その男、侵入禁止!

sonootoko shinnyuu kinshi

その男、侵入禁止!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神25
  • 萌×218
  • 萌16
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
11
得点
247
評価数
62
平均
4 / 5
神率
40.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
角川書店
レーベル
角川ルビー文庫
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784044520090

あらすじ

工事現場で働く佐伯の恋人・緒方は暴力団相手のやり手刑事。優しい緒方と甘い生活を送っていたはずが、すれ違いから浮気を疑われてしまう。嫉妬で豹変した緒方に捉えられた哀れな子羊を待っていたのは――!?
出版社より

表題作その男、侵入禁止!

緒形瑞希,他人を信用しない警視庁組織対策四課の警視
佐伯敬介,予備校で建築を学ぶ土木作業員

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数11

ちょっと蛇足感が……

一巻のようなハラハラするようなスリリングさはなく、二巻は恋人同士になった二人のすれ違いが描かれていて焦れ焦れしました。

敬介の元バリタチゆえの戸惑いがすごくいいです。
ほんの数ヶ月前には男に抱かれるようになるとは思ってもいなかった敬介。
それまで知らなかったネコの快感を覚えていく自分の身体に戸惑いつつも、緒方に抱かれたいと思うようになってしまうとか、女みたいに喘ぎたくないと思っているのに、弄られて自分も聞いたことがないような声が出てしまうとか、萌えます。

背も高くて肉体労働をしているからガッチリとした男の身体で、顔も強面(だけどイケメン)な事を自覚している敬介は、緒方から「かわいい」と言われる事にとても抵抗があって素直に受け止められなかった。
だけどこんな自分ですら緒方が「かわいい」と言ってくれるうちは、隣にいることを許されているような気がするからと、自分から「かわいい」と言って欲しいと思うように変化するところがいいです。
そういうところがかわいい。

だけど、恋人同士になった彼らのすれ違いに関してはイマイチしっくりこず、共感ができませんでした。
敬介は、緒方の仕事がただのお遊びなんかではなく、命懸けの潜入捜査をする事があるというのを当事者としてよーーーーーく知ってると思うんです。
「今夜は仕事」と言われていたのに、女連れの緒方を見て不安に揺れる気持ちもわからなくはないけど、仕事の一貫として女といるんだな位は、思えないのかなぁと。
そして、緒方も詳細は明かせないのはわかるけど「今度の仕事は女絡みだけど、絶対に心配するな。」位は、明かしておいても支障はないと思うんですよね。
不必要なすれ違いを盛大にしてるなぁ……というのを思ってしまうのは、神の視点を持つ読者だからかしら。

一巻がとても面白かっただけに、こちらの二巻は残念ながら、正直蛇足ぎみだと思ってしまいました。

3

剛速球!

電子書籍で読了。挿絵もあとがきもありました。

昨日、前作の『その男、取扱注意!』を読み終わり、そのあまりの面白さに矢も楯もたまらず、間髪を入れずにポチってしまいました。自分の堪え性のなさに呆れておりますが、面白かったのでとても満足。
大変レビューが多いので、感想のみ書かせていただきます。

続編は得てしてボルテージが落ちる場合があるのですが、このお話がそうならないのは前作と同じ土俵で勝負していないからではないかと思いました。前作が『推理サスペンス』の色合いが濃いのに対して、今作は『仕事が忙しくてすれ違う、お互いを好きで好きでたまらない恋人同士』のお話(おまけにその仕事の内容を相手に話すことが出来ないという、なかなか難しいケース)。これは結構、似た様な感情を持ったことがあるので非常に共感しやすかったです。そういう意味では「あー、恋愛もの読んだなー」という感じの満足感でした。

敬介が「私と仕事のどっちが大切なのよっ!(あ、すみません。敬介はこんな喋り方をしないのに女言葉で書いちゃった)」って怒鳴り散らせる様な人だったら、こんなに共感出来なかっただろうなと思います。
好きな相手だから、仕事の邪魔はしたくない(多分これ、自分も邪魔されたくないからなんじゃないかと思うのですが)。でも、相手のことを全部知りたい。隠し事をされると傷つくし、騙されたんじゃないかと思うと猛烈に腹が立つ。だけど、その嵐の様な感情が落ち着くと、やっぱり好きだと思う。そんな敬介の心の揺れ動きに完全に同調して「わかる!分かるよ、ホントにそうだよねー」と、心を揺り動かされた続けた約2時間。
成宮さん、上手いです。完全に物語世界に持って行かれていました。

