迷える羊と嘘つき狼

mayoeru hitsuji to usotsuki ookami

迷える羊と嘘つき狼
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×215
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
150
評価数
36
平均
4.2 / 5
神率
44.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
KADOKAWA
レーベル
角川ルビー文庫
発売日
価格
¥580(税抜)  ¥626(税込)
ISBN
9784041011560

あらすじ

15年前に恋に落ちた近所のお兄さん・高梨を想い続けるあまり、すっかりストーカー行為が板についてしまった菱守。ある日ひょんなことから高梨と急接近、思わず盗撮カメラを仕掛けようとしたけれどもバレてしまい!

表題作迷える羊と嘘つき狼

高梨理央27・叔父の会社の金属加工技術者
菱守世宗・日本最大大手の総合商社の御曹司

その他の収録作品

  • 律儀な羊と腹黒狼
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

可愛いストーカー

全体的にコミカルで明るい作品です。

表題作は、世宗(受け)が出会ってから15年間一途にストーカーしていた男性と恋人になる話ですが、世宗が可愛いです!お風呂を借りることになり鼻血を出しそうになる乙女ぶりや、すぐにフラれると自信がなく会社の同僚に告げる率直さやらが愛おしいです。同僚との会話が楽しい!

同時収録の「律儀な羊と腹黒狼」は理央(攻め)視点で、世宗にどう惹かれたという過去&どうメロメロなのかという現在・後日談が入っていてお得な気持ちになりました。

二人とも仕事ができるカッコイイ社会人ですし、理央の妹はハッキリした女性で面白い。世宗の従兄弟と祖父、前原社長との関係もすべてきれいに解決していてスッキリしました。これほど、あれはどうなったの?という疑問がない作品も珍しい…と理屈屋の自分には高ポイントでした!

ヤマダサクラコ先生のイラストも素敵で、半裸で怒る理央の迫力と、エプロンつけた理央にすがる世宗は特にお気に入りです。

1

恋と言うよりもはや宗教

電子書籍で読了。挿絵もあとがきもありました。

ストーキングしていることを気づかせない為に細心の注意を払うストーカーって、果してストーカーなのでしょうか?だって、気づかれたくないのは相手に不快感を与えないためなんですよ。世宗はストーカーというよりは、理央教の信者、それも殉教者の様に見えます。気づかれなくてもいい、ただ一心に愛を注ぐ。その姿は『一途』を超えて滑稽になってしまっています。で、滑稽すぎるから不憫だと思い、不憫すぎて愛おしくなっちゃった。……なんだ?この回路。

大財閥の御曹司、菱守世宗には執念の様に想いを捧げる人がいます。子どもの頃、従兄弟に虐められていた時に助けてくれた近所のお兄さん、高梨理央がその人。現在は仕事の取引相手となっているのですが、理央と話すと緊張してしまって、必要以上にぶっきらぼうになってしまうほど、世宗はその想いを知られることを恐れています。なぜなら、自分の想いがかなり気持ち悪いものであることを自覚しているからです。世宗は中学生の頃からこっそり彼の部活の試合を応援し、アルバイト先に通い、探偵に近辺を探らせ、親を説き伏せて入った公立高校ではその妹から彼が使い古して捨てた日用品を高額で買い取って来ました。社会人となり親の会社で働く様になってからは、彼が住むマンションの上下階にそれぞれ部屋を借り、片方は彼の生活音を聞くための、そしてもう片方は今まで盗撮した写真や、妹から入手したコレクション部屋としています。また仕事でも、彼のためなら片道4時間もかけてサンプル素材を取りに行き、彼との商談の時間を捻出するため残業をし、文句を言わせないために結果を出し続けてきました。その努力が報われたのか、理央からの接待を受ける事になった世宗は、軽井沢でのゴルフを希望します。綿密な計画の下に雨に濡れた理央を自分の別荘に招待し盗撮する計画だったのです。しかし、世宗はそんな下世話な欲望に負けて理央を汚してはいけないとすんでの所で思いとどまります。ところが、ひとつだけ回収し忘れた、それも風呂場の隠しカメラを理央が発見してしまいます……

