quaoriさんのマイページ

レビューした作品

女性quaoriさん

レビュー数0

ポイント数6

今年度362位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

キラキラが詰まっています!

皆さま仰っているように、私もインタビューで
攻めの白滝くんの立ち姿を見た瞬間に購入を決めたクチです。
その佇まいが、凛々しい眉に目尻が下がっている甘い目元が、
広い肩に締まった腰が!!
もおおお、どんぴしゃ過ぎて悶えました…/////

一番言いたいことはもう言ってしまった感があるのですが(笑)
白滝くん以外も萌えどころ満載で、
お話のテイストと相まって宝物級のいい買い物となりました。
欲求のまま?私が萌えたところを語りたいと思います。

まず、受けの榎木くん。
私たちの(ではない)白滝くんのお相手に相応しく、
真っ直ぐな気持ちと芯の強さを併せ持つとても素敵な男の子です。
ぐるぐる眼鏡に小柄(体格差!)で
コミュ障のオタクとのことなのですが、
メガネを取ると♡…的な際の、
白滝くんのハッとした顔とシチュエーション…!!
ああソレね〜!と、少女漫画の黎明期から連綿と続いている
いわゆるお約束のキュン。壁ドンとか。
そんなキュンにまみれながらお話が綴られていきます。

<榎木くんが悪漢?に絡まれているところに颯爽と現れる白滝くん。
 助けられ、夕焼けの中ベンチでアイスを食べながら語るふたり。
 お互いのことが少しわかった瞬間。はじめて見た白滝くんの笑顔。
 ああ、君の瞳は少し色素が薄いみたい……>
…みたいな感じで!

ある意味、伝統のお作法に則ったストーリーテリングなのですが、
慎重に描かれた細い線でほのぼのと丁寧に綴られていくそれらが
キラキラした世界観にばっちりハマっています。
もう私には遥か遠いアオハルの夢物語ですね。

過去の辛い出来事のため、
自分の周りに壁をつくっている白滝くんの再生がお話の軸なのですが、
土鍋(どなべではない、つちなべ)高校電子技術部の、
青葱部長や湯豆腐先輩。白滝くんの家族(姉は和牛ミミ子さん笑)が
そもそも名前からしておかしく、ほのぼのといい人達で、
シリアスになり過ぎないところもいいし。

ああ、でも白滝くんが自分を野球へと追い込んでいくシーン、
彼のモノローグが切ない〜〜…
榎木くんの優しさが他人を遠ざけようとする白滝くんの心を徐々に解し、
友情を育みつつ、お互いへ惹かれていき、恋心に戸惑う様もよかったです。

あとあと!
書き下ろしのはじめてのエッチも最高Death(←悶え過ぎて)
白滝くんのセックスは壮絶って。笑
榎木くんはセックス=壮絶だと勘違いしているのですが、
でも『それを(勘違いだと)知る方法はない』そうです。
なぜなら白滝くんが最初で最後の相手だから。
キラキラの青春ストーリーにぴったりのエンドマーク。
リアルの世界じゃ難しいことだけど、
白滝くんと榎木くんならきっとそうなるだろうと信じられます。
榎木くん、体力つけて頑張れ!!!!!

ふぅ。さんざん書き散らかしてごめんなさい。
でも更にあと一つ、思うところが。
本編最後のあとがきページ、作者さまの「よもやま話」に
『白滝くんを漫画内できちんと救えなかった時、
 一番バタバタするのは自分なんだろうなと思ってました』とあり
ご自身の作品やキャラに対する真摯さや愛情に、
なんだかじーーーんと感動してしまいました。
登場人物を、自分の萌えを生み出す装置としてではなく、
我が子のように心配し愛情を注ぐ…
この作品から感じられる温かさは、作者さまのそういう思いが
根底にあるからなんだな、と思いました。

次の作品が楽しみな作家さまが増えて嬉しい!