もうひとつ、このお話で私が打ち抜かれてしまった部分があるのです。
敬介が緒方を好きになった理由について聞かれるシーンがあるのですが、その答えですよ。
これが素晴らしい!
全ての恋がこうであって欲しいと思っちゃった位、素晴らしい!
引用しませんので、是非ご覧になっていただければと。

前作が緩急を付けた技巧派のお話であったとすると、こちらは直球ど真ん中ストレートのお話です。
とんでもない剛速球に胸がすきました。

追記
「いつか『元ヤクザの八百屋店主の話が書きたい』とこっそり思っています」とあとがきにあるのですが、これ、高橋の話ですよね?!
読みたいなぁ……読みたいなぁ……

2

好きだ、このカップル

続編。すっごい年下なのに敬語攻めな緒形に萌えます。そして、成宮さんの作品の特徴かも知れないけど、受けが人生に前向きで恋におぼれるバカじゃないのがいい。

恋人になってあまあまかと思いきや、仕事ですれ違う二人。続編って、ストーリーを作るために無理矢理当て馬登場とか事件に巻き込まれとか、好かれてないかもとうじうじしたりと、無駄だなあという話も多々見受けられるなか、こちらは本当に面白かった。

土方をしながら建築を勉強しようと大学受験に向けてがんばる受け、敬介。仕事で緒形とはなかなか逢瀬を持てず、寂しく思いながらも前向きに努力する日々。
そんな中、親友で今はヤクザの高橋が、当て馬かつ事件のキーパーソンとして絡んでくる。高橋は警視である緒形との取引のため、敬介に近づいたのだが、緒形の気を引くため、敬介にキスをしかけるー

筋だけ書くとありがちに思えてしまいますが、読ませてくれました。健気とかツンデレっていうよりは、実は男前受けだと思います。敬介。

2

丁寧な言葉攻め最高

もう、、、(^▽^;)あくまで丁寧極まりない言葉使い、彼に対してだけだけど。
どれだけ大切に思っているか、どれだけ愛しているかの現れなだけに
たまらないです。丁寧な言葉でも、いや、だからこそ痺れるって感じ?
いやいや、、成宮先生の作品はどれも大好きで、もう名前で買ってますけどね。
これは上位に食い込む。
桜城先生のイラストもやはり神( `ー´)ノイメージ通りで イケる!!

2

続編‼ 嫉妬の嵐…でもやっぱり甘くてアツアツなカップル♡

『その男、取扱注意!』の続編‼
前作も面白かったんですけど、今回も面白かったです‼
やや先生の表紙、佐伯の眼差しに、口絵の2人、モノクロの挿絵と…すべて素敵過ぎて、誘惑させまくり状態でした♡

前作の事件から三ヶ月。
恋人同士になった、警視の緒方と土木工事社員の佐伯。
でも、仕事で忙しい緒方とはすれ違いの日々。
ある日、親友である、ヤクザの高橋に誘われ飲みに行った店で偶然緒方とあってしまい。
ある現場を見られていた事から、緒方に、高橋とは二度と会うなと要求されます。
高橋は友人だからと…拒否した佐伯は、緒方に手酷く抱かれてしまいます。
それでも高橋から、緒方が危険だと含みある話を聞かされ…
と前作に引き続き、巻き込まれていってしまう、人の良すぎる佐伯なのです…

緒方一筋の佐伯!
以前のように遊びの関係ではなく、緒方が相手だから、好きだから抱かれる…抱かれたい。
仕事で会えなくても、緒方のメールを保護して何度も見返しちゃう…乙女っぷり(笑)
しかも、始まりから逢瀬の次の?朝という、ラブラブ2人の幸せっぷりを堪能させられるわけなのですが…
あれあれ〜といった感じで⁉
いつの間にやら、曲者キャラ達の登場に引っ掻き回され…すれ違い、誤解して、嫉妬の嵐!
特に、前作も出てきた、友人の高橋が絡んでくるんです…この人って、本当は佐伯のことを…と緒方が疑うのが分かる位
な、曲者過ぎる人物でした(笑)
段々、お互いが、お互いを翻弄し、2人が「らしくない」行動や思考に陥っていってしまいます。
2人の中が危機状態になってしまい…ハラハラ&ドキドキ、中頃はせつない気持ちにさえさせられました。

