妄想探偵の日常

mousou tantei no nichijou

妄想探偵の日常
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2
平均
3 / 5
神率
0%
著者
理佳 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
A-KAGURA
レーベル
電子発売日
価格
ISBN

あらすじ

「元」刑事の竜二は、いつも通りに起きてしまって暇を持て余していた。そんな折、恋人の和人が部屋を訪ねてきて、いきなり「探偵事務所を開く」と言い出して…。元刑事×元御曹司が織りなす探偵物語。※作家個人で公開していたWeb漫画作品を電子書籍版として配信。

妄想探偵の日常(1) 18ページ
妄想探偵の日常(2) 19ページ
妄想探偵の日常(3) 25ページ
妄想探偵の日常(4) 19ページ
妄想探偵の日常(5) 19ページ
妄想探偵の日常(6) 28ページ
妄想探偵の日常(7) 27ページ
妄想探偵の日常(8) 23ページ
妄想探偵の日常(9) 26ページ
妄想探偵の日常(10) 19ページ
妄想探偵の日常(11) 20ページ
妄想探偵の日常(12) 25ページ
妄想探偵の日常(13) 26ページ
妄想探偵の日常(14) 19ページ
妄想探偵の日常(15) 24ページ
妄想探偵の日常(16) 24ページ
妄想探偵の日常(17) 27ページ
妄想探偵の日常(18) 23ページ
妄想探偵の日常(19) 24ページ
妄想探偵の日常(20) 22ページ
妄想探偵の日常(21) 22ページ
妄想探偵の日常(22) 26ページ
妄想探偵の日常(23) 25ページ
妄想探偵の日常(24) 27ページ
妄想探偵の日常(25) 43ページ
妄想探偵の日常(26) 41ページ
妄想探偵の日常(27) 41ページ

表題作妄想探偵の日常

竜二(元刑事の雇われ探偵)
一条 和人(英国帰りの探偵・お坊ちゃん)

レビュー投稿数1

謎解きメインのBL風味

元刑事の竜二とイギリス帰りでワケあり富豪令息の一条和人。
「事務所にうってつけの窓がある物件が見つかったから探偵事務所をやろうと思う」という突拍子もない和人の一言で、2人の探偵事務所がスタートします。

発表されている24話分をおおまかにまとめると
① メインの登場人物紹介 1〜5話
② 幽霊屋敷の謎 6、7話
③ 過去の回想 8〜11話
④ 新キャラ(オックスフォード時代の先輩)登場と一条家とのゴタゴタ 12話
⑤ 金庫の鍵の謎 13〜15話
⑥ 新キャラ登場(別事務所の探偵)と一条家とのゴタゴタ 16、17話
⑦ 温泉宿の謎 18〜24話
という感じです。

あっさりとクセのない画風なので謎解きの筋を追う邪魔にならないし、「苦手」と思う方もいないんじゃないかなとは思うものの、逆に登場人物のビジュアルに何か思い入れができることもないかな。
メインは竜ちゃん×和人ですが、竜ちゃんの野球部からの後輩で記者の太田がちょこちょこ絡んできます。
この太田が若干面倒な存在で、長年の竜二への片思いを途中からすごい勢いで拗らせ始めます。
最初は「男もいけたなんて…。でも和人さんだったからかな」という感じで2人の関係を認めているのに、温泉宿から急激に間に入ろうと奮闘?画策?し始めるのが面倒臭い。
ここまでBLはスパイス的に竜ちゃんと和人のえろすシーンもキスは何度かあるけど後はあっさりめ、恋人関係は2人の絆の強さを示すための設定のような感じで描いてきたのに、当て馬くんが突然やる気を出してしまったのがびっくりでした。
どう見ても盤石な竜×和のどこに隙を見出したのか分からないけれど、竜二を諦めきれない太田に誰かいいひとを見つけてあげてほしいです…。

謎解きは本格的でしっかり筋も練ってあるので読み応えありです。
ただ本当に最後の太田の心の葛藤、いらなかった…。
当て馬を無理に出さなくてもいいんです。
この作品はそういうまったりした良さがあったのに、太田が欲を出したせいでいらないヤキモキが増えたのがわたしは残念でした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う