エッチの質、量とも優良。

最近、読んだBLはストーリー重視系のものが続いていたので、
衝動的にエロいものが読みたくなりR18の電子版を購入しました。
便利な世の中。笑

表題作は自らを唯一無二と豪語する俺様カリスマDJミリ(攻)と
彼の音楽性に憧れる新進DJサト(受)、
女性ファンにもモテモテコンビの、えっと…イチャラブ?

…いえ、正しくは強姦陵辱から始まるのですが(酷い)、
攻めが心で叫んでいるのです。受けが『くっそかわいいんだよぉぉっ』と。
以降、コイツだけ周りと違う、こんなことは初めてだ、と続きます。
↑心の中ですが。
はぁ…。お前がアホかわいいよ…。
早く素直になりなさいよ、まったくもう。
ヤラれてばかりの受けのサトの方も
翻弄されつつ、神とも崇めていた才能溢れるミリを憎みきれず、
逆にミリの周囲にチラつく女性にモヤっている始末。

基本ヤッてばっかりですが、エロ目なのでちょうどよく、
同業であるがゆえの葛藤(という程でもないかも?)も
描かれていて、お話し面でも満足しました。
書き下ろしでは両思いエッチで幸せそうな2人が見られてよかった!
表題作だけだったら萌×2です。

さて、お次は私的問題作の高校生の3Pモノ。
こちらには残念ながら全然ハマれませんでした…。

稜と幸史(攻め)2人の間に小学校から育んだ友情がありきで
高校で出会った真大(受け)を
それぞれが好きになってしまったという構図。
攻め同士は恋心に揺さぶられる友情、
みたいなものがきちんと描かれているので、
双方に共感ポイントがあるのですが、うーん、受けがなぁ〜…

顔も髪型も仕草も、
いったら言動含めて全ての要素が女の子っぽくてダメでした。
っていうか、個人的にかなり苦手なタイプで。
常に萌え袖で、肩を上にキュッとあげて
胸の前で物を持つのが基本ポジション。
天然キャラとして描かれていますが、私にはそれが可愛くは感じられず、
逆にあざとさや浅はかさに見えてしまって攻めたちに全く共感できず…

全年齢版のレビューを拝見すると、
真大かわいい!とおっしゃっている方も多かったので
完全に個人的な嗜好の問題なんだと思います。
ちょっとクセはありますが、
確かに綺麗で可愛らしい絵なのは間違いなく、
引っかからずに読める方は
たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

最近、自分を戒めるために
よく心の中でこのように唱えています。
『自分の萌えは、他人の萎え』
逆もまた然り。

内容によっては3Pも地雷ではないし、
ヤッてばかりのお話も時には楽しみますが、
私には受けキャラの女っぽさがダメだった…。
わざわざBL読んでるんだから、私は受けも男であって欲しいなぁ。
こちらの評価は中立。表題作との間をとって萌とさせていただきました。

R18版※でもガッツリ修正されていて残念な作品もありますが、
こちらの作品は極細の短冊で、ほぼ見えていますので、
そういうストレスはありませんでした。笑
また、エロエロしいと男性向けのような表現になることがままありますが、
こちらの作品はエッチが綺麗です!その点ちゃんとBLでした!!

※電子では紙媒体に比べて修正がヒドイ案件につきまして。
 最近、全年齢版の電子書籍が出た後、忘れた頃ではありますが、
 同じ作品で修正を緩めたR18版が配信されるの、大賛成です。
 可能であれば最初からR18版も一緒に出して欲しいくらい。
 あの作品も、この作品も、R18版、お待ちしております!

