気づいてよB.F.F.

kizuiteyo best friend forever

気づいてよB.F.F.
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
22
評価数
9
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
春山モト 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
レーベル
G-Lish Comics
発売日
価格
¥666(税抜)  ¥720(税込)
ISBN
9784866691855

あらすじ

陽と太一は中学生以来の大親友。
おバカな陽は、ぶっきらぼうだけど
なんだかんだと面倒を見てくれる太一のお世話になりっぱなしだった。

太一は陽がゲイなことも知っていて、
ゲイ仲間の歩に片想いをしている陽に協力してくれることに。

そして歩に誘われたシェアハウスに
陽と太一が住み始めたのをきっかけに、
陽と歩はセフレの様なタダれた関係になってしまい…。

このおかしな同居生活が、陽と太一の関係を大きく変える――! ?

表題作気づいてよB.F.F.

井上 太一(中学からの親友)
陽(大学1年)

同時収録作品気づいてよB.F.F.

歩(シェアハウスの住人)
陽(大学1年)

その他の収録作品

  • 描き下ろし

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

スピンオフを希望!

歩に憧れる陽(受)は、片思いを親友の太一(攻)へ相談。歩は直人という片思いがいながら、陽の気持ちにつけこみ、セフレになる2人。陽は歩に告るも振られ、そこへ"俺にしとけ"と太一からの告白。陽と太一は幸せになるというお話です。
メインカプの2人とは離れますが、歩は、姉の旦那である直人にずっと片思い中で、2人の進展はあやふやなままで終わります。私はこちらが気になって仕方がありません!!あとがきに、先生がいつか描きたいと言ってくださっているので、楽しみにしたいです!!

太一が良ければそれで良いですが、少し可哀想にも感じました。だから太一には幸せになってほしいです!!歩に振られてすかさず告白したあたりが、男気ある反面、それでいいんかいっ!ってもなりましたが笑。
歩については、陽に謝罪したし、色々事情があったけど、陽と太一を傷つけたことを思うと、簡単に幸せになってほしくないなと思う気持ちが正直少しあります。。。
陽は、自覚あるようですが笑、片思いしていた歩に振られ、太一からの告白に"大好き"と話すあたりが、わりと葛藤などなくサラッとしていたので、もう少し深く描かれていたら良かったかなと思います。やってることやってる割には笑、ウブな陽が可愛かったです。

1

陽を支え傍にいる太一にキューン

矢印一方通行の三角関係、シェアハウスみんなで片想い!

中学の頃からの親友で大学入学とともにルームシェアする陽と太一。
この二人が頭の出来によって高校も大学も違うのに!!!!親友が続いてるのがある意味尊いですね。
なんたって片方は頼って、片方は世話焼いて・・・故意的につながり続けてる縁っていいですよね。

太一が口には出してないけど陽本人以外は気付くレベルで陽のこと好きなのに、陽の歩への想いを支えてるのにはもぉ胸がキューンってなりましたね!!

歩のスピンオフはぜひ読みたいです。

0

気づいた想いは

陽と太一は中学からの親友で、高校の時に
陽は太一にカミングアウトしていますが、
変わらず接してくれる太一。
そんな太一と友達としてずっと一緒にいるために
好きにならないように、と割り切っている陽。

ふたりは大学進学をきっかけに、陽が思いを寄せる
歩に誘われ、ルームシェアをはじめることになります。

そして早々に身体の関係を持つ陽と歩…
平然(に見える)と太一も加わるのですが、
ちょっと状況すごいな…!
太一に引かれたくないがためにとか、歩にツラくあたられても
明るくふるまう陽が見ていてせつなかったです。

歩が陽に太一の元へ行くように促すところ、
必要だし一見いいシーンなんですけれど。
反省はしたかもだけど、いや、あなたがそれゆう?感が
ありちょっともやっとしてしまいました。
長年直人さんを大切に想う一途さはよかったんですけど…
だからって陽を無下にしていいわけでもないので。

最後は陽が少し乱れたくらいではへこたれない
年季の入った想いを太一が素直に伝えて、
陽は戸惑って泣きながらもかわいく受け止めて。
ラブラブになりめでたし、でした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