺のこと好きなの?」

表題作ヤクザ教師とハメられ王子2

蛇淵 剣(高校教師・数学担当・元ヤクザの息子)
矢部 漆羽(アゲハ)高校生

その他の収録作品

  • 恋バナ男子(前後編)
  • 夏祭り
  • 修学旅行(前・中・後 編)
  • コスプレプレイ 5P
  • EXTRA PAGES 本体・表紙
  • EXTRA PAGES 本体・裏表紙
  • EXTRA PAGES 背表紙カバー折り返し
  • EXTRA PAGES カバー・裏表紙
  • 電子特別版 おまけイラスト
  • 部屋と裸エプロンとやべたん(電子限定描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数3

2巻お待ちしておりました!!

ちょうど2ヶ月前に電撃的に出会った本作、続きを思いのほか早く手にできて感激です!
1巻がすでに2巻分の厚みでしたから2巻といっても実質的には3巻みたいなもんですね。
そしてなんと嬉しいことに、まだ続きます!やったー\(^o^)/

さて2巻。
チャプタータイトルからして1巻とは様子が違っておりまして、1巻の怒涛のシュールはなりを潜め、甘エロが大増量。そして後半やけにダークです。(コミカルは健在)
ぶっちゃけ私、この作者の一番の本質はコミカルでもシュールでもなく「ダーク」だと思うんですよ。しかもちょい(だいぶん?)中二病的な。
じゃなきゃ先生にあんな柄の着物着せないし、「赤く流れる血の雫」(1巻)とかね、「鈍く光る欲にまみれた虚ろな目」(2巻)とかね、そんなモノローグを高校生に言わせないからw
で、1巻ではまだちらほら見え隠れする程度だったそのダークさが、2巻後半一気に炸裂してまいりましたね…!( ´艸`)
やべたんやべぇww この子めっちゃ中二病やん!
先生は卒業したっぽい(1巻参照)けどやべたんは現在進行形やん。
アホな先生を止めるストッパー役かと思って読んでたのに、矢部たんの方がよっぽどやばい。
カバー下の告白なんかもうだいぶん重症やん。
小悪魔通り越して、男を蜘蛛の糸で絡め取って食ってしまう女郎蜘蛛みたいなキャラになってるやん。
漆羽(アゲハ)って言うキラキラネームに全然名前負けしてへんキャラになってきたよ?!
教師と生徒の禁断の恋の行方どうなる?!?!

シギ乃さんがこの2人をどこに向かわせたいのかさっぱりよく分からん展開になってきましたが、そもそもがスーパーフリーダムに描かれていたWEB作品。このまま作者の好きに突っ走っていただきたい。
見届けます!

【電子】シーモア版:修正白抜きに薄いトーン、カバー下○、裏表紙○、電子限定描き下ろし(4p)、電子特典ペーパー(1p)付き

2

"恋は盲目"なのは どっち?

人を好きになると、独占欲や嫉妬心が湧きますよね。一緒に居たいって思うし、好きだからこそ、相手を大切にしたい。恋すると当たり前に感じる感情です。
シギ乃先生の"ヤクザ教師とハメられ王子"、2巻では、ストーリーは教師と生徒の恋愛だったり、学生生活の中に感じる"教師と生徒"と言う関係性ならではのドキドキ感を感じることができるのですが、話が進むにつれて、そのラブコメ的な部分が、切なさや人間の深いところに潜む欲望へと変化していく気がしました。

1巻では、変わり者のヤクザ教師の蛇淵(攻)から惚れられて、押されつつ惚れつつみたいな生徒の矢部(受)…的な、コメディーもシリアスもエロもありましたが、2巻は蛇淵と矢部が周りに隠れてラブラブになりキュンキュンしたり結構エロ多めで(嬉しい笑)、でもそれだけじゃなくてコメディーよりシリアスでハッとさせられる部分が多く感じられました。
付き合うようになり、一緒にいる時間が増えた2人ですが、"一緒に出かけたい"蛇淵に対して、人目を避ける矢部…それは、一緒にいて"咎められる"のは蛇淵だから。蛇淵が好きだから、一緒にいたいから、矢部は彼を守りたいのかなって感じました。
ラストも気になります…蛇淵と矢部の関係が、蛇淵の同僚教師 加古谷にバレ、2人は自分達の行動や今後を見つめ直します…"先生(蛇淵)は俺のすべて"と感じる矢部と、蛇淵との間の、好きの"深さ"の違いに違和感を感じさせるような終わり方…。

勿論シリアスだけでなく、キュンもたくさんありますよ(^^)/特にオススメは、蛇淵が自分の部屋の合鍵を渡して会話するシーンです♫部屋でばかり会うのが退屈じゃないかと心配する蛇淵に、"二人一緒なら 何でも楽しいよ"と伝えて微笑む矢部に、マジで泣きそうになりました。 そうです!何処に行くかじゃなくて、誰といるか…それですよ大切なのは!!あぁー矢部たぁぁん(//∇//)かなり共感してキュンでした♫

全てを捨てる、全てを捧げる"覚悟"がある矢部と、その気持ちにまだ追いついていないように感じる蛇淵…この先どうなるんだろう。色ボケで浮ついているように見える蛇淵を"恋は盲目"だと感じていましたが、若さで"覚悟"が先走りしているようにも少し感じる矢部こそ"盲目"になっているような気もして、どちらが"恋は盲目"なのか…考えすぎかな私…。3巻も楽しみです(⊙▽⊙)

3

良くも悪くも。あの毒気が抜かれてしまった…、という気がします。

あの、1作目の独特のシュールな感じ。賛否あったかと思います。ウザいくらいのシュールなギャグ。キョーレツな蛇淵のキャラクター、不本意ながらも流されていく矢部たん。
まず、絵柄なんですけど、彼等はそんなにも丸々モチモチとしていたか。確かに先生や甘夏は丸々とした顔だったかと思うのですが、もぅ、皆んな丸い。そして、丸いせいか、とっても幼く見えてしまう。高校生には見えない。さらに、あの良くも悪くもウザかったギャグは鳴りを潜め、(全然無くなったわけでは無いけれど、)おとなしくなった様な気がします。あの独特の毒気の様な、ギラギラとしたものが抜けて、拍子抜けするほどのアッサリ感すら感じるのです。それだけにお話はシンプルになってるかもしれません。1作目が衝撃的だったから、慣れてしまっただけかもしれません。
あの1作目のラストから。驚くほど、蛇淵と矢部たんはラブラブになっていて。そこから物語はスタートします。え? フツーにラブラブでいいの?と思うくらい。主にセックスに明け暮れている二人。

新しく、加古谷先生という謎キャラが登場します。1作目で、この先生が怪我で休んでいたので、蛇淵がテニス部の顧問代理を務める、というエピソードがあったのですが、その休んでいたのが加古谷先生です。復帰した加古谷先生は黒ずくめの不穏なヤツで、蛇淵らに関わってくるのですが…。
この糸目の無い、黒い塊の様なシルエット。彼の家族、双子の娘たちの様子を見ると、???某先生のとてもシュールな、某作品を嫌でも思い浮かべてしまうのです。ちょっと似過ぎていないか? と。
この先生が出て来た事によって、また前半の雰囲気から違った空気感になっていくのです。

そして、この2作目で、物語は完結するかと思っていたのですが。何やら不穏な空気を醸したまま、次巻へと続きます。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