masimaroさんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性masimaroさん

レビュー数46

ポイント数326

今年度71位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

登場人物が全員気になる

前からちるちるのYouTubeで話題にあがっていたので気になって今更ながらに聞いてみました!!
古いのでてに入りにくいかなと思ったらレンタルでありました!
古いものは絶版に、なってしまいやすいBLCD。
名作を過去に遡って聞けるレンタルやさん。
潰れないで残って欲しい。
BLCD好きには貴重です!!

前置きはさておき、本編感想。
まず、主演が今は某アニメでブレイクしまくって、お声を聞かない日はないのでは?
というくらい活躍なさってる、下野さん。
脇役にもすごいベテランさんたちで、今後のスピンオフがあるの知ってるので、なるほど納得のキャスティング。
まず下野さん。
もう、めちゃくちゃ可愛い声です。
もう、声だけで可愛い容姿が頭にうかぶ。
ストーリーは思っていたより暗い設定のわりにそんな重苦しい雰囲気に感じないのは、
ある程度救いが想像できてしまう、雰囲気だろうか。
性教育を語る綺蝶さん等少しクスッと(これ笑うとこだよね?)みたいな雰囲気が、そこまでダークな展開を拭ってくれている気がしたからかな?
一枚ものなのでテンポよく聞けて楽しめました!面白かったです。
よる寝る前に聞くことが多いのですが、寝不足にならずにさらりと聞ける長さ。
急展開ながらもきちんとまとまっており全体的に聞きやすかったです。
ただ、下野さんの受け役、最近のを知るとまだまだ、最近のに比べたら色気が、たりない時代の気がする。伸びしろを知ってしまっているのでそこはすんなり評価に反映させました。
けど、正直そんなのいらない✊思えるほど可愛さに溢れてたので気にしない(笑)
なーんて思ったりするんですけどね。

コミカルな掛け合いとテンポの良さがグッド♪

原作未読。
何の前情報もなく聞きましたが、タイトルと、ジャケットイラストから想像する通りトンデモ設定。
最初から、あ、これは笑えるやつだな。
軽いノリで、聞いていいやつだな、と想像し、その心持ちで聞いたので、序盤の掛け合いも、テンポのいいスピード感にもいい感じにのって行けて、心地よかった。
トンデモ設定も想像通りですんなり受け入れられた。
はいはい、こういうルールね。
OK、OK(笑)
某デ○ノートのルールブックを理解するかのようにすんなり受け入れ聞けたのは変に説明ぽくなく説明してくれる脇役のお母様方や村人がこれまたコミカルな演技で華を添えてくれたからだろう。
いい味出してる(笑)
百貴こと壮馬くんのコミカルな語りがとても面白い。さすがです。いろんなはっちゃけた声であり得ない状況が逆にリアルに伝わってきてよかった!!
酷だなと思ったのが千景役の古川さん。
古川さんといえば!!言わずもながテクニシャンなお方。
さまざまな濡れ場を演じてこられたベテランさん。
そんな古川さんに、ど、童貞役って!!
かなり、べつの意味で苦労されたよう(笑)
そんな苦労のしかたある?
古川さんの童貞感な演技だけでも聞く価値ありだよ(笑)
追加エピソードで、原作にはなかったある真実があかされている模様。
原作ファンの方も回収する価値ありあり。

シリーズ13作目にして傑作。脚本、口調、すべてが神

脚本が、非常に素晴らしい!
キャスティングが神!!
この短いストーリー、このシリーズコンセプトでこんなにキャラに惹き付けられるなんて。
シリーズ13作品目にしてこの出来。
脚本家の、名前で検索をかけたの初めてです。
検索かけた結果、そこにならんだ作品は