前作で、緒方のことは狼、佐伯は羊にたとえたコンセプトを立てられていましたけど、まさしく、今回のお話はその傾向が顕著に表れていて、狼様は暴走気味でした(笑)

緒方は、一見地味で丁寧語で話し、穏やかそうなんですけど、実は警視庁組織犯罪対策第4課に勤める警視。
潜入操作を指揮する立場でもあり、部下からは「鬼」と怖がられるほど冷酷な男。
前作で明らかですけど、キレてしまうと相手を殺すことも平気な危険に人物で、腹黒で肉食タイプ。
そんな緒方ですけど、恋人の佐伯にだけは甘やかし放題で、可愛がり過ぎて鬼畜が入ってしまう程の惚れ込みよう(笑)
しかし、今回は高橋の登場で嫉妬心のあまりキレキレ状態…佐伯は身も心もボロボロ状態に…。
鬼畜眼鏡な敬語攻、しかも年上で仕事ができる大人のいい男、そこに、好きな人だけには甘くメロメロって言われたら、このタイプのキャラが、好きな人には胸キュンものです。
しかもお仕事は警視ときた!
そこにやや先生のイラストが加わるわけですから、ハマりまくり萌まくりでした♡

ガテン系で、喧嘩も強い佐伯は、緒方のことに関しては…もう乙女です。
もっと会いたい…連絡したい…連絡して欲しい。
逢瀬の翌朝、ひとりベッドに取り残されるのは嫌。
捜査だとしても、女性と親しくするのは嫌。
そんな気持ちに、戸惑いグルグル悩み…鬱陶しいと思われるのが怖くて気持ちを口には出せない。
こんな風に思わない位には、大人な対等な自分でいたいと思う健気っぷり。
甘えたいけど、甘え下手な佐伯は、前作以上に乙女度がUPしています。
でも、なよなよな感じではなく、本当に男気たっぷりな、人を思いやる優さを持っているから嫌さなんてないんです。
好きな人限定だから萌なんです(笑)
特に、佐伯の冷蔵庫エピソードは大好きです♡

おかたい刑事と男前なガテン同士…しかも男と男!
そう簡単には甘えられないし、本音がなかなか伝えられない、焦れったい2人でした。

緒方の「かわいい」連呼は健在です。
今回は緒方も「かわいい」といいたくなるエピがあり
なんか色々あったけど、最後は相変わらず、ツッコミをいれたくなるような、ラブラブバカップルっぷりでした(笑)
気になるのが、緒方がストーカー男に耳打ちした言葉⁉
逃げ出すくらいだから、凄く冷酷な事を言ったんでしょうね…ケンカをふった相手が悪すぎです(笑)
でも妄想するだけで、充分にやけれてしまう自分は…違った意味でやられてるかも(笑)

曲者キャラの高橋に、所轄の魔女、そして2人の最後の流れを読むと、まだまだ続編が出てもおかしくない感じなんですけどね…もう少し、2人のお話が読みたいなあと思う今日この頃です。

本当にオールマイティな感情に浸らさしてくれるバランスのとれたシリーズなので、ぜひオススメしたいです。

3

好きなシリーズだ!

前作「その男、取扱注意!」がかなりツボだったので、
続編であるこちらも購入しました~☆
くっついた2人の続編というと、
惰性に感じてしまい楽しめない作品もあるのですが、
この作品は、最後までウキウキしてしまいました。
きっと、登場人物のキャラクタ-が生きていたからだと思います。

やはりツボなのは、攻、緒方です。
公安出身というのもあってか、素を見せず、
「温和な顔を浮かべて、切る」
ということができる性格というイメージなのですが、
その緒方が、嫉妬に狂う姿ってのは、たまらないです。
やはり、ギャップがあるキャラクターは面白い。

このシリーズ、続編出てほしいなぁぁ。

2

前作を読まないながら……

前作を読まずによみましたが、すんなりと当事者たちが置かれている状況など理解することができました。
高橋に嫉妬する緒方の一言一言がドキリとさせられました。
ただ、前作であったのかもしれないですが緒方の役職の警視について、受けの佐伯がどれほどの役職なのか緒方に聞いてみると言っていたのですが、結局その場面がなく残念でした。
調べてみたら、結構偉い人だったんですね~
最初から最後まですんなり読むことができました。

1

エロ倍増!