注:リア充・ノンケ感、かなり強めな攻めです。

作者さま買いです。
仕事で疲れ果て先方からの返事待ちのタイミングで
何かビタミン的なものを摂取したいと、それは私の場合BL本なので、
電子専門・新刊として発売されたこちらを購入。
ちょっと高い気がきましたが、大好きな夕映さんのお話、
これは紙では売ってないんだなという思いが後押し。
読みたい時にすぐ買えていいですよね、電子。

さて内容ですが。うーーーん…?
と思わないこともなかったけど
…結局、すごく萌えました♡
買って大成功。同日に3回も読んでしまって
その後の仕事の時間が圧迫されたほどです。
本末転倒。笑

まず、受けの但野さんがかわいいです。
クローゼットゲイで、さわやか好青年としての毎日を送りながら
SNSで道化を装いつつ本音を吐き出す、そんな自分を嘲っています。
そんなことないってリプしたい!
健気すぎて、もう〜かわいそかわいい〜〜。泣

そして問題の?攻め、津久井。
周りにいたら絶対モテてるイケメンリーマンなのですが。
でも言動にちょいちょい引っかかりを感じるんだよな…。
但野さんが津久井と「噛み合わないなぁ」と
悲しむシーンがあるのですが、激しく同意でした。

しかしながら。
但野さんを激怒させた当初の仕事のやり方についても、
説教された後はきっちりと反省して謝罪。
&間違えに気づかせてくれた但野さんに懐き。

ちょっとした出来事から、
からかい半分で見ていたSNS上の「ただのゲイ」が
但野さんということが判ってしまった後、繰り返される暴言、
これはかなり許せない感が強いのですが…
まぁでも、きっとノンケはそう思うよなっていうのがひとつ。
あと読み返してみると、そんな風に津久井が過剰反応したのは、
その時、既に心の奥底では但野さんに
恋心に近いものを感じていたからこその反応、
というか本来ノンケである彼の、
自分の心に対する反発心だったのかな、と、
個人的には読み解きました。

だって〜〜!津久井が終盤にみせる、
但野さんへのなりふり構わない口説きや独占欲に、
もうもう! 萌えてしまって。必死かつメロメロ!!
ノンケのくせに但野さんのかわいさに気づくなんて同志感あるし、
自分がもうトシだからかな、
もぉー、こいつ本っ当バカだけどしょうがないなぁ
と、何ともかわいく思えてしまいました。/////

私としてはこのメロメロタームが食い足りないです。
もう少しお財布に優しい価格設定※を希望しつつ
その後の二人がとっても読みたい!
※電子はもっと気軽に買いたいです。
 だって印刷面の費用がかからないし、
 流通費用とか在庫管理とかも必要なし。
 紙本に比べて作家さんへのロイヤリティが高いって
 いうわけでもなさそうだし?

お話の長さや内容からいって
気軽な気持ちで楽しむタイプのお話かと思います。
ちょうどこういうの読みたかった!という気持ちにフィットしました。
苦手な方も多そうな気がするので、逆に敢えての萌えレビュー。
ある意味浅はかな攻めをかわいいと思える、
大人な姐さまや、心に余裕のある時におすすめします。

ただの溺愛ものではない。

個人的に人外ウィーク(特に竜)につき読み返しました。
溺愛攻めが大好物なので
再読率が高い本なのですが、今回は久しぶり。
また攻めの溺れるような受けへの愛に浸り、
誰かと萌えを共有したくなって、こちらを訪れたところ…

え え え ーーーーー !!!!!

なんと2巻の発売予定が…!
竜の妻恋 (2) (仮)って…… !!
うれしいよ!

で、勢いがつき、
発売当初に萌えすぎてしそびれていたレビューを。
当時、続編を読みたいと思われた同士と、
この喜びを分かち合いたく思っております。

発売当初、表紙が激しく好みだったにもかかわらず、
痛くて高名な作家さまとのことだったので避けていたのですが、
ちるちるさんのインタビューにより、
溺愛攻めだということが保証され(?)安心して購入。
大好きなやつでした!
イラストの二駒レイムさんと、
ちるちるさんには心の底から感謝です。

ということで、私が萌えてしかたがない、
攻めのリュシーの溺愛ぶりを語りたいと思います。
以下、あからさまにネタバレしております。

みなさま。まず表紙をご覧ください!
スパダリ感溢れるバタ臭いイケメンが
ビシッとしたスーツ姿で受けを愛でておりますね。
このイラストがお話の内容を
語り尽くしていると言っても過言ではありません!
(ちなみに、中面イラストでの攻めは、
 ほぼ下ろし髪&裸でカジュアル?なのが
 ギャップ萌えなのです !!)

