ロペ丸さんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性ロペ丸さん

レビュー数3

ポイント数20

今年度89位

通算--位

  • 神3
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 特典
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

面白かった〜〜

渡海先生の電子限定エッチめな小説、ということでかなり楽しみにしてましたが、本作は期待以上に面白かったです!

あまりこういう逆行とか転生ものは数多く読んでないんですが、やはり好みの先生が描かれると面白く読めてしまいますね。他の転生ものも読みたくなってきます。

主人公が自分の容姿に自信がない理由も納得ができて良かったですし、そこから生じるすれ違いも面白かったです。
主人公が聖人君子ではなく、自分の欲求にかなり正直でだけど根はいいやつっていうある意味等身大な描写がよかったです。

ページ数も180ページほどで、個人的にはサクッと読めるページ数でよかったです。
ただ、学園ものらしく色んな行事の描写だったりがあったらもっと神なのにな〜と思ったり…
またこの様な機会がある様でしたら、もっとページ数ください!笑
この辺り、難しいですねぇ。サクッと読めるのもありがたいけど、もっと読みたいという気持ちもあり…あと挿絵があったらかやり嬉しい…

エロ多めではありますが、ストーリーも十分面白い作品でした!ぜひ、気になる方がいらっしゃいましたら読んでみてください!

ショートショートが最高すぎる

あらすじを見て嫌厭されている方がいたら勿体無い!
攻めは別にセクハラ親父な訳ではなく、あのセリフと行為はとある誤解から生じたものでして…
本編を読んでもらえばわかると思いますが、おそらくあらすじを読んだ時とは違う印象を受けると思います。
攻めと受けの両方の視点から話が進み、心理描写が丁寧に描かれています。もどかしい展開もあり、だからこそ2人の関係が成就した瞬間、心から良かった〜と感動できました。

で、本編はもちろん最高なのですが、本編後に載っているショートショートが最高すぎます。
全部素敵なのですが、とあるショートがたった2行しかないのに、ものすごい破壊力でして…
本編読んで、それまでのショートショートを読んだ上で、是非この2行を堪能して欲しい。
たった2行で情景が頭に浮かんで、かつ激しく萌えられるってすごくないですか?
とにかくこのショートショートを読んで欲しいです(もちろん本編も最高に面白いです)

歳の差地雷でなければ、ぜひ読んでみてください!!

ちょうど良い執着

宮緒先生お得意の執着攻め。
他の作品だと、攻めの執着が行きすぎて、おいおいそれはちょっとやり過ぎなのでは…と受けが心配になるほどなんですが(それが宮緒作品の魅力でもあり好きな部分でもある)
今作はちょうど良い執着なので、安心して読めました。(監禁とかもしてないし、ちゃんと合意の上で行為に及んでいるし…)
受けがしっかり自立しようとしてるのが個人的に好みでした。
あと攻めが超ハイスペックで最高です。いや〜攻めはこれぐらい色々してて(できて)欲しいですね。
そこまで貴族とかが出てくるような話ではないのに、何だかゴージャスで景気のいいお話で読んでて楽しかったです。

執着攻めがお好きなら是非。おすすめです。

すごい作品だ…

こりゃとんでもない作品だ……
ちるちるさんの記事のコメント欄でおすすめされてるのを見てなんとなく購入。
500ページ強あるので、これは分けて読んでくか〜と思っていたらページを捲る手が止まらずあっという間に読み終わってしまいました。
いやぁ、すごい作品です。
人を選ぶ描写や設定も多々あるし、読んでて痛ぁとなる描写があるのですが、そこら辺オッケーだよ〜耐性あるよ〜って人はぜひ読んでほしい。

まずとにかく受けの理日斗くんが不憫で不憫で。
自分なんて…と謙遜(?)して攻めからの好意を中々受け入れられない受けって多いと思うのですが、私はそういう受けを見るたびに、うるせぇ!黙って愛されてな!と思うタイプだったのですが、今作理日斗くんの場合は、まぁ…仕方ないよなとなる境遇と言いますか…とにかく不憫(というか可哀想)です。
あと理日斗くんの父と伯父さんの関係がね、歪みに歪んでるんですが私は萌えてしまいました…この2人だけの話も読みたい。
最近見ない2人のラストにかなりグッときました。

あと途中まで、ん〜理日斗くんは誰とくっつくんだ〜?もしや一秋?(いや絶対ない)…もしや誰とも〜?とその点もハラハラして読んでました。
最後は収まるとこに収まってニッコニコです。
というか最後まで読んだら、コイツしかいないわなって感じです。が、途中までマジで誰と!?となりました。この点も読んでて楽しかったです。

あと出てくるキャラみんな個性強くて、そこも面白いです。亮達、真尋には途中までイライラしっぱなしだったんですが、彼ら視点の文章を読んでたら愛着が湧いてきました(それにしたって真尋がしたことは絶対に許されないことだけど)(あと個人的に亮達の'りひ'呼び、かなりザワザワしました)
みんな身勝手に理日斗にあれこれ自分の気持ちや役割を押し付けて、だけどこういうこと現実の人間関係にもあるよな〜と作者さんの描写に思わず唸ってしまいました。

作者さんが新作書かれたらなにがあっても買いたいと思います。
今作、現時点(24/3/17)でKindle Unlimitedに入ってるので、アンリミ会員の人はぜひ。そうでない方もぜひぜひ!!
いや〜すごい小説読んじゃいました。

めちゃくちゃ良かったです!!

