春と夏となっちゃんと秋と冬と僕

haru to natsu to nacchan to aki tofuyu to boku

春と夏となっちゃんと秋と冬と僕
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神149
  • 萌×252
  • 萌27
  • 中立13
  • しゅみじゃない15

--

レビュー数
39
得点
1047
評価数
256
平均
4.2 / 5
神率
58.2%
著者
佐岸左岸 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックス BABY comics
発売日
ISBN
9784865895131

あらすじ

ページを捲るごとに染み渡る、萌えの塊。

自然溢れる小さな町で四季折々の変化を感じながら、
ただひたすらにシマとナツオの恋愛を傍観できる。
甘さに悶え、切なさに涙し、BLが好きで良かったと確信する。

デレデレで大好きが隠せない攻め×何でも受け止めてくれる男前な受け

あらすじ▶︎
カシャン、と割れそうな程にあやうくて美しい日々。
どこにでもありそうな田舎に暮らす、
どこにでもいそうな男子学生のシマとナツオ。
だけど彼らの恋は世界にただ一つだけの、特別で幸せな恋。
毎日を愛しんで暮らしたくなるようなぎゅっと心を掴むBL(ボーイズ・ラブ)、
佐岸左岸待望のデビューコミックス。

表題作春と夏となっちゃんと秋と冬と僕

シマ,高校生
ナツオ,高校生

その他の収録作品

  • 第13話(描き下ろし)

レビュー投稿数39

儚い男子高校生の日常

読みやすい4コマベースのはずなのに、何かの満足感、エモさ、天才だ。。となります!
2人の可愛い日常の絵がとにかく綺麗で、自然や動物のイラストにもいやされます。題名の通り、四季を通してのおはなしが詰まっているのですが、服装やその季節ずつの萌エピソードもとにかく最高です。
それ見たかった!のツボが沢山あります^^
直接的な描写は少ないですが、たまに色っぽくなる2人が最強に尊いです。
悩んでいる方はぜひ一度読んでいただきたい作品です。

0

尊い

日常のなかに溶け込んで、ゆるくて波がなくて取り留めのないやり取り…尊いなぁ。
シマとナツオの関係は、壊れそうにもないほど強い絆があるようにも見えるし
一瞬で散ってしまいそうにも見える不思議。
あえてそういう風に描いているんだと思いますが、切なさと愛しさを同じ場面で感じることが出来るのはすごいことだなと感じました。

高校時代の限られた時間のなかで、幼なじみから恋人同士になったふたりは
その枠から外れたらどうなっていくんでしょうね。
ずっとこのままでは居られないだろうという漠然とした不安と
それでもずっと一緒に居ることを望む気持ちのせめぎ合いがあって
甘いだけのお話になっていなかったのが良かったです。

0

最高

何回も何回も読み返しています。
帯の通り、ひたすらに、萌の塊。
甘々な同級生ものが好きな方は是非読んでいただきたい。
後世に残したい愛読書になります。

0

イケメンでおっきいのくれる

こんな儚くてキレーな話なのに、こんなセリフをレビュータイトルとして切り取ってごめんなさい反省してる(ほんとか

すっごく人気なようだったので読んでみました。可愛いDKがわちゃわちゃしつつ、その裏に儚くて、不安定なものがたくさん浮いている感じ。片方は、そのことをすごく不安に思っていて、もう片方が、「そんなに気にしなくていいんだよ」とぎゅっと握り返してくれるけど、本当に、そんなに簡単なことなのかな?と、きっと思ってる

ハマる人はめちゃくちゃハマる作品です
個人的にはちょっと物足りませんでした

0

日常

彼らの日常を覗かせてもらってるような感覚で終始読み進めました。彼らの何気ない言葉や仕草に悶えました…なんでこんなに輝いてるの…男子高校生って眩しすぎる‼︎
攻めのシマくんは受けのナツオにとにかくデレデレ。シマくんのホクロがいい味を出しててすごくエロいです。ナツオはとにかくおてんばで、きっと読者の母性を引き出すことでしょう…(現に私も母性湧きました)
そして、彼らの周りの環境もとっても素敵です。部活の仲間だったり田舎道だったり。

どこか田舎に行ったら彼らに会えるんじゃないかと思いました。癒しを求める方におすすめです^_^

0

4コマ青春

基本的に4コマ。
この4コマの中でしっかりと萌えとオチを作ってくるのがすごいですね。どのページも面白く、ついもう1つとページをめくってしまう。

幼なじみ同士。イケメンの攻めさんと、小さいけど元気印、そして男前な受けさん。読み進めると、このイケメン攻めより、受けのキャラがいいんだなぁと気づかされます。
説明台詞みたいな無駄なものが一切なく、それぞれの気持ちが分かるつくりになっているのがすごい。
受けのナツオが、短いけどズバッとすごいことを言う、たぶん普段からきちんと考えていて自分で行動できる、そういう人なんだろうなあと思わせられます。

こういう雰囲気を出せるマンガ、すごく好きです。
萌え2じゃないのは、高校生の青春っていうテーマが自分のツボでないだけで、面白かったです。

0

相性の問題と思われます

かなり前に読了して、レビューしてなかったので再読しました。
今までに何回か読んでるんですが、何度読んでも同じ感想にしかならないんですよね。
多分作者さんとの相性が良くない。
「オールドファッションカップケーキ」も同じ感想を抱いたので、もうこれは仕方ないのかなと。