美しい彼シリーズ、男はじ2、7
妓楼の軍人

出てくる出てくる、
自分がめちゃくちゃ大好きな作品の数々。
そして、ちるちるでも評価ベスト10にいくつ入るんだこの方が脚本の作品。

久礼野ハジカさん、今後購入の目安になりそうです。いいお仕事いつもありがとうございます。

まず、この作品は、キャストありきの、脚本なのか、そのまた逆なのかどっちなんだろ。
このキャラにこのキャスティングがまず神です。
そのくらいのはまり役。
特に煉谷什三役の中島ヨシキくん。
ちょっとクールな男っぽい低い声でからかうような
「~やんよ」「なん?」「~だわ」
独特の台詞のチョイス、言葉尻に声のトーン、テンションがめちゃくちゃあってる。
演技が台詞にマッチしすぎてる。
言葉責めの嵐がすべてツボ。
受けが痛がりすぎて途中で断念してやめちゃうのも、
キャラの性格にあってて流れが自然。
ストーリーの流れが短いストーリーなのに、
自然で説明くさくなくいい!
本当に二人の会話を盗み聞きしてるような自然な会話。
受けの堀江瞬くんも初めて聞きましたが
地球の底辺なおどおど感。キョドってる感じが、あってた。

キャストトークでは、貴重なBL濡れ場収録裏話。ビックリなことに、ヨシキくんは、今回のようなSキャラ、初めてとのこと。
本当に新たな引き出し開けてくれてありがとう。神キャストでした。
最近受け攻め両方OKなハイブリッドタイプの声優さんが増えてきてるし、
これからのBL界を、我々が!て言葉通り、
充分賑わしてくれる逸材だと思う。
これからの作品期待してます!

この作品で、唯一文句つけるとしたら、
作品サブタイトル。
真夜中はお落ちこぼれってなんだ?(笑)
ホントにそこくらい。

正直中身はあんまりないけど。

何度も聞いてるんですけど、
ストーリーが頭に入ってこない。
このシリーズ、気になるのはすべて聞いてるんだけど、ストーリーは、あってないようなもんだよね。
正直、キャラ設定を説明するだけの必要最低限なもの。
短い尺の中でキャラの設定を読まずに、
本編を聞くだけでわかるように、台詞回してる。
なので、他の方がレビューしてる通り、非常に説明っぽい。くまのアイテムの説明もういいのに(笑)
シリーズが序盤のときは、わりと王道キャラなので、ここまで、説明ぽくは、なかったんだけど、回を重ねることに、説明ぽい。
なんとか脚本どうにかならんかなー。
序盤の説明ぽいやつ(笑)
そこがもうちょっと工夫して改善されるといいのに。
改善の余地ありかなと。

演技について
水都@榎木くん
BL受け役初めて聞いたんだけど、
めちゃくちゃ想像してたより、よかった。
榎木くんは、いわゆるイケボではないと思うんだけど、素朴な青年ぽい役が、めちゃくちゃいい味がある。
学生ぽい。
声を作り込んでないナチュラルな演技が本当にお上手。
なのに、他の方がレビューされているとおり、ごっくん音が、すごいリアル。
どうやってるんだろ。
男はじシリーズは声優さんが本当にいろんなことを、いろんなテクニックを使って演じてらして、ビックリ。
みんな自分たちで工夫してやってるんだろな。

壱哉@熊谷くん
ちょっと甘えたなニュアンスの語り。自然でよかった。
女子との約束に妬いて、いきなりちゅーするシーンは、もうちょっとSな感じがある方が好みだけど(笑)
そしてされた側も
もっと狼狽えて欲しかった。ここの演出もうちょっとこだわって。きっかけなんだから!!結構さらっとしてるんだよねー。
普通同姓にキスされたらもっとパニックになると思うけど。

