ゆきのみちさんのマイページ

萌×2作品

エキスパートレビューアー2021

女性ゆきのみちさん

レビュー数135

ポイント数750

今年度50位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

スパダリじゃないよラブコメだよ!

素敵なラブストーリーじゃなくて、ラブコメとして読んだら、相当面白いと思います。攻めがクズ過ぎて(笑)でも受けにはそれすらもスーパーダーリンに見える。田舎マジック?東京マジック?しかし、ラストはちゃーんとハピエンなので安心して笑って読んでください!

東京から田舎に転勤してきた銀行マン・一颯(攻)×東京に住みたいけど行けない農家の一人息子大学生・修平(受)

まぁ、この攻の一颯が尻フェチで、とってもクズな奴でして。修平がゲイなのをいいことに、尻心地&好きな風俗嬢に顔が似てるからと処女を奪っちゃうんですよね。もちろん修平はその後も恋人のように一颯に尽くすんですが、一颯の方は完全にセフレ状態。修平の事を気にもせず女の子にも興味津々なー颯は、修平を傷つかせてから、ようやくその気持ちに気づく始末。ほんと、どーしようもな(笑)

ようやく恋人同士になれたものの、田舎は噂が広まるのが早い!2人関係が田舎中に広まる中、一颯が出した決断とは!?

…、でようやく、納得のいく(?)スーパーダーリンへ(笑)

ちょっと一颯の性格的に意外な展開でしたが、ほんとに大丈夫??と心配する読者を他所に、2人はとっても楽しくて幸せそうなので、暖かく見守りたい思います。

旅行先の田舎に、こんな2人いたらいいなぁ〜と、妄想が止まりませんでした。

可愛らしい特典です

アニメイト購入時に、数量限定で付いてくる、特典描き下ろしペーパーです。

A6サイズ。モノクロ片面。
タイトルは『特典マンガ 桜庭は見た』

学校の中庭?を通過中の桜庭さん。ふとそこに恵一と宗太が仲良く並んで座り、お弁当を食べている所を発見。「ほんとに距離近い…」と何気なく見ていると、「も〜〜」といいつつ、ピーマンの肉詰めを宗太から、あーんして食べさせて貰っている恵一を目撃。「ピーマンぐらい自分で食えよな…」「卵焼きやるから」「いらね…」という仲睦まじいやり取りに、「自分で食え〜」と心んの中でツッコミを入れずにいられない桜庭さんなのでした。

宗太がピーマン嫌いっていう本編エピソードから始まった思われる小ネタは、作品好きにはたまらない特典でした。

ゲーム対戦興奮からのセックスはエロい!

久しぶりにさかもと先生の作品を読んだなーと思ったら、ご病気でお休みされていたそうです。そこからの初コミックス。なんと!絵がめっちゃ可愛くて読みやすくなってる!!お休みされている間にレベル上げてくるなんて、ほんとプロって凄いなーと感心させられた一冊でした。(なんか上から目線になっちゃって、すみません)

ただし、内容は一貫してゲーム配信なので、まったくゲーム興味ない人には、面白くないかも(?)

個人的には、人気ゲーム実況配信者同士が、お互いが来ると聞いてオフ会に参加して出逢って。しかもどっちも顔出ししてないのにイケメンで、速攻恋に落ちるとか、萌えしかありませんでした!

すれ違いもゲーム配信についてだったり、プロになる話だったり、ゲームに徹底してるのも良かったなー♡

ゲーム対戦での興奮冷めやらぬうちに会ってセックスするのも、めちゃくちゃエロくて、オススメです!

ゲームは興味ないけど、オッケーという方は、ぜひ読んでみてください。

最後に。さかもと先生の健康第一で、これからも沢山の作品を読めるのを楽しみにしております。

シンプルisベスト!

絵的にもストーリー的にも無駄がない。とってもスッキリアッサリしたお話で、読みやすかったです。全体的に白いので、受けの黒髪が映えるのが印象的で、また良い!