膝抱っこでナオにご飯を食べさせるのは
リュシーの通常運転。
城館内(!)のちょっとした移動も抱っこだし、
プライベートジェット( !! )の
乗り降りも真顔で危ないとかって当然抱っこ、
フランス語のレッスンは、間違えるとお仕置きがキス、
レッスンを施した自分へのご褒美はナオへのフェ◯。
あ、甘いよ〜〜〜…… !!

いやいや、話を戻して。
リュシーから濃厚に愛される受けのナオですが、
最初、話し方にあるクセも、どもり過ぎなのも気になって、
お話に入り込めるか心配でした。が、杞憂。
それまでの彼の来し方があまりに悲惨で、
そんな風に自分に自信がないのも仕方がないかもと納得できたし、
超不器用ながらもリュシーに誠実に向き合おうと頑張る姿勢が
描写されるにつれ好感に変わりました。

そんな自己評価の低いナオが、
愛される理由が分からないと弱々しく戸惑いを表明、
対するリュシーは優しくありつつも、
かなりの強引さでこってりと絡めとっていきます。
この際、リュシーはナオの葛藤を
かなり正確に読み取っているのですが、
まったく!全然!その愛に迷いがない !!
ナオの戸惑いは完全無視。笑
ここもかなりの萌えポイントでした。
BL人外界で竜といったら、狼と並び立ち溺愛で有名ですが、
迷いなく力技で強引に愛し抜くところが大好物なのです。(報告)

さて、ノーリーズンでナオを溺愛するリュシー。
その愛がやや行き過ぎであることの切ない理由。
この理由と竜の運命観が後半の山場へとつながっていきます。

マジ泣きしました…
前半の溺愛ぶりを楽しむタームから、
打って変わって、種類の違う愛がすれ違うことによるもどかしさ。
リュシーも切なければ、ナオも切ない。

そして最終的に、無条件の竜の愛も軽く見えるほどに至る、
ナオからリュシーへの爆発するような想いの吐露は
圧巻のカタルシスでした。

その流れからの獣姦。(急にスミマセン)
被弾すると即死する姐さまも
多くいらっしゃるかと思いますが、
種族の違いはあっても、
愛し方を最大限に重ね合わせた二人の至った行為に、
私は胸熱でした…!
感動にエロさを上塗りされて、もー、よかった〜〜〜

と、ここで残り数ページを残すのみ…
森の朽ちた教会で愛を誓い合い、
獣姦もしたし(しつこい)
溺愛ぶりは全編を通してふんだんだったし、
心残りはないはずなのに。
でも、この後がもっと読みたいな、
ナオの不安はどう昇華されたのかな…と想像しながら
本を閉じました、発売当時。

で、レビューの最初の叫びにつながります。
話が長くて本当にすみません。笑

あー。
2巻、新キャラのスピンオフとかじゃなければいいけど…
このふたりが!読みたいんだよなー
でも、どっちかがどっちかの愛を疑うとか、
揺るがせられるとかはヤだな〜
何があっても気持ちはブレないふたりが読みたい!
それでまた、幸せな気持ちを味あわせて欲しいです!
何卒!作者さま、編集さま !!

個人的見解です!

まずは先にレビューを上げてくださった姐さま方にお礼を申し上げます。
この作品と出会わせてくださって本当にありがとうございました !!

✳️
こちらの作品、書影が発表された当初、
小中さんと麻々原さんという大好きな作者さま達のタッグだというのに、
なぜか食指が動かずチェックするに到りませんでした。

そして発売後。何か読むものないかなーとちるちるの巡回中に
作品のレビューが上がっているのに気付き、
どれどれと薄目で(ネタバレされぬよう)目を通したところ…
「攻めザマァ」というワードがちらほら。しかも容赦ないとな…?!