表紙の空気感そのままのおしゃれな文章で、一気に読んでしまいました。
200ページ前後なので読みやすいと思います。

攻めの朱鷺と受けの瑠璃の会話がコミカルで面白いです。瑠璃は美人で飄々としていてコーヒーを淹れるのが上手でかつ世間知らずな元愛人という設定てんこ盛りで堪らないです笑

大きなイベントや出来事はないけれど、瑠璃の掴みどころのなさに、2人はくっつくのか?とページを捲る手が止まりませんでした(どうなるかはぜひ読んでみてください)
現代bl好きとしては、街並みの描写などが細かくて没入感があり大満足です。

オススメです!ぜひ読んでみてください!

確かにヨシノ不足だけど…

他の方のレビューにある通り、もう少しヨシノが出てきてくれたらもっと満足感高かったかな〜とは思います。

ただ個人的に、付き合った後の続編で2人がイチャイチャしてるだけだと物足りないな〜と思う派なので、2人に不穏な空気が流れる今作はかなり私好みでした。
(ラブラブを求めた方には確かに物足りないかも)

2人の関係が深まり、ヨシノの独占欲な部分とか可愛い顔見れて私的には買ってよかったな〜となる一冊でした。
次作があるなら、ロウが嫉妬する展開希望です!笑

義母上って響きがすでに最高

タイトル聞いた時からずっと読むのを楽しみにしてた作品です。いや〜面白かったです。

本のタイトル通り義理の息子×義母(男)のお話なんですが、もうこの関係性が堪らんです。背徳感と言いますか…もっと本編でも義母上(ははうえ)って呼んでくれてもよかったな〜って思うぐらいには、この関係性が私的に大ヒットでした。流行らないかな…義母BL…
べつに不倫とかそういう感じではないので、そこら辺が苦手な人も大丈夫かと。

あと子供を作れる体になる魔術をかけられているからか、受けがすごく感じやすくなっていてその描写も良かったです。エッチシーンは最後の方に一回だけだったんですが満足感ありますし、逆にエッチそんなに要らんのよな〜って人からしたら本作読みやすいんじゃないかなぁと思いました。

受けのエナが凄く好きなキャラでした。ウジウジせず、攻めを好きになってからはその気持ちを真っ直ぐ受け止める強さもあって。

挿絵も大変素晴らしかったです。続編もあるみたいで、こちらも楽しみ。義母BL流行れ〜〜!!!

ネタバレ読まずに読んでほしい!

とにかく全部全部最高でした!!!
本当に、これはもう極力情報入れずに読んでほしい!!

めちゃくちゃ面白かった!!

お初の作家さんでした。
声出して笑っちゃった。
ギャグが全部ツボすぎるし、キャラもみんな愛おしくて読み終わるのがもったいない〜ってなりながらもページを捲る手が止まりませんでした!
あとワラビーが可愛すぎます。まじで癒されました。ほんと、キャラが良すぎます。
もうこの2人のことずっと見てられます。続編ないかな〜

あとギャグテイストなんだけど、えっちシーンが妙にえっちでドキドキしてしまいました…
ギャグシーンとのギャップなのかな?

最初から最後まで楽しめました!
ぜひ!おすすめです!

面白すぎる!続編希望!

なぜか紙で買ったはずなのに、部屋のどこにもなくて泣く泣く電子で買い直したのですが、それだけの価値がある1冊でした!素晴らしいお仕事BL!

まず海野先生の現代物って、本当念入りに取材されてるんだな〜って感じで描写が細かくてとにかく面白いです。BL小説だけど、BL抜きにしてもお仕事ものとして面白いんですよ。受けの重治が優秀で、序盤から難ありな職場をぐんぐん変えていく場面は読んでいて本当に気持ちがいいです。

もちろんBL部分も素晴らしくって。自己肯定感の低い重治が攻めの久瀬と出会い変わっていく。そしてわがままの言えなかった重治が勇気を振り絞って久瀬に告白するシーンは胸が熱くなりました。

海野先生の書かれる文章ファンな私は何を読んでも神評価にしてしまいがちなんですが、今作はもう間違いなくぶっちぎりで神評価です!
現代物、お仕事BLが好きな方は読んで損はないかと!

もっと2人の恋愛面だったりお仕事の続きが読みたいので、続編期待したいですね…

挿絵も本文の雰囲気にぴったりで素敵です。
超おすすめです!