大学生の榎本(攻)には忘れられない人がいた。夢にまで見る、中学の時急に転校してしまった幼馴染みの志村(受)。その志村と6年振りに大学内で再会する。しかし志村は大学生じゃないという。高校も中退して、現在は3つ掛け持ちで仕事をしている苦労人だった。浮かれながらも志村の幸せ願う榎本。しかし志村の方はたまに作り笑いをする。昔のように縮まらない距離に加え、だんだんと避けられるようになってしまいー…。

いわゆるノンケ×ゲイな感じです。
榎本は親友だと思ってたけど、志村は榎本の事が好きだった。だから何も伝えず転校したのに、再会しちゃうなんて。会いたかったけど、会いたくなかった!…的な。良くあるストーリーですが、スッキリとした円藤先生の絵柄が、綺麗に収めてくれています。

キスシーンはありますが、エロはなし。でもそれでいいのかも。少し身体ありきの関係というよりは、一緒に生きる道を選んでみた、気持ちよりのBLになっているので、この方がしっくりする気がしました。プレゼントも指輪じゃなくて、お揃いの腕時計。それを身に着けて迎える新しい季節・春は、とっても美しかったです。

多少、何で志村が高校中退することになったのか、掛け持ちで仕事してるのか、とか明かされず気になる点はありましたが…。きっとそのうち、社会人になった榎本が志村の生活を支えてくれると思う事で、解決といたしましょう(笑)

狂犬ちゃんのエロかわワールド

表紙絵の可愛さに惹かれて購入、読み始めた時は、「ん?表紙絵ほど中の絵は可愛くないぞ、失敗したか?」と思ったんですが、読んでいくうちにどんどんハマっていく。どんどん可愛くなっていく。まさに狂犬ちゃんワールド!!

海琴は目立つ容姿から、敵がたくさんいるちょいヤンキー高校生。兄のカードを使いまくってしまった償いに、いとこで資産家の和巳の家政夫として働く事に。和巳には小さい頃から嫌がらせをされていて、たぶん嫌われている。だから適当に働いて、お金が溜まったらすぐに辞めるつもりだったのに、ある失敗をきっかけに和巳に犯されてしまいー…。


…と何やら御託を並べていますが、実は何でも出来る和巳に憧れていたけど嫌われていると思いこんでいた海琴と、嫌がる姿が可愛くてついついイジメてしまっていた海琴が好き過ぎて性癖拗らせてる和巳のお話です。

あっという間にお付き合いすることになって、とくにやきもきすることもなく、お金持ちで仕事も出来る和巳に普通の高校生が溺愛されているだけなので、広い心で読むことをおすすめします(笑)

でもその溺愛っぷりが最っ高に、心地良いのです。

マンションの前でヤンキーに海琴が絡まれていれば、戦うのは和巳ではなくて、当たり前にガードマン。挙げ句防犯カメラの映像を証拠に学校側から脅す。初めての旅行は、海外の水上コテージ…と、これでもかと財力を見せつけてくれます。ある意味、非現実的な大人の世界が、逆にリアル(笑)

そして、えっちの時の海琴がとっても可愛い。そりゃあ溺愛したくなるわなーって感じです。描き下ろしに海琴と和巳の子供の頃の話があるのですが、それが作中に入ってたら、もっと溺愛する理由が分って良かったような気もします。作中にもそういうニュアンスはあるけどねー。

何も考えずにスパダリ一本勝負!な時にオススメです。

サメのぬいぐるみになりたい

アニメイトで購入時、数量限定で付いてくる特典ペーパーです。

A6サイズ。片面ブルー単色。

本編でも出てきたサメのぬいぐるみの後日談です。

「あげるって言ったしね」と、佐々木にサメのぬいぐるみをプレゼントした一月。そのぬいぐるみをジッと見つめる佐々木は、「一月これ」とクマのぬいぐるみを差し出します。「おれが昔持ってたやつ、その…代わりじゃないけど。おれだけ申し訳ないし交換てことで。いらないなら捨ててもいいけど…」とちょっと焦り気味に言う佐々木に、「いる」と断言する一月。「大事にする」と言う表情はとても幸せそうなのでした。ちなみにクマのぬいぐるみは、のちに妹の唯ちゃんと取り合いになったそうです(笑)

初々しいプレゼント交換を覗くことが出来て、こちらもとっても幸せな気分になれました。こんな感じにこれからも青春してくんだろうなーと考えると、ニマニマが止まらなくなる特典でした。

初々しい男子高校生攻め美味しいです!

一冊完結と思って購入したら、まさかの続き物だったー!!(笑)ショックだけど、さすがのにやま先生。面白いです!

レビューが沢山あるのでストーリーの詳細は省きますが、高校の寮を中心に繰り広げられる、恋愛初心者イケメン男子高校生・郁×セフレのいる長髪臨時美術講師兼寮母・丸山のお話です。続編があるだけあって1巻まるまる序章といった感じで、じっくり描かれているので感情の変化が分かりやすくて良いです。

特に郁の全てが、普通の男子高校生らしく初々しくて、キュンキュンしっぱなしです!今までふんわりとした「好き」という感情が、はっきりとした欲のある「好き」になっていく。少年から徐々に大人になっていく様、溜まりません!

