三夜前線

三夜前線
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×212
  • 萌11
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
152
評価数
38
平均
4 / 5
神率
36.8%
著者
鰺坂こうや 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
笠倉出版社
レーベル
カルトコミックスequal collection
発売日
ISBN
9784773072013

あらすじ

「…俺さ、好きなんだよね、吉野のこと」

吉野にとって、真塩の最初の印象は完璧すぎて近づきがたい上司だった。
三泊四日の出張先での夜、酔った真塩に告白された吉野。
酔っ払いの戯れ言だと思っていたけれど、翌朝、真塩から改めて好きだと言われてしまう。
真塩を意識して動揺する吉野とは裏腹に、本人の態度はいつもと変わらなくて…。

【同時収録】「佐藤くんと佐藤さん」「明日のこと」

表題作三夜前線

宇田川吉野,会社員,経理担当
真塩,会社員,営業,吉野の教育係

同時収録作品明日のこと

糸井界人,田舎に暮らす風来坊
赤目圭都,医者

同時収録作品佐藤くんと佐藤さん

佐藤一(はじめ),上京したての新社会人
佐藤一(いち),出逢い系で知り合った男

その他の収録作品

  • After Talk(描き下ろし)
  • 「明日のこと」裏話(描き下ろし)
  • 「高2のこと」「明日のこと」おまけ漫画(描き下ろし)
  • 「佐藤くんと佐藤さん」裏話(描き下ろし)
  • 「佐藤さん」「佐藤くん」おまけ漫画(描き下ろし)
  • 「三夜前線」裏話(描き下ろし)
  • 「素直な後輩」①② おまけ漫画(描き下ろし)
  • 電子限定「コンビニ定点観測」
  • あとがき(描き下ろし)

レビュー投稿数8

受けのギャップにやられる。

「彼の教科書」がドストライクだったので、正直あれを上回ることは無いだろうな...と思いつつも、鰺坂先生の絵に惹かれて購入。
半分期待、半分諦めの状態で読み始めました。

いやぁぁっぱり好きだー!!(笑)
受けの真塩の目が好き。
どう表現したらいいのか分からないんですが...
どちらかというと可愛い系のアーモンドアイで、じっと見つめられたり、すっと細められたりすると、いちいちドキッとさせられます。
クライマックスで、足を腰に絡めて、片眉だけ下げた真塩のお顔は究極でした...///

吉野のタレ目に泣きぼくろをつけてくれたのにも感謝感激です。


もちろん絵だけでなく、お話もよかったです。
まず人物設定がいい。
受けの真塩は、表の顔はキレッキレの営業トップなのに、外階段で「おうちかえりたい...」とか言っちゃう健気な一面があります。
この危なげのある健気さと、フォローを欠かさない上司っぽさのバランスがたまらねーったら。
攻めの吉野も、よく言えば素直だけど、わりと塩対応で若干デリカシーないやつですが、気ぃ遣いな真塩の素を引き出せるいい子でした。

話の内容自体も、真塩が吉野に「おまえに好かれたい訳じゃない」というちょっぴり切ないシーンはありますが、ノンケに恋するゲイにありがちな暗い過去(トラウマ)の描写とかはありません。
絵の雰囲気にぴったりなほんのり甘い、ほんのり切ないお話です。
三夜前線というタイトルも、しっとりしていてぴったりだと思います。

レビュー(ってただのぐだぐだな感想ですが)遅くなりましたが、購入したのはもっと前で、もう何回も読み直してます。それくらい好きです。
大好きなリーマンものだったのでもっとふたりのお話が読みたかったですけど、表題作以外のCPももっと読みたいと思わせられるお話でした。
鰺坂先生、あじさかせんせー、やっと読み方覚えました♡(←あほ)
次作も楽しみにしております。一生ついていきます!

4

大興奮の三泊四日

三泊四日の出張、社長の厚意で豪華ホテル!しかし・・・ダブル。
初日に酒が苦手な真塩は酔って宇田川に告白してしまう。
翌朝、酔いを理由にごまかすかと思いきや改めて「好き」だと伝える真塩。
この、「伝えるだけ」と言うのが宇田川の心をかき乱すし、「なぜ今まで隠してたのに出張の初日にわざわざ言っちゃった?」というのも理由があり後々私の心がキュンッキュンしました!

2日目の夜には今度は宇田川が酔っちゃう!
その勢いで真塩の気持ちを確認しようとしてちょっとばかり癇に障ったのか、真塩が宇田川にフェラしようとして咄嗟に突き放す宇田川ぁぁ!!!
「やめてください」と宇田川が言った時の真塩の表情!!あぁぁぁ。
翌朝には気を遣って仕事モードを装い「気を遣うな」と言ってくる真塩の表情に!あぁぁぁぁ。

3日目の夜には昼からぼーっとしてしまう宇田川を先にホテルに返す真塩。
ホテルに戻った宇田川は昨夜の真塩を思い出して自慰をしだし、真塩の名前を囁いた瞬間・・・・・

あぁぁぁぁこれはこのお話で丸々一冊読みたかった!!

