まめだいふくさんのマイページ

レビューした作品

女性まめだいふくさん

レビュー数4

ポイント数19

今年度401位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

拘束プレイに特化した一冊

ガムテ拘束BL(1〜5話)、主人公の友人のお話(6話)、書き下ろしが収録されています。

ガムテープで拘束かあ...SMみたいなものでしょと甘く見ていました。ぜんぶガムテ拘束です。
何だかんだで流される襲い受けが可愛い。
メインの2人も好きでしたが、6話の百合根とエイジも良かったです...

6話で百合根が「友達以上に好きだった瞬間があるけど、ずっと親友でいたいから気まずくなったら嫌」と言いつつも泣いていたのがうわ〜切ない...
百合根とエイジの関係性が好きです。恋人ともセフレとも友人とも呼べないような、関係にわざわざ名前を付けなくてもいい適当さゆるさがとっても安心します...
サブCPってついでみたいにくっつけられることが多くて苦手でしたが、この2人は好きです。
付き合わなくていいから腐れ縁的な感じでずるずる続いて欲しい...

買って正解の話題作

表紙と少しレトロな絵柄に惹かれて購入しました。ドタバタがありつつも平穏で癒された〜!

スケベの三田村と呼ばれるほどエロにオープンで貪欲な攻め・三田村が、爽やかスポーツ少年の受け・早見が人前で肌を見せないことに気が付いて...というお話です。

家族や友達や同級生など、周りの人が(ぶっ飛んだ?)2人を暖かく見守っているのがとても優しい。お茶山くんキャラ濃すぎ...

読み終えてタイトルに納得しました。テンポ良い展開にハマって何回も読んでしまう...

とっても可愛い!

可愛い表紙だなあと思って購入しましたが、内容もとっても可愛いかったです。文句なしのハッピーエンド!

序盤はギャグテイストでテンポ良く話が進んでいきますが、中盤〜終盤にかけて淫魔要素がシリアスとエロを支えていて最高でした...。
淫魔の姿に戻るとき、髪がオールバックになるのすごく良い〜!好き〜〜!

淫魔も大学に通っているのが新鮮でした...いつか2人でアルの親御さんに挨拶しに行って欲しいな

ただのSMプレイBLじゃない

表紙を見て何となく、男の子が一方的に痛めつけられる暗い話かな...と思って避けていたのですが、予想を裏切られました。良かったです。

SMプレイが好きな受け・飛田と、普通に受けを愛したい攻め・真澄。お互いの“性の不一致”とどう向き合うか?というお話です。

飛田に特別な暗い過去やトラウマがある訳じゃなく、SMプレイが一番気持ちいいからしたいだけだ、という理由がすごく自然で好きです。性癖なんてそんなものですよね。

SMプレイのあるボーイズラブは受けに重たい過去を背負わせている作品もありますが、この作品はただ2人の男の子を描いていて、なんだかリアルでいいなあと思います。

飛田がすごく不器用で愛おしい。本を渡した理由を知って、すぐに読み返してしまいました...ラストも好きです。自分や相手を変えるのではなくて、お互いに歩み寄ることができるのは素敵です...。もっと早く読めばよかった!

メトロ コミック

本郷地下 

間違いなく2019年で一番凄い

痴漢から始まる恋...だけではありません。

受け攻め2人それぞれが抱えた問題が重たくて苦しくて、セックスの描写でやっと息をつけるような緊迫感が漂っています。

黒瀬さんの感情がリアルでした。どれだけ後悔しても起こった事は変えられないし、時の流れは残酷に心の傷を癒していく。水葵が成長していく描写が、足踏みを続ける黒瀬さんと比較されて、より一層辛かったです。

一口でハッピーエンドとは言えない終わり方が、とても好きでした。いつか別れがきても、2人の未来が明るいものでありますように。

高校生×社会人BLなんて、苦手だと思ってた

倫理観が働いてしまうので、未成年と社会人のBL(ほのぼの系)は読めない派でした。

なのになんでしょう、この胸きゅんは...!じわじわお互いを好きになっていく、というより、最初から好きなことに気付いてないだけでは...な両片思いで中盤までもだもだします。

攻めの純一郎、高校生なのに大人っぽいというか、おっさん臭い。笑
「先っぽだけ...」の展開にときめいたのはこの作品が初めてかもしれません。
憶病な大人の言い訳を取っ払っていく高校生、眩しいです。

イイモ先生、大好き!

新刊が出る度「こうきたか〜!」を更新するイイモ先生、今作も最高です。

表題作の『催眠術なんて信じない!』1・2と『土中の繭』前後編、そして土中の繭の番外編『顔』の書き下ろしが収録されています。

予約が開始した段階では土中の繭が表題作になるというお話でしたが、実際読んでみると、この順番で正解かも...と感じました(読後感的に)。今作では特に『顔』が刺さりました。

『催眠術なんて信じない!』はドタバタなラブコメディかつ、ラストはじんわり暖かくなるお話ですが、反して『土中の繭』はダークなお話です。ひたすら闇、闇、闇...私は大好きですが、救いがないと感じる方もいるかもしません。
エロが大丈夫で、割と雑食な方に読んで頂きたいです。

イイモ先生、なんでこんな振れ幅ある作品が描けるんでしょうか...きっと天才なんですね 一生好きです 
この作品、好きな人は絶対好きです 刺さります 同じ性癖の人、イイモ先生の作品に出会えますように...

ウルトラハッピーエンド!

AV・風俗もののBLよく読みますが、受け攻め当て馬女性がみんな幸せになれるお話は初めて。
超ハッピーエンドです。(終盤で受けのピンチはありますが...)

受け攻め2人終始ラブラブで微笑ましい!辛い思いする人がいないので、ひたすら幸せになりたい時にオススメです。