水曜日は淫ら

suiyoubi ha midara

水曜日は淫ら
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
秀香穂里 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
周防佑未 
媒体
BL小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイデジタルノベルズ
発売日
価格
ISBN

あらすじ

「気持ちいいこと、興味ありますか?」仕事で裏切られ失望していた三嶋は偶然入ったバーのマスターに快楽で慰められてしまい…。

表題作水曜日は淫ら

一式誠司・バーのオーナー兼マスター・30歳
三嶋巧・広告会社勤務・27歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

「ドリームじゃないかも」と思わせる説得力

個人的見解ですが『ノンケの男性がいきなり男性と性的な関係を持つ』というのは、やはり無理があると思うのです。でも、BLにはよくあるシチュエーションな訳で。
だから『何でそうなった?』についてリアルに描いていただかないとその後のお話が響かない場合もあるのですが、今作はその辺が「上手いなー」と思いましたよ。秀さん、手練れですねぇ。

広告会社に勤める三嶋巧は初めて入った品の良いバーで酔い潰れていました。自分がリーダーとなって取り組むはずだった大手保険会社の広告の企画案を信頼していた後輩に盗まれ、彼の仕事にされてしまったのです。地味だけれど頑張っていると評価され上司から指名された仕事でした。失意のどん底にいた三嶋はそのバーで客に絡んだ後、化粧室に閉じこもります。心配した店のマスター、一式誠司に優しい声をかけられ、三嶋はその優しさに、自分の身に起きたことを話し始めたのですが堪えきれず泣いてしまいます。そんな三嶋を一式は抱き留めてくれ、思う存分泣かせてくれます。そして「気分転換に気持ちいいことを」と。気がつくと一式の手によって淫らな愛撫を受け、感じてしまっていました。達する前に愛撫の手を止めた一式は「今日のことが気に入ったら、来週の水曜日に一緒に泳ぎに行きましょう」と会員制スイミングクラブの住所と電話番号を書いた店の名刺を三嶋に差し出すのですが……

三嶋のどん底ぶりが徹底しているものだから「あー、これ、あるかも」と思わせるんですよ。
最初の愛撫に入る前までの、一式の包容力もそう。
ただ、一式は優しいだけの男じゃないんですね。
この『包容力がある素敵な年上の男性』から『エロい大人』に切り替わる部分も、とってもすんなり読めちゃうの!これはなかなかスゴイですよ。
こんな風だから、起きたことに大変戸惑っていた三嶋も次の水曜日に『炎に引き寄せられる虫のように』スイミングクラブにのこのこ行ってしまう訳で。

一式がやっていることを見ると「結構ヤバイ奴だ」と思うのですが、彼に愛されているうちに、ゆっくりではありますが、変わっていく三嶋くんは可愛らしかったです。
『執着攻め』がお好きな方は、ツボにはまるかもしれません。
でも、なんと言っても読みどころは「この説得力」だと思います。

2

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