7

甘さと切なさの調和

鰺坂先生の2冊目コミックス。前作が良かったので、作者買いしてみました。
三編の話が収録されていて、それぞれに違う味がありとても楽しんで読むことができました。基本的にはほのぼのな甘い話ですが、ふと差し込まれるスパイスがとても良く効いています。

ーーーーーーー感想とネタバレーーーーーーー

【三夜前線】
会社の上司と部下という関係性な真塩と宇田川。出張先で、酔った真塩から「好き」と告げられてしまいます。でもそれは返事を求めた告白というよりただ告げられただけのような感じ。
その後も通常運転な真塩に宇田川のほうがぎくしゃくとしてしまいます。

真塩から告げられた「好き」に違和感を覚えた宇田川は、彼が宇田川自身に答えを求めていないからだと気づき、今度はモヤモヤとしていきます。
好奇心?からの興味だった宇田川が徐々に絆されていく様に萌えました。

恋人だけれど恋人っぽくない2人が好きです。

【佐藤くんと佐藤さん】お気に入りの話
ぽっぷでどこか不思議な雰囲気を持った話と思いきや...
攻め受けどちらも”佐藤”という苗字の2人。
とくに受けの佐藤は”同じ苗字の男しか好きになれない”と言う不思議な人。でもその理由を知ってとても切なくなりました。それが本当の理由ならの話ですが、確かに...と思わずにはいられません。

攻めの佐藤と幸せになってほしい。

【明日のこと】
同級生の2人が、電話で話すだけの関係になって、その後2人がどういう道を歩むのかのお話。
とくに攻めの放浪癖?といいますか、何をしたいのかよくわからず受けが振り回されている感があり、別れてしまえ!!とも思いました。
でも最後はちゃんとハッピーエンド。時間を置いて距離も離れていても、お互いを想いあっているカップルって素敵だな~と思いました。

どのお話も、巻末に小話が載っていました。物語の補完もできて良かったです。

4

このカバーイラストにやられた

この本、2回買って、4回読んだ。
表題作は、サラリーマンの、上司が部下に片思いしてる話で、同録作品をむくめて、絵柄的にも、お話の展開としても、なかなか良かった。
ただ、絵もストーリーもスッキリしていていい話ではあるんだけど、強烈にインパクトあって記憶に残るってタイプの作品じゃないからレビューを後回しにしてたのと、このカバーイラストやタイトルと、お話の内容があまり結びつかなかったのとで、うっかり2回買って、それぞれ新鮮な気持ちで、4回読んでしまったと。
内容は良かったので、それはそれでいいんだけど、こうやってここにレビュー書いたからには、3冊目は買わずに済むといいな。

1

表紙の上司が色っぽい

・表題作
上司の真塩と2人で3泊4日の大阪出張に行くことになった吉野。
すると出張先の酒の席で酔った真塩から、突然の告白を受けてしまう…
ノンケ部下とゲイの上司による、三夜の物語。

仕事が出来て色っぽい真塩は魅力的です。
すべて計算ずくだったのかな?
三夜で見事に落として見せました。
ただ、吉野はチョロいです!笑
まぁ素直とも言えるのですが^ ^

・佐藤くんと佐藤さん
田舎から出てきた真面目な佐藤くんと、美人で変わり者のおにいさん佐藤さんによる、可愛らしいコメディ。
「同性愛者」で「同姓愛者」という謎多き佐藤さんと出会ってしまった佐藤くん。
『佐藤』同士末永くお幸せに♡としか言えない!笑

・明日のこと
勤務する病院の患者に対する方針に迷う圭都と、気ままに世界を放浪する風来坊の界人。
高校時代の同級生の不思議な関係を描いた短編。

全体的にややあっさりな印象を受けました。
ですが、雨のような不思議な余韻も残る。
そんな一冊でした。

3

恋は3ヶ月以内に進展無ければダメと言うけど、三夜もあれば成就する⁈

BLというものは、恋の大事なところを切り取って見せてくれるものだから。
いつも結構早めに成就する。
手練れの真塩さんにとって。それは三夜もあれば、充分なのかもしれない。
営業成績の良い、スーパークールな真塩さんと大阪出張へ同行する事になった宇田川。
どういうわけか、急な出張というので、社長が労いの為に良いホテルを取ってくれたという、
それは⁈ デデンとダブルベッドも立派な一部屋だった。
商談先との接待の後、酔った真塩さんに「好き」と言われて。
そこはかとなく漂う真塩さんの色気に意識せずにはいられない宇田川。
読み手側を若干混乱させる、宇田川の名前。宇田川 吉野という、苗字みたいな名前なのだ。
真塩さんは、宇田川が新入社員の頃は「宇田川」と呼び、今は「吉野」と名前呼びをしている。
ノンケの宇田川に「答えを求めてない」という真塩さんが切なくて。
物語の「最終夜」にて、真塩さんがこの三夜に想いを掛けていた、真意を私たちと宇田川は知ることになる。という、清廉な色っぽさを持つ真塩さんに、翻弄される一編です。

