きぐるみセンチメンタル

kigurumi sentimental

きぐるみセンチメンタル
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
11
評価数
3
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイデジタルノベルズ
発売日
価格
ISBN

あらすじ

広告代理店に勤める木野は一目惚れした森の妖精のキャラクター・モルモルの中の人である加賀谷に自身の秘密を知られてしまい…!? 接触恐怖症の青年が男前なきぐるみに恋をする!

表題作きぐるみセンチメンタル

加賀谷新・きぐるみアクター・25歳
木野一・大手広告代理店・もうすぐ30歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

『中の人』との恋

『そのキャラが好きで好きで、もうすべてを追っかけていたら、当然のごとく中の人まで好きになってしまった』という経験をお持ちの姐さま方は多いかと思います。
このお話は『それ』です。
ああ!まさしくドリームではないか!

大手広告代理店(社名が『白凰堂』って……笑)に勤め、仕事も出来る男、木野一は軽い接触恐怖症です。両親が多忙なため寂しかった子ども時代、大切にしていたクマのぬいぐるみを母親に捨てられた時から、人に触れられることを苦手としています。そんな彼の現在の愛の対象は人間ではなく、着ぐるみ。ある出来事を切っ掛けとして三津鷹市非公認キャラクターのモルモルに夢中になり、追っかけをしています。愛が高じて、ビールの試飲会の仕事にモルモルを登場させる企画を提案。これが取り上げられ、木野はモルモルの『中の人』加賀谷と親しくなっていくのですが……

前半の『着ぐるみに対する愛』を描いている部分はたいそう面白かったです。
オタクの末席を汚す者として「あーわかるわかる。こうなるよね」というのは勿論なのですが、木野の『着ぐるみ愛』は、両親から愛してもらいたいのに愛されていると感じられなかった結果であることが納得できる書かれ方なので。

他人は、たとえ恋人であっても自分の思う通りにはなりません。
それはちょっと悲しいことでもあるけれど、だからこそ、そういう他人と関わった結果として自分も豊かになっていくと私は思っているんですね。
このお話は、そういう意味で木野の成長物語なのですけれど、加賀谷との関りが結構すんなり行ってしまうものですから、ちょっとだけ喰い足りない感を感じてしまいました。

でも、その分『ドリーム感』は高いです。
「大好きだったあのキャラの『中の人』とどうこうなってしまったらどうしよう。うふっ」っていう感じ。
読み終わって振り返ると、自分の中に『夢女子』がいることを発見して、ちょっとびっくりしました。

2
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