今宵、義兄とアバンチュール

koyoi, anata to aventure

今宵、義兄とアバンチュール
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
3
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
秀香穂里 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
yoshi 
媒体
小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイデジタルノベルズ
発売日
価格
ISBN

あらすじ

長年片思いする義兄の結婚により失恋し、傷心旅行で沖縄に出かけた慎一朗は旅先で義兄にそっくりな男性に出会い心を惹かれ…。

表題作今宵、義兄とアバンチュール

羽柴、旅先で出会った男、27才
相澤 慎一朗、央剛舎社員、25才

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

バカンスでのよろめき

秀香穂里先生の電子限定版短編です。

11才の時、父が再婚したことで義兄になった2才年上の亮に恋をした慎一朗。
ずっと一筋に想い続けていたが、亮が結婚すると知り1人だけで沖縄へセンチメンタルジャーニー。
ところが、気ままに入った水族館で亮にそっくりな男性に声をかけられる…
その男性・羽柴は慎一朗に向かって「君は可愛い」とか、急に頬にキスしたりとか。
亮への想いを断ち切りたい、でも初めて会った男性にこんなにすぐに心惹かれるなんて…と揺れ動く慎一朗。
しかし羽柴は本当に義兄の亮に面影が似て、慎一朗は羽柴を亮と重ね合わせるような、新しい恋に踏み出すような。
ところで、亮は高校から寮生活で、慎一朗は12年ほど亮に会っていないのです。
もうそこから…ね……あ〜これはもしや…
でしょう?
亮へのもはや幻のような長い恋心と、今の生身の羽柴へのよろめき!
ぐらぐらと揺れる慎一朗を抱きしめたりキスしたりする羽柴なのに、最後急にはぐらかす。
身も世もない慎一朗は羽柴のことしかもう頭になく…
そこで羽柴の正体が明かされます。
あら、やっぱり、なのですが、慎一朗は健気で素直でいいんだけど、なんで羽柴はこんな風に慎一朗に近づいたの?っていうのが疑問点ですねぇ。
ともかく、慎一朗の想いが報われて良かったね、というラストではあるんだけど、一応許されざる恋よ。淫靡さや罪悪の香りがないのは後味は良いけれど、という読後感でした。

ところで慎一朗はアノ央剛舎の社員。まったく央剛舎のゲイ比率ったら…サイコー!

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