郁が丸山に告白し、お互いそういう意味でちゃんと意識始めるところまでが1巻なので、2巻はどこまで進むのか…、今から楽しみです。

イケメン俳優の猫のものまね可愛すぎる

購入時に、協力書店で頂ける数量限定特典ペーパーです。(アニメイトで頂きました)

A6サイズ。モノクロ片面。

たぶん朝の出勤前。テレビで流れる猫紹介番組を見ながら、ネクタイを結ぶ真。「あ〜〜ねこちゃん可愛いですね、ねこすきなんですよね」とデレデレしている真を見つめる榊は、突然「…にゃー」と鳴いてみる。思わず、ネクタイを結ぶ手が止まる真。榊がもう一度「にゃー」と鳴こうとすると、照れながら両手で顔を抑える真は「わかりましたから、理生さんが可愛いのは分かりましたから」と榊が鳴くのを遮るものの、榊は不満そう。真にバッグハグで「言ってほしいとこそこじゃない、そのあと、好きって言って」とアピールするのでした。

朝から可愛さ全開。ラブラブっぷりを見られるペーパーは有り難い限り。本編同様、楽しいお話でした。

とにかくバカ可愛い!

作家買いです。
とにかく絵が可愛いらくた先生ですが、作品の内容も可愛いです。しかもただの可愛いじゃない、バカ可愛い(笑)

元気いっぱいの高校生・咲翔は、実はゲイ。前から気に入らなくて目で追ってしまう佐和田先生も男が好きだと知って、ますます気になってしまう。それをきっかけに仲良くなり、卒業したら付き合う約束をすることに。そして4月、高校生じゃなくなった咲翔は先生の家へ突撃、早速セックスを試みるがー…。

というすごい出だし(笑)ほぼギャグ要素です。特に告白もなく付き合う→即セックス→先生の事が気に入らないんじゃなくて好きだった事に気がつく、とさらにとんでも展開が続きます。面白すぎる。そのおかしな展開も咲翔だから、許せちゃうんですよね。

そんなバカ可愛い咲翔に、佐和田先生も絆されていきます。それがまた、可愛い可愛い。大人可愛い(笑)佐和田先生の元カレなんかも出てきて、一悶着ありますが、咲翔はブレない。感動を超えて引くくらいブレない。凄すぎる男前っぷり。頭で考えるより、体で動くタイプ。でも、どんどん子供から大人へ成長していく。その過程を見ているのは、とても楽しかったです。きっとこの先、半端ない包容力たっぷりの男になるんだろうなー。期待しかないですね。これからもどうぞ、お幸せに。

ちょっと面白い、元気になるような作品を読みたい方にオススメです。

歯並びがエロい子が好きな歯科医って逆にエロい!

茶野まめこ先生のデビューコミックスです。表紙絵が可愛かったので購入しました…が、若干表紙絵は詐欺かなー。絵が下手なわけじゃないんだけど、そこまで可愛い感じではなく、もっとがっちりした感じでした。可愛いイメージで買っちゃうと、少し違うかもしれません。

でもストーリーは面白かったです。

歯科技工士の西野は、突然バックレた技工士の代わりに出向いた取引先のクリニックで、歯科医の真北と出逢う。最初は口が悪いだけの医者かと思っていたら、仕事は丁寧、患者にもそれなりに(?)優しい所を知っていく。ところが数合わせで参加した歯科医の合コンで、西野が泥酔。真北に持ち帰りされた挙げ句、口の中を弄られながら手コキでイかされてしまう。何と真北は、歯並びが綺麗な西野に一目惚れしたと言う。しかし西野には、歯科医とは絶対付き合えない理由があってー…。

簡単に言うと溺愛ほだされ系ですが、お互いトラウマになるような事があって、そこをお互いが埋めていく、割と簡潔な純愛ストーリーだったような気がします。ちょこちょこ色んな展開が起きるので、飽きることなくサクサク読めます。えっちもエロ過ぎず、作風に合ってて◎。ただ当馬要素の真北の同僚歯科医が、なんの為に当馬になってたのか、しっかり描かれておらず、そこが少し残念でした。後書きでも茶野先生が描ききれてない設定がある、と書かれていたので、いつかそこら辺も知れたらいいなー。

深く考えずに、サクッと読みたい時にオススメです。