神楽小鳩さんのマイページ

レビューした作品

女性神楽小鳩さん

レビュー数12

ポイント数55

今年度149位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

キラキラ青春じゃないけど

学園寮で暮らす高校生同士のお話です。
にぎやかな明るい学園生活が読みたい方にはちょっと違うかもです。
キラキラした「青春!」テイストではなく、こちらはしっとり静か。派手さはありませんがじっくり読ませてくれます。

「騙された」と思ってスパッと切ってしまえる旭くんの男らしいこと!だけど感情はついていかなくて未練残りまくりなのがせつない。
「騙すなら騙しきってほしい」のセリフにせつな萌でした。

同じ学校の生徒に見守られ(?)実況中継される中でも告白が出来ちゃったりとか、卒業後に再告白を狙ってるしたたかさとか…攻の伊達くんもメンタル強め。

サブの登場人物もみんなそれぞれキャラが濃くいい味出してました。

攻が遠回りする話!

両思いなのに攻のおじさんが受の甥っ子から逃げて無駄に時間を過ごしちゃう話…
あえて「攻が遠回りする話」と言いたい!!

だってねぇ、
受の里久くんが不憫すぎます。

攻である千葉さんの、家族として年上としての立場もわかるけどさ〰でもさ〰
前半でさんざん里久を拒絶しといてさー
今さらさぁー!!
あそこまですれて冷めた青年に成長するしかなかった里久がかわいそうでせつなくて…

初恋って、はじめてのひとってやっかいだなぁ。もう呪いだ。忘れられる訳がない。

願いは君が叶えてくれる

一目惚れの片思いがやーっと届いて念願の恋人になれたのはいいけど、気持ちの温度差に悩んじゃう受の律くん。
攻の穂積さんは、年下で学生の律くんからしたらとってもカッコイイ年上の男。
でも実は頑なで不器用で鈍感。

そう鈍感なんですよ!!
元彼との関係にしても、律にとっては凄く辛い事なのに爆発されるまで気がつかない…
なので律くんが反撃に出た時は
「もっとやったれー!!」「思いしれ〰!!」
と、おもわずこっちまで興奮。

律くんに対する態度を猛省して追い求める後半が読んでて気持ちいいです。

神様にお願いするのは自分の力じゃどうにも出来ない事。自分の願いを叶えてくれるのは君だけ。タイトルに繋がるこのラストシーン、好きです。

よくある話?

私にはタイトルの意味が解りませんでした
逆説的な意味なのかしら…??

攻の池田くんは大型わんこなイメージで読んでいたのでCDのキャストが意外でしたが、素直な男の子らしい男ですね。
受の袴田さんは、ぼんやりが過ぎる!!程があるだろう…。実際こんな人が周りにいたらきっとイライラしちゃいます。天然、というよりも覇気がない。生気が感じられない。
そこを「気だるげ物憂げ色っぽい」と受け取ってくれる池田くんに出会えて良かったね、と言いたい。

雨と車と

今回初読ですが19年も昔の作品なのですね!
イラストのテイストとサイズが懐かしい…(当時BLは文庫ではなく新書サイズがメインだったような…)
BL小説界は20年前とあまり変わらないなぁ、なんて思ってしまいました。
古い作品になりますが、20年前はまだ産まれてなかった方でもすっと入っていける内容です。

オジさんと呼ぶにはまだ早い社会人×ヤンチャお子様系大学生カプが、社会人と学生という生活環境の違いやらその他勘違いやらでゴタゴタするお話です。
表題作の「渋滞」は雨と車の使い方が素敵です。
車に残されていたカセットテープ(!)とか、「×××」のサインがあの時代ですね。

文句なく神評価

いや〰ぁ
文句なく神評価をつけます。
ほんと良かった!面白かった!出会えて良かった作品です。中身がぎゅぎゅぎゅーっと濃く詰まっていて、読み手として大変満足出来た作品でした。
そしてかなり泣かされました。ここまで泣いたBLって初めてかも。

かなり絡み合った人間関係でそれぞれの思いがせつなく交錯するのですが、相手を思い合う姿がとても素敵で全員に幸せになって欲しいと願わずにはいられません。

きっと、誰と誰がカプになっても納得出来たと思います。

はちみつレモン…

えっ…結局、はちみつレモンって何だったの??
が最初の感想でした。
はちみつレモンってそーいえばむかし流行った飲み物だけど、甘くて酸っぱい初恋の味的な売り出し方してたんだっけ??…覚えてないし。

思わせ振りなだけで何でもなかった幼なじみとか、プロポーズしてきた年下のいとこちゃんとか、温度の感じられない母親とか…。う~ん。

「10年片恋」というワードに引かれて読みましたが、全体的に色々とうすーい感じてしたね。確かに時間だけは経ってましたが。

登場人物がみんなイイ

当初は登場人物とカップリングの多彩さに頭の整理が追い付きませんでした。
ちよっと落ち着け自分。一回整理しよう、
と何度立ち止まって読み返した事か…
複数キャラがここまで絡んで進行するお話ってなかなかない気がします。
キャラ一人一人がどれも際立っていて、うるさくなりそうなのに上手く絡み合っていて。
今後の関係性がどう展開していくのかがとても気になります。
あー早く続きが読みたい!
上巻しか買ってなかったのをとても悔やんでます。

生意気年下男子はかわいいけど

芸能界ものが読みたくて購入。
同じ芸能事務所の生意気後輩×童貞先輩ものです。
昔は同じ寮で暮らしてたとか美味しそうな素材がふんだんなんだけど…うーん…何だろう…設定もストーリーも物足りない…

受の有希は何だかパッとしないコ。外見王子設定も「そう言えばそうだったっけ…」位の薄さ。折角の芸能界ものなのでもうちょっとキラキラした登場人物を見たかった。
攻の拓弥は生意気俺様な後輩君だったのが、後半になるにつれて徐々に隠しきれなかった素の子供っぽい面が出てくるのは可愛かった。

泣けました。

ラストで号泣…。
ファンタジー割合のさじ加減が絶妙でした。

波瑠は学生時代から裕也だけがずーっと好きで。裕也との関係は恋人ではなかったけれど、だからこそ別れる事もなく一番近くで過ごせて。

裕也と椢の波瑠に対する親子関係に萌ました。「二人で波瑠ちゃんを守る!」って親子共闘が萌です。

ラストで椢と伯父さん夫婦がどんな話し合いをしたのか気になります。
それも含めて続きがよみたいですね。
椢が俳優として人気が出れば過去の事件が取り上げられるだろうし、その時に波瑠との事をどう説明するのか、読みたいです!!