攻めザマァは大好物のシュチュエーションなので俄然興味を持ち、
電子書籍サイトへGO。口絵の克己さんを見た瞬間に購入を決定した次第です。

そしてそして!
お話もすごくよかった〜〜〜〜〜。本っ当に!よかった!!!!!

(私同様、未読かつ薄目でレビューをご覧のそこのあなた!
 読まずに回れ右をした方がいいかもしれません。
 こちらのお話は起承転結を全く知らずに読んだ方が萌えられること必至。
 私はうっすら分かってから読んだので、ある程度、展開が読めてしまい
 自業自得ながらそこだけが残念でした。念のためお知らせまで…)

さて。
最初は、与えすぎる受けの昭良と、
ただただ享受する攻めの克己という構図で、
お互いにどうなの!と突っ込みたい関係性だったのが、
ある出来事をきっかけに終わり、変わり、また始まるという流れが
もう、すごい萌えの宝庫でした!

しつこくて申し訳ないのですが、まずは攻めザマァについて。

私はなかなかに性格が悪く、
悪いことした攻めには物凄いザマァ展開が待っていて欲しいのですが、
今までその欲求が満たされたことはほぼありません。
いつもいつも、ああ受けさんよ、なぜそんなに簡単に許してしまうのか…
というモヤモヤを抱え、二人の幸せのために仕方なくそれを飲み込みます。

ところがこちらの作品。
それはそれはすごいザマァ展開 with 切なさが繰り広げられ、
溜飲がもう下がりまくり!

今更ですが、克己さんは私基準でいうと、
それほどというか全然悪い人ではなく、本当に困った人ではあるのですが、
こういう職業の人は彼のような傾向が強いのが事実ということを
個人的に理解できてしまい、
天誅を下されるのは可哀想という気がしなくもないのですが…

ザマァ中の克己さんから昭良への我を忘れてのとりすがり具合に、
もう悶えてしまい仕方がありませんでした。克己さん、ごめんなさい。

そこまでみっともないことになる攻めでも、
もちろんBL的にはかっこよくあらねばならず
(あからさまな溺愛系に変貌+麻々原さんの挿絵が補完)、
そこまでして追い縋られる昭良は、
かつての自分達に足りなかったことを反省できる良い子で、
そのあたりのストレスも全くなく、とってもいい読後感でした。

どなたかが既に書いておられますが、
物語の最後、二人の関係性を皮膚に擬えて現状が語られるくだり、
本当にそうだよな、と。
少し切なさが残っていて、でも乗り越えて二人でいる。
リアルだな、と。いいお話だったな、と思います。

最後の最後にしますのでもう一度、
攻めザマァについて語らせていただきますと、
上記で、攻めに天誅が下される展開に
満足を感じたことが「ほぼ」ないと書きましたが
その時にふと頭をよぎったのが、
同じ作者さまの「夜啼鶯は愛を紡ぐ」でした。
あれもいい攻めザマァだった。
って考えると小中さん、なかなかの…。
そういえば、S社長〜も結構な感じだし、
今後、攻めザマァを読みたいときは小中さん、とすることにします!(報告)

このレビュー、最初から最後まで攻めザマァにまみれており、
お好きでない方には大変お見苦しかったことと思います。
申し訳ありませんでした…!
しかしながら、攻めを簡単に許すBL界の性格のいい受け達に、
己の所業にも関わらずそれほど苦境に陥れられない攻め達に、
モヤモヤさせられ通しだったフラストレーションが
私にこれを書かせたのです。何卒ご容赦を !!

この作品は攻めザマァという一言で語れるほど浅いお話ではなく、
ただそこにフューチャーしたというだけの
個人的見解に満ちたレビューということで悪しからず…
m(._.)m

✳️
後日追記:
ちなみに小中さんのファンになったきっかけの作品は、
皇子と偽りの花嫁です。年下狼も大好きだし、
これらは全く攻めザマァではありません。
ほのぼの日常系、古今東西のファンタジーからオメガバースまで、
幅広い作風をお持ちの作家さんということですね。
私の書き方のせいで小中さんが攻めザマァ作家?だと思われたら
大変だと思いましたので、アピールさせていただきます!