もう、私がいまさらレビューすることないくらい他の方がおっしゃってるまんま。
改めてちるちるのレビュアーは鋭い。

全体的に声優さんの演技は素晴らしい!
けど、脚本が改善の余地あり。
期待を込めて、この評価。

吐息と言葉責めで想像力をかきたてられる。

気持ちが不安定だったときにうっかり、本音を漏らし、リリーの啼き喘ぐ姿を見るのが好きと言ってしまったマレーネ。
リリーにそんな事を言われてから気になってできない。いろいろ考えた結果、見られないように目隠しをするという、プレイではないらしいけどプレイとしか思えない行為がはじまります。
目が見えないマレーネが、
音だけしかわからない私たちのために、
こと細かく説明してくれます。
目が見えないことで、とまどいながら、
手探りで、触っているところと、どうなっているかをいちいちこと細かく説明するので、
ひたすら、マレーネの台詞。
小説を朗読してるかのように、説明が多いです。言葉責めの嵐。
普通にしゃべっているようで、始終楽しそうな、興奮しているような語りが、興津さん、さすがです。
ご本人もなんだか楽しそうな気がしてきます(笑)
リリーは、どこを触られているのかさとられないようにしているのか、ひたすら、吐息です。吐息がすごく、艶っぽくて、
ドキドキしました。
うーん、エロい。

次はいったいどんなことをするのか、してくれるのか、お題はなんなのか、キャストの
お二人も楽しみにしてるのではないでしょうか(笑)

ドラマCD2の補足的内容

いつもの、おまけ的な内容とは異なり、
補足的な内容です。
ドラマCD2の本編に入るか2の特典になってもおかしくないような内容だと思います。
でも時系列バラバラなコヨーテ特典。
いつか全部集めてとおしで聞きたい。
集めてしまいたくなる中毒性の高いこのシリーズ。

マレーネが自分の写真を
見つけてしまったときの、話です。
いつも好き放題で、やりたい放題なマレーネだけど、本編のストーリーの流れにそっていて、なんとも言えない切ないショートストーリー。
迷い、焦り、モノローグで、語りながら。
そんないつもとは違うマレーネの様子に、リリーが気づくのがいいですよね。
今回は甘いだけじゃないけど、2の本編が、本当に冒頭だけで短いので、2のおまけでいいんじゃないかな?とも思うけど3の特典の方が甘さとシリアスな部分のバランスがとれてるのかもです。
しっとりとした雰囲気で、ちょっと聞いてる側もいつものように、
鼻血でそう!とか、照れて転げ回るようなことはないけれど、本編だけでは、語り尽くされなかった、マレーネの心情が、聴けてより
本編が楽しめるような、内容だったと思います。
実際、こんな大事な悩みとかあったら最中も頭から離れなくて普通じゃいられないですよね。そのあたりが、より、リアルだな。

えっと、これ、何聞かされてるんだろ(笑)

あかんよ!あかん。こんなことしたらあかんよ!てキャストのお二方いうてますけども。
マレーネが変態スケベで、ありがとうと感謝したくなる超ドエロなCD。
これを特典でやりますか?
あ、特典てなったら好き放題ですか。
そうですか。
もうやりたい放題なマレーネのスケベプレイ。
今回のお題は、電話しながら声を殺してプレイです。
もう、マレーネめっちゃいいやつだけど、ほんとドS。
興津さんもおっしゃってましたがエロいことしか考えてない(笑)
これだけで、ごはん何杯も食べられるよ!!
ありがとうございました。

キャストトークも面白く、コロナ対策の収録だったようで、そのぶん、離れてるので、余計になかせてやりたくて、燃えたわと興津さん。もっとあんあん言えよには、笑いました。
もっとあんあん言うてほしかったな(笑)

甘甘甘

本編がシリアスな展開になる。
でも、甘い時間がなかったと言えば一週間も濃厚なふたりだけの時間があったわけです。
でも本編でだらだらそれをやってたら話がすすまない!!
それを特典で少しずつ、小出しにでも、御披露目の場をもうけてくださり、
感謝です。
本編がどんなに辛くなろうと、不穏な空気になろうと、このあまーいあまーいチョコレートのような、ショートストーリーで
乗り越えていける。
続きものなのに、なかなか続きが出なくとも、
短いけど、濃厚な甘い時間で満たされる。
そんなシリーズです。

すんごい前置き長くなったけど、
sweetdaysは、どれもかぶりなく、
どれも本当によくできてて好きです。
結論的にマレーネ→変態
マレーネ→エロすぎ
マレーネ→楽しそうすぎ
て思っちゃうんだけど。
どの、プレイがお好みなんですか?
て、ほーんと飽きずにいろんなプレイを繰り広げていらっしゃる。

今回のお風呂は、艶っぽくて、声が、ホントに響いてやばい。
ちゃんとお返事するまで、しつこいマレーネがねちっこい。
でも好きです。
リリーも吐息が響いてかすれて、
甘い!
もう短編なのに語り出したら止まらないので、このあたりで。

続きが気になる!!

