井戸みずさんのマイページ

レビューした作品

女性井戸みずさん

レビュー数1

ポイント数9

今年度130位

通算--位

  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 特典
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

やさしいお話でした

月村先生らしい、やさしいお話です。沁みる...!
電子版で拝読しました。イラストだけでなく特典SSも収録されててお得です!

トラウマ持ちの兼業絵本作家な受けと、年上スパダリ社長のラブストーリー。
ふたりの距離の近づき方、受けのトラウマや接触嫌悪の理由もしっかり描かれていて、「あれはなんだったんだろう...」ともやもやすることなく読み終えました。面白かったです!
途中、「そうだったの!?」と攻めの正体に驚き、その関係性で悩む受けに切なくなってましたが、後半にまた「そそそそうだったの!?」と驚き...。予想外の激重感情を持っていたスパダリ攻めに激萌えしました。
愛が重そう!でも受けはそれごと攻めを欲しがる子なので、お似合いです!

特典SS、「きみはまだ僕を知らない」では攻めの本気を見せつけられた気分です。本編ではさらっとだったえろ成分がこのSSにぐぐっと凝縮されてました。
このおじさん、えろいです。でもそんな攻めも欲しがっちゃう受けくんなので、やはりこの2人はお似合いだな!とにこにこしました。
ごちそうさまです!おしあわせに!

安定の名倉先生作品

電子版で拝読しました!面白かったです!
名倉先生節をしっかりと味わえる現代のお話。タイトル通り、年の差溺愛ものでした。年齢差、なんと16!受けの想い人は父親の友人のイケメン社長35歳です。

内容は名倉先生節炸裂な王道路線です。安心して読めます。両視点なので両片思いなのが早々にわかり、ニヤニヤしながら読み進めちゃいました。
受け視点では、父親が入院したため長年の想い人である攻めと同居することになり、どきどきしつつ健気に攻めのお世話をする男の子な様子を楽しみ、攻め視点では友人の息子の可愛さにぐわーーーーっとなっちゃう35歳おっさんの苦悩が楽しめます。
攻め視点、攻めの心の声がめちゃくちゃ面白かったですw
ハイスペックだけどちょっとヘタレで残念なところが名倉先生の攻めの魅力!今回もその魅力たっぷりでした。ヘタレてたくせに受けとの初夜で暴走しちゃったの最高に笑いました。
受けの父親がちょっとかわいそうかなって思いましたが(信用して預けた友人にかわいい息子を食われちゃなぁ…)この父親もだいぶだめな人なので、お互い子離れ親離れできるいいきっかけだったんじゃないかな。
おもしろかったです!

ライトな読み口です

表紙があまりにも麗しく、転生ものが大好きなので購入しました。はじめましての先生です!
タイトルそのままのお話です。前世で姉がはまっていたBL漫画の世界に転生してしまった、漫画では名前のないモブの主人公が、惚れ薬を飲まされた上司に溺愛されるお話でした。
BL漫画の世界と言っても、その漫画のメインとなる舞台で繰り広げられるお話ではないので、転生したアドバンテージというものがありません。
正直、転生者である必要なかったのでは…。と思ったりしましたが、魔法や竜がいる世界なのに、戦争などないThe・平和というゆるゆる世界観の説明のために必要だったのでしょうか。元は日本人な主人公なので、ところどころ入るツッコミは笑ってしまうところもありました。

物語の流れは可もなく不可もなく。惚れ薬を飲まされた彼は実はああなんだろうな、これからこうなるんだろうな、と予想を裏切らない展開が繰り広げられます。
全体的にさらっと読めちゃう、The・ラノベ!なお話でした。主人公に懐いてる竜がかわいかった。
恋愛面もさらっと。性的な触れ合いは背中さわさわとキスまでです!重要な情報かなって。

眩しい…

キラキラ眩しくてまぶしくて。これぞ青春BL…!!と萌えに萌えました。さわやか!夏の青空が似合う作品でした。続編も出てるようなので、購入すること確定です。大学生編!楽しみです。

色素が薄く、人見知りで目つきの悪い転校生の受けとクラス委員の黒髪攻め。ふたりが紡ぐきらいら輝かしい、眩しい青春グラフィティです。
手に入らないと思うとすぐに諦めてきた攻めが諦めず、欲しいものをその手で掴もうとする姿はかっこいいし、攻めにだけ懐いてにこにこ笑う受けはめちゃくちゃかわいい…。互いが互いを想いあってる姿は尊く、大学生編でも仲良しなんだろうな!といまから続編を読むのが楽しみです。

何気に同級生の彼らもいいやつらでした。ちゃんと謝れる男子高生かわいいですし、2人の関係に気づいても態度は変わらず友達づきあいしていくんだろうなって描写があったので読後感めっっっっちゃくちゃ良いです。すっきりさわやか!面白かったです!

最っ高に面白かった……!