表紙がいい仕事をしてます!

沙野先生祭り開催中です。
仕事が忙しすぎて致し方なく積んでいた黒帝を
今朝、ようやく読み終えて猛烈に感動、
沙野ワールドにもっと浸るため、
電子の方で新刊として出ていたこちらを読みました。

ところで!電子化遅くないですか?!
ジャンル的にも表紙の絵的にも家族の目的にも
紙の本では集め続けるには難しいBL本、
電子化をどんどん進めていただきたいところです。
出版社さーーん、聞こえてますかーーー?

話を戻します。
作家名だけで中身の確認もせずに購入したこちら。
年下ワンコ攻めでしたが、最の高。
最初は傍若無人なのにどんどん健気になってきゅんきゅんしました。
チャラいイケメンが甲斐甲斐しいとか…。ああ、かわいい…

沙野作品はハズレなしで今回もよかったという結論なのですが、
今回、声を大にして叫びたいのは笠井先生のお仕事です。

特に表紙!
登場人物の関係性を端的に表しているのですが、
読後しばらくじっくりうっとり眺めてみて、
あれ?ちょっと違和感?

顔の見えない男性とその膝に身を投げ出す男性、
そして彼に後ろから抱きつく男性。
違和感を感じたのは顔が見えない男性の服装なのですが、
中の描写とイメージが違うなぁと。

…いやいや!
私たちの偉大な笠井先生がそんな愚を犯すはずはありませんでした!
私が勘違いをしていただけで表紙には4人の男性がいたのです。
そして感動…。私にとって小説の挿絵はお話自体の魅力と直結しており、
文章上の描写と挿絵に乖離があると(体勢とか服装とか小物とか)
それだけで萎えてしまうという残念な性癖があるので、
フィットしてると満足感もひとしお。(個人的)

さらに!
こちらの作品では珍しく笠井先生の「あとがき」として
二人のアフターストーリー的ないちゃいちゃシーンが!
眼福過ぎるので、皆さまも是非お楽しみください。

萌え2と迷ったのですが、
上記のイラストと最後のほのぼのSSで超ほっこりしたので、神で。
沙野先生といえばダークさや切なさ、エロさで定評がある先生ですが、
ほっこりは珍しいのではないでしょうか?

ちなみにいまだ沙野エッセンスが足らないので
アカサギあたりを拝読しようと思います。
黒帝の前は囲い人だったから、
現代路線にシフトチェンジです。(個人的)

隣の彼 コミック

木下けい子 

木下先生は好きなのですが…

電子でキャンペーンをやっていて、
木下さん好きだし、サンプルみたら攻めさんかっこいいしで
読んでみたのですが…

高評価のレビューが多いなか水を差してしまい
大変申し訳ないのですが、私には合いませんでした。

松田くんはとてもかわいいです。純粋で一途で健気。
八乙女さんも単体だったら魅力的なキャラだと思います。
彼の状況のあらゆることが切なく、何ともほうっておけない。

…とは思いますが、この二人のカップリングとなると、
お互いの気持ちに差がありすぎて、すっごくもやもやしてしまいました。

だって、八乙女さんはきっと松田くんでなくてもいいよね…?
2度もアパートに押しかけてきたセフレと、
松田くんの自分に対する想いを承知しているのにも関わらず、
2度ともキスってそりゃないでしょ…

死んだ後輩を心に残したままの八乙女さんには、
松田くんの一途な想いがもったいない…!
まるで都合のいい男みたい。そんなにいい子なんだから、
ちゃんと好きという気持ちを返してもらえる人と幸せになってほしい!!
と思ってしまいました。

八乙女さんが松田くんの愛によって後輩への想いを昇華させ、
きちんと彼を好きになるまでが描かれていたら、
もしくは、これが切なさを前面に押し出した、
シリアスなお話だったら受け取り方も違っていたかもしれません。

気持ちはさておき(にみえる!)体の関係はできつつ、
でも、ちびっこも出てきてのほのぼのテイスト。

うーん。納得いかない。
すみません、きっと個人的な好みの問題なのですが。

今まで萌えなかった作品のレビューはしなかったのですが、
購入を迷っている作品ではマイナス評価のレビューが
とってもありがたいことに気づき、レビューさせていただいた次第です。

ちなみに、木下さんでは由利先生と浪漫のお国が大好きです。

三拍子揃っております!