世宗の『ストーカーのきまり』が可笑しいくもいじらしいのです。
理央のものを妹から入手するのも『捨てたもの』つまり、もういらなくなったものしか買い取らないとか、理央のことを絶対に『オカズ』にしないとか。
……どこの乙女だよっ(笑)。

嫌われたら生きる意味がなくなる、とまで言っている世宗にとって、理央の存在はやはり宗教に近い。端から見ればパーフェクトな世宗でも、教祖様という月と比べれば自分はスッポンという認識。だからこそ、理央の気持ちが自分に向くと、あっという間に逃げ腰になってしまうのです。

いや、笑いましたよ。
でも、笑いながらも「恋をこういうものとしていた頃があったなぁ(遠い目)」とも思いました。
相手が凄くて、自分はそれに対して情けなくて、自信なんて針の先ほども持てないから「ただ見ているだけで良い」と思っていた頃。
世宗のやっていることは大げさに書かれているけれども、その本質はあの頃の私と全く同じです。
まだ世俗にまみれていなかった頃の、純粋な、だからこそ馬鹿馬鹿しい恋の熱狂を思い出させてくれました。
ああ、おばちゃんは汚れちまったな……

3

笑ってもいいの?

怖い話かと思いながら読んでたらどうも違うみたいで、アレ、笑うとこ?これコミカルなの?と戸惑った。
財力にもの言わせて調査会社まで使ってたり、支援者までいるストーカーってもう最強ですな。
しかも相手の妹から本人の使用済みの物を高値で買い取ってトランクルームに大量に蒐集してたり、上下の部屋を借りて物音を聞いてたり…やっぱりそうとう怖い話じゃないかこれ(笑)
そんなことをすべて知ってしまって驚いたり呆れたりしつつも、許してしまうあたり、どっちもどっちですね。

0

う、うわぁ……

世宗(受け)は、15年も想い続けてるって一途だし
彼しか見えないってすごいな!とは素直に思うのですが
理央(攻め)の部屋の真下に住む為、
前の住人にお金を渡して追い出した、とか
天井に耳を付けて生活音聞くとか
“受けがストーカー”というあらすじを知りながら読んでるのに
度々おとずれる「…うわー……」なのです;

理央の妹と契約(?)して、
メモリアルなものから、二年物の使用したタオルやら
いつも色々買い取るのですが、妹がえげつない!w
そのタオル「5万でどーよ?」とか
理央が飲んだ後の紙コップを1万で、とか無理!!
物語なんだから、そんなの気にしなくていいんだろうけど
なんか…嫌な気持ちになっちゃいまして…。

後半でも、世宗が従兄弟に脅されて、とりあえず500万と要求され
振り込んだ事を理央の妹が知り
「ヒッシーは私の金蔓だもん!私だけのお財布だもん!
私のお金を盗む奴なんて生きる価値ないもん」にドン引き………。
君も大概だよ…?

まぁ、江戸時代に創業したという、日本最大手の総合商社に勤めてたら
苦も無く払えるんでしょうけれども。
いずれは自分が継ぐ身だと幼い頃から言われていたようだし。
それゆえ、他に弾けられることもなかったから
祖父から買ってもらった大事なラジコンへリを従兄弟に壊されて
泣いているとき助けてくれたのが理央で
初恋がそのままエスカレートしたというのもわかる気はします。

でも、理央と訪れた別荘に隠しカメラを取り付けるって
やっぱり犯罪は良くないでしょ!!
それに対して嫌いにならない理央ってなんなんだ!?
『律儀な羊と腹黒狼』では理央視点でもっと明らかになりますけども
「ああ、そうなんだー」とあまりなれませんでした…。
優しい男で、一途な世宗に情が湧いたり
励まされた過去が決め手なんでしょうけどね…。


こんなにあれこれ言ってしまって申し訳ないのですが
面白いところもありました!!

