洋澄観光ガイドー犢鼻褌(たふさぎ)祭り特集ー(合同誌)

yousumi kanko guide

洋澄観光ガイドー犢鼻褌(たふさぎ)祭り特集ー(合同誌)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
15
評価数
3
平均
5 / 5
神率
100%
著者
和泉桂 木原音瀬 水壬楓子 
媒体
BL小説
サークル
和泉桂・木原音瀬・水壬楓子<サークル>
ジャンル
オリジナル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

「ふんどし」をテーマにした、三作家による合同誌。
水壬楓子「猪鹿町のロミオ」
和泉桂「桃色の奇跡」
木原音瀬「大キライなあいつが僕の恋人になるわけがないっ‼」

表題作洋澄観光ガイドー犢鼻褌(たふさぎ)祭り特集ー(合同誌)

同時収録作品猪鹿町のロミオ

一ノ谷龍太郎、ふんどし屋の若旦那、28歳
篠田虎央、メンズインナー専門店の跡取り息子、28歳

同時収録作品桃色の奇跡

萩田寛、神社の神主
多賀春、和菓子屋の跡取り息子

同時収録作品大キライなあいつが僕の恋人になるわけがないっ‼

唐木十三、ダイビングインストラクター、27歳
菱沼光希、売れないラノベ小説家、30歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

ふんどし、好きになりました

「ふんどし祭り」を観光の目玉にする架空の地方都市・洋澄市を舞台にした三つの物語。

木原さん目当てで初めて合同誌を買いました。実はふんどしにはあまり興味がなかったのですが、ふんどしから生まれる物語の可笑しみとバリエーションがとても楽しかったです。ふんどし、好きになりました。
それぞれの物語の主人公たちは別々の町に住んでいますが、行き来があり、別の物語ではわき役で登場しています。三つの作品を通して読むと、洋澄市全体の雰囲気や景色がなんとなくわかってくるところも、面白いです。

「猪鹿町のロミオ」壬生楓子
老舗のふんどし屋の若旦那・龍太郎とパンツ専門店の跡取り息子・虎央は、小さい頃から“ロミオとジュリエット”とからかわれるライバル。ふんどし祭りの日、神楽殿で一人、ふんどしを締めようと四苦八苦していた虎央のところに龍太郎が来ますが、二人は閉じ込められてしまい…。
それぞれの視点から過去と現在が描かれ、二人は結構昔からお互いを好きだったんだな、と分かる仕掛けが面白いです。エロは控えめに一回だけ。ふんどしは、締めるのに練習が必要なのですね。簡単にできたら、二人はくっつかなかったかもしれません。

「桃色の奇跡」和泉桂
ふんどし祭りとともに洋澄市を盛り上げる“桃まんじゅう”(尻まんじゅう)。老舗和菓子店の跡取り・春は、ある日、龍太郎のふんどし店の客の引き締まった尻に一目ぼれ。もう一度会いたい、と願いを込めて、新作“ふんどし桃ねりきり”を完成させます。市の広報誌に掲載されて数日後、店を訪ねてきたのは春の会いたかった人で…。
春が健気で可愛いです。エロは短めですが、初々しくてキュンとします。お尻の形にこだわる春が、職人らしくて微笑ましいです。

「大キライなあいつが僕の恋人になるわけがないっ‼」木原音瀬
ふんどし祭りの“沈子”(名前がモロで笑)に指名された売れないラノベ作家・光希は、水とイケメンが大嫌い。地底湖で水に慣れる練習をしているうちに溺れ、助けに来たイケメン・ダイバー・十三と、行き場のない暗闇に閉じ込められてしまいます。
真っ暗闇での言葉攻めと濡れた岩場でのエロにゾクゾク。でも、光希がイケメンを嫌いな本当の理由に胸が痛みました。イケメンにつけられた傷は、イケメンにしか癒せないのかも。十三は、顔以上に心がイケメンですね。ちょっとズルかったことが後で分かって、笑ってしまいました。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?