よっ、待ってました!と言いたくなるその男シリーズ続編。
マル暴刑事攻×ガテン系受がたまりませんですぞ!

付き合い始めて三ヶ月の緒形〔攻〕と佐伯〔受〕
今回は事件というよりは、恋愛面に重点が置かれてます。
緒形が女性と一緒に居る所を見てしまい、もやもやする佐伯や、佐伯が友人の高橋と会って不本意ながらのキスしている所を目撃して嫉妬して強引に抱く緒形。
前回よりエロシーンはかなり多めです、特に文章内に出てくる「ガマン汁」という描写が無性にエロかったです。
ずっとタチだった佐伯がついにドライ体験もしちゃいますし。
あと前作から引き続き緒形は佐伯にかわいいって言うんですが、最後に佐伯が緒形にかわいいって言い返すシーンが可愛かった!
しかし高橋……あんたホントに変装は下手だよ、うん。
高橋が佐伯とのキスの後に言ってた一言が気になりますなー、目覚めた?なんか目覚めちゃった?高橋ーー!!

蛇足ですが冒頭で佐伯が緒方と一緒に食べる為に作っていた朝食、ベーグルにプロシュート、アジアーゴ、トマト、レタスを挟んだサンドイッチ。
このアジアーゴというのが何ぞやこれは?と謎だったので調べてみたらチーズの一種でした。
そして先日、アジアーゴチーズが手に入ったので作ってみたら(゚д゚)ウマー
ちなみに佐伯はサイフォンでコーヒーを淹れるんですがこれにももっそい魅かれます(でも流石にサイフォンは買わない)

4

ガテン系乙女に萌え★

ガテン系なのに乙女な受と、嫉妬に狂いSの本領発揮するかわいい攻の
刑事さんの話、第2弾。
前作読んでなくても大丈夫だと思います。

体格いい受の話は久しぶりに読みましたが、萌えました~!
お互い丁寧語なとこもツボだったし。

エッチ描写は今まで読んだ中で№1のエロさでした。
BLでモロにペ○スって文字見たのも初めてだし...
でも、こう何回も連発されると恥ずかしさもなくなるから恐ろしい...

ガテン系乙女の佐伯の女々しい行動が数年前の自分にちょびっと
重なってなんとも複雑な気持ちになりつつ、わかるわかる~って
気持ちの方が大きくて、ちょっと感情移入してしまいました。
それが、ナヨナヨした受なら読むの放棄してたかもしれませんが、
ガタイのいいキツイ顔の受君だったから、逆に萌える萌える!
しかも、こんなガテン系をかわいいと連発する緒方と、
いちいち反応して赤くなる佐伯はかわいいんです。

高橋との問題のキスシーン面白かったなぁ~
もうちょっとエロスに発展してくれたら良かったのに~!
押し倒して、舌を絡ませたにもかかわらず、ただのチカラ比べとは...
高橋の顔は佐伯の好みで、しかもキスした後の目元を潤ませて
いる姿は色気もあるらしい。
佐伯×高橋もアリですなぁ~★
と思いつつ、そのキスシーンを目撃した緒方が嫉妬に狂い
無理矢理佐伯を襲う余裕のないかわいさに萌え。

最後は全てがうまくいきハッピーエンドですが、事件やらなんやら
テンポよくイベントがあって、最後まで面白く読めました。

0

知的メガネ攻めの鬼畜な嫉妬暴走、最高ですw

『その男、取扱注意』の続編です。
前作に引き続き、面白かったです。
知的メガネ攻めが嫉妬のあまり鬼畜に暴走しちゃうお話。
もうちょい突き抜けてイッちゃってる嫉妬暴走があっても良かったんじゃないかなとも思いましたが、普段は冷静でクールな攻めの焼きもちに、ニヤニヤさせられました。

この作品の何が一番好きだったかというと、「付き合いはじめたカップルが、遠慮しあうもどかしい感じ」がつぶさに出てたことでした。
そうそうそう!って、自分も記憶にある甘いような痒いような感覚に、ウンウン頷いてしまいました。
こういうビミョーな感覚を、「説明」ではなくて「エピソードの積み重ね」によって描いてくれる成宮ゆりさんが大好きです。
その遠慮を出発点にして、二人はすれ違ってしまうんですが、なんとももどかしくて良かったです。

このシリーズは脇キャラも魅力的なので、もうちょい読みたいですねー。
どうやら目覚めそうになってる高橋のホモ化を希望いたしますw

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