3巻通しての感想です。

世界観良し。
(どっしりと骨太なファンタジーです)
展開良し。
(物語として面白くて息つく暇がなく、
 この3日間、仕事とこの本で3時間しか寝れていません。
 仕事終わってないし寝不足なのに読むのをやめられなかった)
キャラ良し。
(デイメンはわかりやすくかっこいいのですが、
 よもやローレントにこんなに萌える日が来るとは…!健気だ〜〜〜)

国をまたいで登場人物は多いし、地名も人命もカタカナだし、
読み始めて物語に入り込むまでは、
とっつきにくいと感じられるかも知れませんが、
超えてしまえば、あとは気持ちよく
その世界に身をゆだねるだけ、という感じにきっとなれるので
ぜひぜひ乗り越えてみて(?)ください!感動しますよ!
そしてBL小説を!そしてM/M翻訳ものを盛り立てていきましょう!!
世界にはまだまだ萌えが転がっているようです!

とはいうものの。
こちらの本のBL的な胸キュンや萌えという点については…
分量的にはかなり少なめと言わざるを得ない、かも知れませんw
が、私は2巻の中盤から終盤にかけてメーターが振り切れる級でした!
それをおかずに3巻かなり進むまでの切なさと○○○○○の塩対応を耐え抜き、
じれじれした後はまた!
終盤にかけて怒涛の萌え&カタルシスが待っています!!

敢えてひとつ難を言えば、物語が壮大すぎて
余分なページがなくなってしまったからか(違う)余韻が足りないことくらい。
確かに、この後もお話が続いたら蛇足に感じられるかな、とは思うので、
致し方ないのかも。でも、どうしても甘々なふたりを読みたい…!!

そのような向きに。先の姐様も書かれておられますが、
どうやら Captive Prince Short Stories〜 と銘打った
番外編SSがいくつか出ているようです。
他の登場人物が主人公となっているものも多く、
全てがデイメンとローレントのお話ではないようですが、
ちょっとは二人が出てきたするのかな、とか思うと読みたい。
あの二人が生きている世界のことを知りたい。
特にThe Summer Palaceって…レビューが多いし評価も高い。
本編に入れるべきだったって何人も書いてるし。
普通に考えたら本編最後のデイメンの怪我療養中のあまあま話か、
あれ?これってローレントの塩対応に参ってるデイメンが
ローレントをイオス(デイメンの国の都)を連れていくことを
夢見ていた時の情景を実現させたやつじゃ…というのは完全に私の妄想ですが。
うーん、たどたどしく英語で読むかな、
でも冬斗さんの訳で読みたいな…

皆さま、日本語で読んでみたいですね!
モノクローム・ロマンス文庫さーーーん、聞こえてますか?

評価は3冊通じて全てに神で。
1巻→壮大な物語とじれじれを楽しむ
2巻→散々おあずけ食らわされた後での萌え爆発
3巻→カタルシス

ライトなガチ兄弟ものです

イラストのミドリノエバさん目当て。
秀さんは初めての作家さんなので悩んだのですが、
口絵の攻め※がカッコよすぎて買わずにはいられませんでした…。
私は小説を読む時、登場人物は挿絵イラストのまま
脳内で動き回るため、イラストの重要度が非常に高いのです。
※弟(←重要)で雄み溢れる強引ワンコ

モデル業界を舞台としたガチ兄弟ものです。
設定の割には葛藤も背徳感もそれ程ディープなものは感じられず、
その割にとても楽しめたのは!