幼なじみDKのカップルの日常なんて、好きすぎる設定なのですがなんかね、萌えられない。
シマとナツオがイイ台詞を言えば言うほど、何て言うんですかね芯が「スンッ」となってしまう。
反対にセリフがシンプルなエピソードほど、いいなっていう感想が浮かびます。

絵は綺麗で、背景とかもしっかり描いてあって良いなと思うのですが、この作品ではキャラにもあまり萌えを見いだせませんでした。
辛口ですみません。

4

愛しい日々のお裾分け

NO情報で作家買いやジャケ買いをするたちなので、買ってみて「おや?」と思うことが多々あります。
この「おや?」は良い「おや!?」だったり、悪い「おや…?」だったりするのですが、今回は良い方でした。

『オールドファッションカップケーキ』がいたく気に入ったので、こちらも購入してみたのですが、てっきり繋がりのあるストーリーだと思い込んでいました。
13話もあるー♪と喜びつつ、ページをめくって「おや?」。
4コマや8コマの短い一瞬をつなぎ合わせたものだったんですね。

田舎の男子高校生。
幼馴染でいつでも一緒。
家族ぐるみの付き合いゆえに、思い出も全部一緒。
そんなシマとなっちゃん。
2人が過ごす高2の7月から高3の6月までの1年間と、おまけ。

誰かのスマホに保存されたショートムービーを観ているような感覚です。
「けつめんぼ」という言葉が気になって調べたら、千葉の方言だとか。
「でれすけ」は結構広い地域で使われているけれど、「けつめんぼ」はお初。
シマがなっちゃんにべた惚れかと思いきや、なっちゃんもべた惚れ。
2人のいちゃいちゃを見守るバスケ部の仲間たちも、おおらか。
手を繋いで歩いても、誰かが来たら離してしまうシマよりも、「俺は失明した!」と言って強制的に手を繋がせようとするなっちゃんの方が、漢気に溢れてました。

181.4cmと大きいシマよりも、12cm小さい(しかも足のサイズは23cm!!)なっちゃんの方が、「今」よりももっと大きな未来を見ている感じ。
シマはわりと小心者で、すぐ不安になったりするけれど、そこをなっちゃんがすぐに気付いて掬い上げてくれるのが、何とも良いコンビ。

先のことは分からない。
だけど2人だけの思い出と今がある。
これから、シマは大学へ進むために地元を離れるかもしれない。
そこまでは描かれていないから分からないけれど、ずっとこのままでいてほしいなあ。

幼少期のムービーで、将来の夢を聞かれたなっちゃんが「なっちゃんやさん」と答えるシーンが可愛すぎて倒れました。
そのあと、今のなっちゃんに「なっちゃん、2つください」って言うシマもいい。

妄想癖激しいわたしは、いろいろなことを妄想してしまいました。
たとえば、大人になった2人が東京で2人暮らしを始めて、引っ越しの日に出てきた古いスマホを充電して、中に入っていたこのムービーを一緒に見てるとか。
もしくは、どちらかの結婚式の帰りの電車の、誰もいない車両で、スマホに保存したこのムービーを流したまま、ぼーっと外を眺めながら、涙を流す場面とか。
楽しい方にも悲しい方にも妄想が膨らんでしまいました。

願わくば、子供じゃないけど大人でもない年頃に芽吹いたこの恋が、ずっとずっと枯れない花を咲かせ続けていますように。

7

可愛すぎる2人

左岸先生が描く世界観となんといってもシマとナツオが住む小さな町の自然いっぱいで何もかもがキラキラしている描写がとても美しく私もこんな綺麗なところに住んでみたいなと感じました。2人の日常と一緒に四季折々の変化が楽しめます。また短編で収録されていたので、毎回オチがあり読みやすかったです。終始2人の駆け引きやセリフにキュンキュンドキドキでした。男子高校生の時にしか味わえないシチュエーションや甘えたいけど少し恥ずかしい気持ち、甘酸っぱさ、これぞ青春ですかね。シマがナツオにデレデレな様子であったり、ちょっと天然なのかな?と思えるナツオの行動にとてもとても癒され、心を掴まれました。これぞ萌の塊です。

4

言葉で魅了された。

二人の掛け合いが然り気無く愛を感じられて、とても良かったです。
エロに頼らずともセリフや細かい画力でこれだけの魅力を出せるなんて素晴らしい。
しかも初コミックですか…。
期待しかないです。 
ナツオのぶっきらぼうな話し方も良い。
想像力書き立てられる。

いや、しかし本当可愛いこの二人。 
全て攻め目線なので、ナツオの可愛さを堪能出来ます。
映画館に行く約束なのに布団から起きないナツオに俺と布団どっちが大事?からの
寝惚けながらの、布団の中のお前…
うーん、萌えた。

バナナの話も好き。
バナナって皮が黒くなると、甘くなりますよね。だからチン○にホクロが…とか天才。良く考えつくもんですね。

ただ、やりすぎてちょっと冷める所もあり。私の精神状態が関係してるのかも。

オールドファッションとはまた設定が全く違うけれど、学生ものも良いですね。
上質なお笑いの掛け合いとエロを見てる気分になりました。

でも、やっぱりエロがもう少し欲しがったなー!(訛りこんな感じ?)先生続きお願いします!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う