同時収録は言葉遊び的な「佐藤くんと佐藤さん」
新社会人になって、閉鎖的な故郷でカムアウト出来なかった佐藤くんは、上京して初めてのお仲間に出逢うという物語。とっても短かいので、同姓の同性愛者の佐藤さんが何者なのかはわからないのだけど、
佐藤くんは幸せ♡ になれそうな予感。

そして同級生同士の再会を描いた「明日のこと」
この物語もとっても短かいので、風来坊らしき界人が何をしているのかは謎なんだけど、
穏やかで優しい時間を共に紡いで行くんだろうなぁ、という幸せな予感を残して終わる。

それぞれに描き下ろしで、裏話やおまけ漫画を付けてくれていて。
表題作の真塩さんが、ホテルがダブルベッドだという事を予め知ってたこととか。
「明日のこと」の一見地味めな圭人がサッカーをやってて、そばかすが出来たとか。
その後の甘あま後日談とか。クスッと笑える可愛いお話しがあるのも嬉しい♡

2

じんわりくる丁寧なお話

「三夜前線」
本心を隠すのが上手いやり手の営業マン真塩と
思った事が顔に出やすい後輩で経理の吉野。

ふたりの3泊4日の大阪出張での出来事。

仕事をバリバリこなして柔和な真塩は取引先の
印象もすこぶるいいが、実はズボラ気味で
面倒くさがりな一面も。
そんな真塩の素を知る吉野は思いもかけず
真塩から出張初日に告白され戸惑うことに…

真塩の態度に振り回されながらも気持ちに
気付かされた吉野は最終日にキスからその先へ…

嬉しいながらも素っ気なくコトに及ぶ真塩。
『健闘を祈る』ってなんて言い方(笑)
吉野が計算して行動していた真塩の想像の上を
行く反応を見せてくれていい意味で思い通りに
いかなくて良かったです♪

「佐藤くんと佐藤さん」
同性愛者であり同姓愛者である一風変わっていて
謎めいた佐藤さんと同性愛者であることを隠して
生きてきて新しい人生をスタートしようと
上京してきた佐藤くんのお話。
コメディタッチが新鮮で着目点が面白かったです。

「明日のこと」
高校からの同級生で海外を飛び回っていた
自由奔放な界人と自身の医師としての在り方に
疑問を抱えながらもがいていた圭都。
真逆なふたりの付かず離れずな微妙な距離感と
空気感と…距離を取り戻した後のどうしようも
ない離れがたさにはくう〜っとさせられました!


鰺坂先生の丁寧なこれもいい意味で遠回しな
心情の表現とそれが最後にパチン!とハマる
お話の流れが心地よくて好きです。

2

淡々とした描写に隠れた決意

表題作は、仕事ができる営業マン(受)と、仲の良い経理の後輩(攻)の話。絵柄がすっきりしていて、ストーリー運びも淡々としています。個人的には若干盛り上がりに欠けるなと感じましたが、これは作者さんの作風でしょうから、好みの方もいると思います。

2人で行った出張の初日、接待で酔っぱらった受が、攻に介抱されながら「すき…」と告白し、翌朝酔いが覚めてから改めて「昨日言ったことは嘘じゃない」と告げるところから始まります。

好きだと言いながら両思いになることは求めていない、複雑な受のことが気になる攻。2日目の夜にはちょっとした事件も起こりつつ、3日目、何やかんやで受のことが頭から離れない攻が、受を思いながら1人でシているところに受がやってきて、そこで両思いに。

受にとって攻は、「デキる営業マン」の仮面を被らず接することのできる数少ない相手。告白したのは、自分の思いが叶うことを期待していたからではなく、自分の思いにケリをつけるため。なぜこのタイミングだったかと言うと…。

ネタバレですが、受は関西に出向が決まっていたのでした。何でもないように告白していましたが、告白するのは一大決心だったんだろうなと思います。

同時収録作1つ目は、同じ「佐藤」という名字同士の2人の話。近親相姦を感じたいからという理由で、攻に「佐藤さん」と呼ばれたいと言う受でしたが、ここにちょっと違和感。血の繋がりがあれば逆に名字では呼び合わないのでは?と思いました。ちょっと不思議な話でした。

同時収録作2つ目は、すれ違いラブ。攻がなぜいろんなところを転々としているのか、仕事は何をしているのか等、わかった方がありがたい不明な点が多くていまいちはまり込めず。

少なくともこの一作を読んだ限りでは、短編よりも長編の方が得意なタイプの作家さんかなと思いました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う