イメージ通りの美しい兄弟のイラスト

攻め弟の執着愛(後に受け兄も追いつきます)

さらっとした展開で最後のあまあまパートにたどり着けること、かな。

当初、兄は弟を嫌悪しているのですが、
それをぶつけられる弟の方は鷹揚に受けとめ
兄に対する愛情を隠していないので、読んでいて全く辛くありません。
また、随所にエピソードが挟みこまれる両親も、
人の親としての酷さを文字上でなぞられているだけという感じで、
感情を揺さぶられるような存在感は感じられませんでした(個人差があるかもです)。
そんな中、本来だったら警察沙汰級のいくつかの「事件」も
さらさらーっと流れていってるな、という印象でした。

タイミングによってはそういうところが
気になってしまってモヤモヤしたかも…でも今回は逆によかった。
小難しいこと考えずに攻めの言動にときめくことができて…//////
受けも非常に美しい大人の男で、多少流されやすかろうが、
この兄弟で絡んでいただけるのでしたら、ありがとうございます!

ということで。
イケメン同士のアレコレやいちゃつきを楽しめてよかったです。
ただし、兄弟ものの禁忌感やお話に深みを求める方(時)には
物足りなく感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

お話は萌え×1、イラストが神、間をとって萌え×2で!

電子購入:イラスト有/あまあまの特典SS付き

牙狼丸がかっこいいです。

ここしばらく私的人外祭り開催中で再読。

やっぱりよかったぁ…!
と、この萠えを同志と分かち合いたいと、
いつもお世話になっているこちらをチェックしたところ、
まだレビューがあがっていないので
拙い感想ではありますがひとつ。

まずは表紙が素敵ではないですか?
長身で広い肩幅に締まった腰、黒髪短髪…
私はガタイのいいワイルド系の攻めに目がないのですが、
攻めの牙狼丸は鬼なので当然ワイルド、すっごくタイプです。
しかも無用な殺生はしない主義で、好感度増し増し。
鬼ながら普段は木の実や獣を狩って食べているという設定です。
人間は精気を補給するための存在で食用ではありません。
肉は生よりも蒸したものがお好みで、
鬼的なベクトルでいうと草食系?(肉好きだけど)
いやいや。終盤に牙狼丸の○○が分かるのですが、
ああ、この性質もなるほど、です。

受けの和氣は儚い健気美人なので、牙狼丸が惹かれていくのも解るよー!
村人からの呼び名からして辛い感じなのですが、
その役を受け入れていて(受け入れざるを得ない設定で)
その諦念が彼を一種神々しく見せています。

ストーリーはあらすじの通り、エロ展開のしかも短編なので、
大筋では意外なこともなくいわゆるセオリー通りに進むのですが、
文章がお上手な作家さんなので、その掌で転がされながら、
お話しを噛み締めることができました。

私の最大のおすすめ萌えポイントは、
和氣が牙狼丸の折れた角を口で愛撫するところ。
エロいことこの上ないんだけど、
相手を想う気持ちが溢れていて、切なさの方を際立たせます。

あ。あと、双子の兄の正体が最後に泣かせてくれますよ…

和氣が複数の相手をする場面があるので(胸糞…!)
地雷の方も多いかも知れませんが、
鬼と、鬼狩り一族の村に住む薄幸な青年の、せつない恋物語を堪能しました。
二人には幸せになって欲しい。
後日談でないかなぁ…

追記:萌×2と迷ったのですが
(作者さんの別作品の方がより好きなので、相対的にそれよりは下かな?と)
でも短編で読後の満足度高い小説って、あまりない気がするのです。
好きなCPのあまあま後日談SSなんかで満足感に浸るのは、
その前提として本編で既に萌えているからですよね?
こちらは起承転結が萌えと共にコンパクトに詰め込まれていて、いいなって。

私はどちらかというとコミックスより小説派なので、
あー、ちょっと萌えたい!小説読みたい!でも時間ない…みたいな時、
こちらのような作品は必要です。
という事情を鑑みて作者さまのテクに神を捧げます。
あと、後日談読みたいし!(2回目)