褐色黒髪男前に、尻で抱かれる攻め…!最高に萌えた…!萌えました!!めっちゃくちゃ好きです!!!

「24時間~」で登場したキャラが出てきたところでスピンオフと気づき、24時間~の主役カプが出てこないかなと本編を楽しんでいたら登場しました前作カプ!ニヤニヤしちゃいました。
こういうの大好きなので嬉しかったです!

攻め全肯定マシーン、褐色黒髪スパダリな副社長が受け……攻めへの包容力MAXっぷりがもう最高でした……よしよしされて受けにコロコロ転がり落ちていく攻め…。またこの攻めが性格悪い男かと思えば、かっわいい男で。
すっごい面白かったです!!!
ほとんど攻め視点で描かれてますが、後半に受け視点があります。めちゃくちゃ笑ってしまいました。この受け、攻めを好きすぎである。
さらっと同僚に惚気けてる攻めにも萌えました。攻めは一生、受け宅のお風呂掃除をしてください。おしあわせに!

海野先生式『令和のスパダリ』を全身で浴びました。

いいお話でした…。
とっても、いいおはなしでした…!!!

海野先生の最新刊!電子配信待ってました!作家買いです。
タイトルからラブコメかな!海野先生のラブコメだいすき!と思って読み始めたんですが、タイトルからは予想できないほどの、深くてとてもいいお話でした…!

わたし、最近はプレイ本数こそ減りましたがそこそこゲームをたしなむのです。主人公である喜一さんがプレイしたような、「死んで覚える系ゲー」は難しくてプレイしないですし、オンラインプレイもやらないソロプレイヤーですが、序盤のゲームあるある話にはにやにやしてしまいました。喜一さん、才能あるよ!死にゲーを初期装備でクリアとか!すごいよ!ときゃっきゃしてしまいました。
メインシナリオをクリア→サブクエスト~そしてオンラインへ~の流れは、廃人待ったなしだな…と思ったものです。よかった廃人にならなくて。

オンラインプレイで知り合ったスミこと澄良と出会い、それまでセピア色のようだった喜一さんの世界に彩りがゆっくりと広がっていくようでした。
海野先生式『令和のスパダリ』は成長するスパダリ!だとブログで拝見しましたが、本当にこの攻め、喜一さんと顔を合わすたび成長していて…!喜一さんが澄良さんの眩しさに目をすがめるたび、わたしも「わかさがまぶしい!成長率がすさまじい!!」とおののいたものです。若さってすごい!
成長するのは若い澄良さんだけではありませんでした。彼ほどわかりやすい変化ではありませんが、ゆっくりと喜一さんも成長していきます。
お互い成長し合えるふたり…まぶしいです。
喜一さんが澄良さんに想いを伝える場面では、がんばれ!がんばれ!!と拳を握って応援しました。本編後の短編ではふたりの仲睦まじき様子がこれでもか!と描かれており、読後感がとてもよく。ふわふわしあわせな気持ちです。

喜一さんとお父さんの想い出の丸い石に寄り添う、ひとまわり大きな石。そのとなりに並ぶであろう石のことを考えると胸があたたかくなります。殺風景だった部屋に大切なものがまたひとつ増えていく。喜一さんは、もう自身のことを虫に例えることはないんだろうな。
SSR同士のおふたり、永遠なれ!おしあわせに!

主人公は自称モブ

モブという存在が好きです。物語の脇キャラだからこそ見える世界!モブ視点からでしか得られない栄養がある、ような気がします。
タイトルに惹かれ、絵師様のイラストに見惚れ手に取りました。chi-co先生の作品は初読みです!

生前、大好きだった小説(公式でifストーリー盛りだくさんだった)の世界に転生した主人公。平民のモブ。とあることから推しキャラと知り合いに。
平民の主人公が、小説の最推しキャラと出会い、何やかんやありまして溺愛されるという流れでした。面白かったです!
主人公は原作小説を愛しており、推しが怪我したりする未来を知っていながらも、そんな推しも尊い!原作の流れを変えるなんてそんなそんな!と、「原作改変ダメ絶対!」派でした。ここがちょっと珍しいなと。
シナリオ改変してやるよ!(改変できたり、強制力でできなかったり)な流れのお話はたくさん見てきましたが、ダメ絶対派はまだ少ないのではないでしょうか。結果的に原作と現実、多少変化はあるんですが、そのたび顔色を変える主人公が珍しくて新鮮でした。
最後は開き直っちゃいますが、その気持ちの変化も納得の流れで。応援したくなりましたね!