コヨーテシリーズも三枚目。
お話が、すべて続いています。
コヨーテ聞いたことない、原作も知らない!
ていう方は3から聞くのはダメですよ?
1のレビューを見てくださいね!

聞きどころは、やはり、最後の誤解がとけて、お互いの気持ちを確かめるとこですよね!
もう、捕まってる間もひたすら甘い気品のあるセクシーボイスで、仲間とコミュニケーションとってるマレーネが、見るからにいい人てオーラが声で伝わる。
コヨーテの仲間も気にかけ始めるのわかります!
わおーん!て遠吠えもきちんと小野さんがやってるんですね。
何の違和感もなかったです。
物語が続いてるので一気に聞くことが多く、
どこまでが1だっけ?となりがちなので、
きちんとわけて聞いてからレビューしてみるとわずかながらもそれぞれにきちんと二人のエッチなシーンが入ってるんですね!
でもそれぞれ全く違うんです。
1は、発情期だったり、2は、マレーネの気持ちに焦り、苛立ち、荒々しさが目立ちます。
3は…是非とも聞いて確かめてくださいね!!

コヨーテ初回特典のミニドラマについては、専用ページがあったので、そちらに、レビューさせていただきましたが、おまけの方が神評価になってしまいました(笑)

キャストトーク
相変わらずのテンション高めで、面白い。
仲の良さ、相性の良さがうかがえます。
コヨーテの、キャストトーク面白いから、ずっと聞いていたくなっちゃう。
やっと自分の名前を理解する興津さん(笑)
お二人も続きが気になっちゃって困ってるのが面白い。小野さんも素敵なセクシーボイスなのに、小野さんも毎回うなっちゃう、興津さんのセクスィーボイスのギャップがフリートークで、たっぷり堪能できます。
トークCD興味ない方もいらっしゃると思うけどトークCD聞くと改めて声優さんの演技の時の声と地声とのギャップやら、聞き所やら、裏話が聞けて新たな発見もあるのでおすすめです。
キャストトークでは、テーマトークではなく、こういう作品を演じての率直な感想やら、裏話をいっぱい話してもらえた方が楽しいですよね。作品聞いたあとに誰かと作品について語り合いたい気持ちがキャストのトークで、感想聞くと私も同じこと思った!!と共感できたり、別の楽しみ方が出きるので絶対おすすめです!

マレーネとリリーをいじってほっこり。

コヨーテに関しては、付録やら特典CD数多くあるので、それぞれにレビューすることにしました。本編のおまけなので本編の方にレビューするか、毎回悩むのですがわけたほうがいいんですかね。

sweet days
その名のとおり、あまーい!!!!古い(笑)
もうこのシリーズはなんの問題も悩みもなく!さらっと!楽しく聞いちゃいましょう。
マレーネのお遊びの時間がやって来ましたよ!!てなCDです。
これがまた、癖になるんですよ。
短いのに、全部聞きたくなっちゃう。
集めたくなっちゃう。恐ろしい中毒性の高いシリーズです。

今回の内容は
マレーネの呪い。
早口言葉のピーターパイパーが頭から離れなくなります。
もう、真面目にやれって言われたんだけど…て、キャストトークでおっしゃってましたが。
真面目に?楽しく?演じておられます。
早口言葉を言い切ったあとのリリーに続けて?と、促す意味の「はい」が聞きどころのひとつです。
はいの言い方が嬉しそう
楽しそう、ハートも見えちゃう。
短い、はいの一言にちょっと小悪魔な気持ちも見栄隠れしちゃう(笑)
もう興津さんご本人も楽しくって仕方なかったのでは?とおもっちゃう。