理央が好きすぎて、一言一句正確に覚えられる世宗は
「元々直観像素質には恵まれていたが、
彼のお陰で聴覚も強化された」ってw

あと、小さい頃から世宗の運転手である柳野という男が
理央にどんなメールをすればいいのかアドバイスした時
「メールはテニスと同じです。ラリーを続けたいならば
返球しやすいボールを心掛けましょう。
また、相手が返球しないうちに何球も打ち込むのは、ルール違反です」と
的確すぎてふきましたww
柳野さん、優しいし良い味出してくれていました!

理央と世宗はもう付き合っているのに
理央が飲んだビールの空き瓶を「捨てるのですか?」と、
それをとっておきたい気持ちがいまだに抜けなくて
しょうがないなぁ、と思わず苦笑いw
「何か集めたくなったら、諦めて貰う代わりにどこにでもキスするから言って。
単純に、キスがして欲しいときも、そう言って」…っか────!!
かっこいい!!w
サクラコさんのイラストでなおさら男前でしたよ!!

というわけで、中立とさせていただきます…すみません;

3

ストーカーだけど憎めない

受けで総合商社の御曹司である世宗は初めて攻めの理央に出会ってから
15年もストーカーをしている強者で、そんな受けが主役であり一人称で描かれる
作品なのですが、かなり面白かったです。

財力に見合ったストーカーぶりなのですが、それが実に健気な感じで犯罪行為だけど
読んでいると全然憎めないのですよ。
大人になってからのストーカー状態は相手に気づかれないように、相手の守銭奴気味の
実の妹で高校時代の同級生に理央が使用済みのアイテムを言い値で買い求めたり、
かなりの収集家になっている。

理央には絶対気がつかれて嫌われてはいけないと、かなり緻密に考えているようで
どこか抜けているのも御曹司ならではかと言う流れもあって微笑ましい。
理央の住むアパートの上下をお金のチカラで手に入れて住んでいますが、
同じアパートに住んでいることすら気がつかせない徹底ぶり。

そして、理央と少しでも接点を持っていたいからと、かなりハイスペックな能力が
ありながらも実家の総合商社に普通の社員としてコネ入社しているのです。
理央相手にはとことん甘くて理央が絡むと冷静でいられない世宗ですが、
それ以外にはかなりクールで、ある意味理系の合理的な考えの持ち主。
理央以外にはなんと思われても全然構わないといった態度がかなり男前でしょう。

盗撮がバレて理央に嫌われる~と言う展開があるのですが、何故か嫌われることなく、
逆に身体の関係を持って、いきなり恋人同士になるのですが、
他の事では自信に満ちた言動をする世宗が理央のことになるとどこまでも気弱で
健気で、理央がいなければ生きていけないくらい強い気持ちを持っているのです。

ストーカーされている、かなり好かれているということは実は理央はかなり早い段階で
気がついていたのですが、始めは確かに気味が悪いと思ったこともあるのですが、
気がつけば世宗を気にしていたり、大人になって再会した時に、世宗の態度が
一商社マンと取引先の人間としてしか、感じられない態度だったことから
実はもう、好きでなくなったのかと密かに理央は落胆していたりします。

それに理央は、かなり怖い男でもあったりします、自分の懐に一旦入れた相手には
かなり甘いですが、その相手に害をなすものにはかなり容赦ないタイプ。
世宗のことも全部とは言わないまでもかなりストーカーされていたことも知っていて
そしらぬふりをして、どうやって世宗を手に入れるか密かに策を練っている。

例え相手が筋金入りのストーカーでも、相愛になったら全然そんな些細なことは
気にしなくなるのねと言う内容で面白かったです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