まめだいふくさんのマイページ

レビューした作品

女性まめだいふくさん

レビュー数6

ポイント数61

今年度287位

通算--位

  • 神3
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

じれったくて甘々

同期サラリーマン2人の、くっつくまでのもだもだと付き合ってからのラブラブをお腹いっぱい味わえます。大満足です。

タイトル通りのどこか足りないふたりがお互いを補い合いながら、少しずつ変化していく様子に心があたたかくなります。

穏やかな心理描写も好きですが、エロがめちゃくちゃエロいのも凄く好きです。個人的に書き下ろしで汐海のパンツが丸まって足に引っかかっているのに超絶ときめきました...。

kanipan先生の作品、本当に好きで新刊が出るたび飛びついてしまいますし、読み終わるといつも買って良かったなあと嬉しくなります。
迷われている方は是非どうぞ!おすすめです。

次巻が楽しみ

作家さん買いしています。今作も仄暗ボーイズラブで最高です。

上巻なので起承転結の起と承少しぐらいのお話なのですが、少しずつ引っ掛かりのある描写が入っていてあれ?もしかして?となっているうちに最終ページまで読んでしまいました。ハラハラさせながら読ませる展開が本当にお上手です...。

朝田ねむい先生作品はミステリー調のお話も素敵なのですが、CPの受け攻めがビジュアル固定されていないのも大きな魅力だと思います。

次は下巻か中巻か分かりませんが、とても楽しみにしています。

ハートフル・ラブコメディ!

最高だ〜〜!!
しんどい時とか、元気が欲しい時に何度も読み返してしまいます...。

人狼たちが会社勤めをしているという、何というか一見突飛な設定に思えるのですが...全く違和感がなく、しっかり作り込まれているお話です。

耳や尻尾が付くのではなくて、犬・猫⇄人間のように完全に変身するのが動物の擬人化を見ているようで楽しいです。

小林と大山さんがそれぞれ持っているトラウマを、2人でゆっくり解消していく過程にキュンとします...。

前作を読んでいなくても単体で読めます。可愛さ幸せ癒しの詰め合わせセットでオススメです。

グサッと刺さる

デリケートなテーマをここまで大胆にかつ誠実に扱ってボーイズラブを描くことは日野さんにしか出来ないと思います...。

発売されてすぐに購入していたのですが、ススムに感情移入しすぎてしまったので少し時間を置いて読み返しました。

何を書いてもネタバレになってしまうのですが...2人の関係性が、抱える障碍によって変化していく様を、ジェットコースターに乗っているような気持ちでドキドキしたりハラハラしたりしながら見守りました。

傷は癒えても無かったことにはならなくて、失ったものを受け入れるしかないけれど。その経験でしか手に入れられなかった出会いもあって...人生を大切に生きようと思わせてくれる1冊です。

お見事!

始まりからは予想できない展開に驚き、雁須磨子先生の手の上で見事に転がされました...。

ボーイズラブあるあるの幽霊ネタでありながらも、誰も思いつかない斬新なストーリーを読むことができます。凄い。
でもどこか庶民的というか、親しみのあるキャラクターや雰囲気になっていて...不思議なバランスです。

死別がバッドエンドならば、こちらはハッピーエンドです。サブCP(父)やその後(契約うんぬん)も気になるので続きが読みたいなあ〜と思いつつ想像するのも楽しい...。

CALL コミック

朝田ねむい 

朝田ねむい先生は本当にすごい

パッと目を引く表紙ですが、読み終えてから見るとまた味わい深くて...

どの作品も登場人物が死に近付いていることが多い気がしますが、今作も漏れなく“死と生“に向き合っています。

登場人物がほぼ2人だけというシンプルさながらも、多くは語られない過去や不可解な行動に惹きつけられて、2人がどうなっていくのか夢中で読み進めました。

読まれた方はみんなそうかもしれませんが... 7話のラスト、凄く好きです。他人の生き死にに対する振る舞いが誠実で...この2人の間にしか生まれない関係性や愛情を感じて、胸がいっぱいになりました。

迷われている方、是非読んでください。

群青夏恋 コミック

カシオ 

穏やかで劇的な青春

爽やかな青春物語かな?と読み始めましたが、カシオさん独特の仄暗さが健在でした。

男子高校生2人の一夏の思い出を覗き見ているような、背徳感を感じるお話です。傷つきながらも成長していく姿が眩しい...。

関係性や過去について多くを語らず、読者の想像に任せる部分が多いので...ミステリアスで素敵だなと思いましたが、起承転結がきちんと欲しい方向きではないかもしれません。

最初と最後のモノローグがリンクしていて、この巻だけでも綺麗に纏まっているとは思うのですが...続編があればぜひ読みたいです。

本編に続けて読んで欲しい!

続編があると知って、本編を読んだ後すぐに購入しました。なんて良いお話...

めちゃくちゃ好きです。表題作のカプも好きなのですが、個人的には“ボクは人気者”の2人が好きです。

みんな不安定で不完全な子どもで、欠けた部分があって、惹かれ合うのが必然だったような...不思議な感覚になります。居ないようで居るような、居るようで居ないような...魅力的なキャラクターたちが紡ぐお話に強く惹かれます。

もっと読みたいのですが、おふたりの活動はもう終わりなのですね...素敵なお話をありがとうございます。久しぶりに心が動いた気がして救われました。

斬新な設定で面白い

Twitterの宣伝でお見かけしたのがきっかけで購入しました。
見たことのない設定で面白かったです!

本編2/3が表紙のカプで、1/3が同じ世界の他カプです。両方ともストーリーありエロありの程よい読後感です。
※ちるちるのカプ表記ではリバのようになっていますが、襲い受け(逆レ)なのでリバではありません。

リワインド症候群、というオリジナル設定のお話ですが、分かりやすくて展開に置いていかれることなく読み進められました。幸彦がリワインド症候群を発症したときのお話とっても良かったです。

キャプテンがほんとにクズすぎて、こっちにも一発殴らせてくれ〜!と思いながら読みました...腹立つ〜!

めっちゃ良〜!

さきしたせんせいの新刊、待ってました〜!今月は2巻連続刊行なのとっても嬉しいです...

今作はコメディ色が強めなのですが、エロとコメディのテンポが絶妙で...展開が気になって早くページを捲りたくてうずうずします!

攻めの家が燃えるシーン、来るの分かってたのに笑っちゃいました...ほんとに面白い 元気が出ます!

基本的に受け攻め2人のみでお話が進んでいきます。童貞×経験豊富のカプなのが、だんだんと経験値の差が埋まっていくのめちゃくちゃ愛しいです...。終わり方も最高〜

笑えるのにエロもガッツリあって満足感があります。元気が欲しい方におすすめです。