一途なあの子のフラストレーション

ichizu na anoko no frustration

一途なあの子のフラストレーション
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
17
評価数
8
平均
2.6 / 5
神率
0%
著者
本庄りえ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
日本文芸社
レーベル
KAREN COMICS
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784537138993

あらすじ

カフェを経営しているイケメン・誠一にずっと片想いしている高校生の悠。毎日のようにカフェへ通い愛の告白をするも、誠一の態度はつれない。というのも、誠一には悠にだけは絶対知られたくない秘密があった。
「もっと壊れるくらいひどくして」セフレに大きなオモチャを挿れられ、乱れてしまう誠一。ひどく扱われるセックスに興奮するなんて、純粋な悠に知られるよりは死んだ方がマシだ…。そう思っていたのに、ある日全てを知られてしまい―――!?
一途でヘタレな童貞男子×不眠症な三十路ビッチの年の差&訳ありラブストーリー。

表題作一途なあの子のフラストレーション

柳瀬 悠、高校生
織部 誠一、カフェ店主、30歳

同時収録作品一途なあの子のフラストレーション

藤井、医者
織部 誠一、カフェ店主、30歳

同時収録作品一途なあの子のフラストレーション

モブ
織部 誠一、カフェ店主、30歳

その他の収録作品

  • そしてあの子は勝利した―描き下ろし―
  • あとがき―描き下ろし―

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

もっと振り切ってほしかった

話の流れは嫌いではないのですが、どれも中途半端だったなと感じました。

とてつもなくどん底にいるテンションで語られているわりには誠一に悲壮感はそこまで感じません。
こんなことするのは嫌だけど快楽を求める身体には抗えない!!というのもないので、好きでやってるなら別にいいじゃんと思ってしまいます。
不眠描写も弱いかなぁと。

攻めの親が好きだった設定ももっと深掘りしていいのでは。
淫乱になった経緯もサラッと流れ、納得のいかないままいつの間にかハッピーエンド。
せっかく丸ごと1冊ぶんあるのだから、一つ一つの設定をもっと振り切ってより濃厚なお話であれば良かったのになーと思いました。

4

過去が重そうで重くない・・・?

一回り歳の違う幼馴染。
喫茶店オーナーの誠一を小さい頃から一途に想い続ける悠は喫茶店に通う日々。
毎度好きだと告げてもあしらわれ続けてるけどめげないの可愛いな。

誠一が不眠気味で睡眠薬を貰う男とセックスするけどその際、被虐趣味全開。
「酷くして」「汚して」と言ってるけど、結局これは性癖的なものじゃなくて
過去のトラウマ(?)からくる一過性のものだったのかな??
男に3P誘われ快諾し、後日やってるところを悠に見られてからはその男とは合わず
悠と付き合ってからはノーマルセックスっぽかったけど。

誠一が思い悩んでるのが「悠の父親に恋をしていた」のが原因だったけど、
これ・・・被虐趣味に走る程の出来事なのがちょっと分からなかったですね。
悠たち家族を壊したわけでもなく、そもそも可愛く片想いしていただけでは??

なぜこんなにも「過去」を重く捉えているのかが読み取れず萌えきれませんでした。
完全な私の読解力不足なのに評価を下げて申し訳ないです。。。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