9割モブである主人公視点ですので、推しであるヒーローの恋愛的気持ちの流れは彼の行動で察することが多かったです。主人公に触れてくるだとか、他キャラと接してると不機嫌そうにしているとか。
ここではもう好意を抱いてるのかな?と思う場面が多々ありました。その答え合わせのように、エピローグ前にヒーロー視点がちょろっとあります。
主人公は自分のことをちょっとかわいらしい顔立ちのモブ、みたいに思ってますが、そんなことなかったようでw
そうだとは思ってましたが、ちょっと笑ってしまいました。

主人公はあくまでモブ、みたいな立ち位置ですので作中で起こる事件に多少関わってもメインではありません。事が終わってから説明されたりが多いので、ちょっと物足りない感はありますが一気読みしちゃうくらいに面白かったです!
挿絵はどれも美麗でした。眼福!

リドリーがんばれー!

ペンラとうちわ振って応援したい!リドリー!がんばれー!
続きものは完結してから読みたい派なのですが、我慢できず一気読みしてしまいました。すっごく!おもしろいです!
BL要素としては薄めかもしれませんが、展開に無理のない情事で!巻を重ねるごとにお色気シーンもレベルアップしております。
シュルツおめでとう!よかったね!
段々とヤンデレっぽくなってる貴方がとても好き!

主人公のリドリーがとてもいい性格をしてらっしゃるので、ざまあ展開がとても気持ちいいです!勢いで請け負った竜退治もしっかり対策を練り、自分も現場で全力を出して頑張っちゃう。そりゃ支持されますよ。とてもすき!
個人的に、主人公の奴隷たちの変態っぷりがめちゃくちゃすきです。足舐め鷹さん、とても気持ち悪くて。新キャラの死刑囚奴隷さんはイケおじの気配を漂わせてますが、変態…なんでしょうねぇ…。これから活躍してくれそうで次巻が楽しみです!!

設定もりもり

成瀬先生の乙女ゲ転生ものってどんなのだろうー!とわくわくしながら拝読しました。電子版です!

受けがずっとちみっこだったらどうしよう…攻めが変態にしか見えなくなっちゃう…と一抹の不安を抱えてましたが、受けが成長したあとに肉体関係を持つので攻めは紳士でした。待てのできる男です!

乙女ゲー転生で乳児スタート、悪役令嬢の兄かつゲームでは攻略対象のひとり。かわいい妹を不幸せなんてさせるものか!シナリオ改変してやるよ!なお話…かと思いきや、そこに受けの転生前の記憶やらなんやらと周囲の人物(ゲームでは攻略キャラ)が色々絡み合って…ごちゃごちゃっとしたお話でした。
受けは前世でも今世でもなかなかに不憫な子で。無自覚な変態ホイホイでしたね。とても可哀想でした。
乙女ゲ転生、前世と今世が絡み合うお話にオメガバース要素まで加えてますので設定が多くもりもりです。
後書きに先生も書かれてましたけど、転生理由は謎。受けの趣味の「小説を書く」が重要ポイントなのかな?と思ったりしましたが関係なかったです。ほんとに趣味だっただけ。
転生理由が謎な割に、前世で10年前に死んだキャラは今世で10歳年上で。他の転生者はみんな受けと同年齢…つまりは同時期に死んでる?と思うのですが、誰も死因は覚えてなくてわからない、というなんともすっきりしないところが読後の脳内を占めてしまい、お話の余韻にひたれなかったです…。
ちみっこは可愛いですし、決して面白くないわけではないのですが設定もりすぎてそれぞれが生きてないというか…うーん。
色々とすっきりしないお話でした。

飯テロでした

電子版を拝読しました。おもしろかったです!唐揚げの存在感が強かった!
憑依型の大人気俳優×弁当屋バイトの恋愛だけでなく、同級生の再会ものでもありました。
受けはお料理スキルが高いのですが、そこに至るまでの経緯がありそうでない感じです。母親の唐揚げが大好きだけど、母がダイエットのため脱揚げ物してしまった、なら自分で作ろう!と自作弁当をこしらえる男子高生…いい子すぎませんか。かわいいですね。
そこに、受けのお弁当をわけてーわけてーと寄ってくる攻め。手作りのおかずとショートブレッドを交換してくれなどとけしからんことを言ってくるのですよ。交換してあげるのです、受け。食べさせてあげるのです、受け。口をパカッと開けて頬張るのです、攻め。
かわいすぎませんか。かわいいですね。(2回目)

そんなふたりはちょっとしたことで高校卒業前に会わなくなったのですが、数年後に再会。
俳優攻め様の、猛攻撃猛プッシュ、受けにしか見せない甘えっぷりに負けて、受けは攻めの希望を叶えるため色々と頑張らざるを得ないことに。

愛ですね(とてもいい笑顔)

物語終盤、受けのセリフに「ですよね~!」と膝を叩いてしまいました。
同級生の再会愛と主人公の成長物語、楽しませていただきました!

受けである主人公、高校時代は弁当男子でいまは弁当屋バイトなのでお料理描写が多いです。美味しそうです。わたしも真からあげ弁当食べたいです美味しそうすぎました!
夜中に読むのはちょっと危険かも!